Dr.城戸のブログ(オイラブログ)

ニース日記12(douze) コクトーが愛した港町

DSC03150.jpgニースから各駅停車に乗って、わずか10分。
 たった2駅しか離れていない 
「フランシュ・シュル・メール」

でもね、この無人駅に降り立つと、
ニースの喧騒とは打って変わったのどかな、
港町に心洗われるんだよ。
ここは、ジャン・コクトーが最も愛した場所DSC03163.jpgとして知られている。

洞窟のような薄暗いオブスキュール通りとか、もう、コクトーの幻想世界がDSC03151.jpgそこら中にひろhがっちゃっているんだから・・・
 
 のどかな漁村の面影が、オイラを貫いたよ。
 DSC03155.JPG
こういう港町って本当に大好き!    

こういう雰囲気に憧れて大学時代ヨット部の門を叩いたんだもの。

 DSC03158.JPGここには美しさが常在している。  

生き方の基準って、正しいか正しくないかじゃあなDSC03147.jpgい。
美しいか否かなんだ。 

 ここにいると、美しさが伝染してきちゃうから、
もうサイコー!!♪( ´▽`)

この場所に立っていると、心から、
「今日は、無限の可能性を秘めた1ページ目の1行目」DSC03140.JPGだって感じるぜー!

時の流れも、スローモションで感じることができたんだ。

時は悲しみと口論のDSC03143.JPG傷を癒す。
人はみな変わる。過去の自分はもはや現在の自分ではないんだ。

悩むものも、悩ますものも、時が経てば、別人になる・・・・・

DSC03146.JPG
実際この港町には、美しさと同時に、「抱擁力」に満ちていたよ。
 避けることができないものは、抱擁してしまわなければならないんだものDSC03152.jpg
  
これを、多くの人は取り違えている。

だって持たなくてもいい重い荷物を誰にも、
頼まれもしないのに、一生懸命ぶら下げちゃってるんだもの・・・・ DSC03244.JPG

あー目も当てらんない。
    それに、どうして、多くの人は、他人の報告を信じるばっかりでさ、
自分の目で観察したり見たりしないんだろう????

 

DSC03142.JPG今、衆院選挙に向けての報道が、
やたらに多くて、オイラ的にはウンザリだよ。
  ひとりとして、尊敬できる政治家がいないんだもの・・・・・
 言葉も軽いよなぁ。   
 DSC03168.JPG

マーガレット・サッチャーのことがオイラ、結構好きだった。 

彼女の印象的な言葉が、


「多数に、追随するな!   
自分自身で決断せよ。 
そして人々を納得させ、リードしていけ」


DSC02380.JPGこのフランシュ・シュル・メールからは、この言葉をも、
覆う「力強さ」も入ってきたよ。



ニース日記は次回、13号が最終回だよーーん。 
今まだおつきあいアリガトネ∧( 'Θ' )∧

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

塚原 珍道中  (二)

DSC04089.jpg今回、泊まったところが、なんたってピカイチだったんだ。
 デビ&リエ邸から歩いて5分のところに今年8月にできたばかりの「センス オブ ワンダー」というロッジね。  

オーナー夫婦はもともと自然食のレストランをやっていてその横の土地DSC03965.jpgに施設を作ったんだって。 

デビ&リエさん
たちとも友人で、今回の企画が実現したってわけ。   
インディアンのテント(ティピ)まであって、もう雰囲気抜群!  

ハンモックではかなDSC03969.jpgりの時間を オイラタイムにさせてもらったよ。 

 めちゃくちゃリラックス&リフレッシュねー♪( ´▽`)
  次の日、朝早く散歩なんかしちゃったけれど、これ
DSC03984.jpgキモチ良すぎだろー!!   
自然エネルギーそのものの太陽光がオイラを乾かす。
 
塚原は標高が高いところに位置するので、夜と朝方は気温がかなり低いんDSC04120.JPGだ。それなので薪の暖炉がある。
 暖炉の火ってあったかい、あらゆる意味であったかいね。
DSC03982.jpg 
由布岳を中心に塚原はもうほとんど宇宙空間入りしちゃっているんだ。  

同じ日本と思えないんだよな。
DSC03990.jpgここにはニースとは、
また違うナチュラル・エナジー。  
 
塚原の人口は200人くらいなのでみんな顔見知り。  
デビDSC04123.JPGちゃんなんて村長さんなんじゃあないかと思うくらい地元に溶け込んでいて、
もう笑っちゃうレベルなんだよね。
  
DSC04102.jpgここはどこだー!?
って感じだもん。  

自然体で生きるということは、
瞬間に感じたことを素直に行動に移すこと・・・・・・・・・・
DSC04095.JPG

「何かこういうことをやりたいな」とか、
「これをしなくてはいけない」とか思うことがあって、「いつかやろう」とか、
「そのうちに・・」なんていうのは、ありがちなことだよね。
DSC040932.jpg
いわゆる、行動の先延ばし。

だけどね、これは「感じたことを、素直に行動に移す」という自然体の生き方とは、正反対なんだね。
DSC04100.JPG
だいたい、先延ばし・・は結局何もせずに終えわるもの。

いつも「そのうち」と考える傾向が強い人は、時間というものを軽く考えているよ。

誰だって、人生の持ち時間は限られているんだ、

そのことへの想像力が、あまりにも足りない・・・・・
DSC04104.JPG
  
バッティングセンターのように、自分に向かってきているボールが、乱れ飛んで来るわけじゃあないんだ。

自分に飛んんで来るチャンスボールはその時その時点で、DSC04105.JPG一球限り、

「それを打たなければ2度と打つチャンスはない」   「今度は、ない」   今を生きろとかそんな哲学的なことじゃあなくて、
単純に、「今度は、ない」ということね。
  そんなことを、再認識させられた塚原の朝の光だった。




藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

塚原 珍道中  (一)

DSC03806.jpg おふくろの三回忌ということで、
前回同様、デイビッド&リエさま宅のある九州・大分・塚原へ向かった。

今回は、福岡からヤスタカくんとあやちゃん夫婦が、
そして神奈川からオイラと親父が参加で計6人なんだ。
 
DSC03808.jpgスーパーマイペースの親父を連れて行くのって、かなり大変なんだよねー。  
ちょっと目を離すと「立ち食いそば屋」に入っちゃうしね。  
 

DSC03904.JPGそれに何かとちょっかい出して来るんだ。
 例えば、いきなり背後からオイラのネックレスを引っ張るのさ、当然苦しいよね、
「何してるんだー!」というと、

「いやいや、男のくせに何ぶら下げているのかちお思って・・」だと・・・DSC03892.JPG  

行きのANAでは親父の体のことを考えてプレミアムシートにしたんだよ。 
そうしたらさ、
DSC03818.jpg
スリッパ・靴べら・靴磨きセットみたいなのが、サービスで配られているのね。 

 もう、親父ときたら、オイラの隣で離陸中も一生懸命DSC03906.jpgに靴を磨いていたのでした。
チーン・・・
  
大分空港につくと、程なくしてデビちゃんが、
迎えにきてくれた。  
例によってスエットね(^ ^)
 
DSC03897.JPGそのまま車で塚原のデビちゃん邸へ・・・  
 あいかわらずの空気の良さだねー。 

  デビちゃんは大学で法哲学を教えてDSC03941.JPGいるんだけれど、
どう見ても本業はの農業にしか思えないんだよな。   

絶対に趣味の範囲を20段階ほど超えているもんな。
DSC03850.JPG 
鶏も70羽以上飼っているし、
来年までに牛10頭とか言っているしなぁ。
  
畑も見せてもらって、いろいろ説明してくれるんだけれど、
DSC03845.JPGんな同じに見えてなんの葉っぱだか、全くわからずでやんしたー。
  
それにしてもここの土地に宿るエネルギーは本気で波動砲レベルだ。
生物の細胞ひとつひとつに寄り添ってくれる
。 
 DSC03822.JPG
自分というものを、ある程度しっかり持っている人でも、
自分に対して肯定的になったり否定的になったりすることって当然あるわDSC03858.JPGけよ。
 
でもこれをある角度から捉えると、そう思えるという事象に過ぎないんだ。
だから、
そのどちらにも振れることなく、その真ん中にいる感覚を持つDSC03923.JPGことが大事でしょう。
「シーソーの真ん中にたつ感覚」 
 
つまり極端に自分の感情を振ることは、
『自然』の摂理ーに反するっていうことなんだ。
 DSC03861.JPG
自然体::::
自己肯定感にせよ
自己否定感にせよ、人であれば、絶えず二つのものを抱えるのは当たり前だもの。
   
どちらにも偏らず、その二つの間の絶妙なバランスの上に居られるかどうか・・・
塚原の風はそんな感度に満ちていたんだ。

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

ニース日記 11(onze)  マティスへ

DSC02489.jpgシャガール美術館からちょいと、行くったところにあるのが、
マティス美術館、こっちの方が規模が大きい。   

それにしても、そこらじゅう一級の美術館だらけだ・・・・
   この環境にいたら、インスピレーション湧きまくりの子供がDSC02484.jpg育つよなぁ・・・・
率直にうらやましいねー
( ??? )ん

マティスというと、フランス人で、
大きな色面で画面を構成して、
色彩を重視した独創DSC02486.jpg的な作品がアイデンティティーなんだ。  
でも、絵をフランスで発表した当時は、色気違い・・・って
ひどく嘲笑され、罵倒されたんだよ。

いわく 「疫病より有害だ」
「マティスは狂気を引き起こす」・・・・
    DSC02488.jpg 
それが、アメリカから来た女性コレクターの目にとまって、
そこから人生が180度転換する。
  
その女性は、ガートルードって言うんだけれど、彼女もまた、マティスを見DSC02481.jpg出した女性として人生が一変した。  

  すごい化学反応だったんだね。

 こう言う人こそ目利きだよね。 
 なんでも鑑定団に出てくる DSC02509.JPG骨董好きのおじさまコレクターとは、
次元が違うよなー

(( _ _ ))..zzzZZ


 マティスはどんなに極貧生活を余儀無くされていた時でも、常に自分の立ち位置を客観視できた
DSC02468.JPG
衆院解散で選挙の構図見ていても、何かにつけて「自分が自分が・・」って、己を売り込むことに躍起になっている人がいるでしょう。

しかし本人が「いい気DSC02491.JPGになってアピールすればするほど、
周りの人はそこから離れていっちゃうよ。

 特に若くて血気盛んな頃はついねーこれを、やっちゃうんだよねー。
DSC02445.JPG
人は、アピールばかりしている人からは、離れて行くものなんだ。

一流の人は、特に自分が主役でないオフイシャルの場などでは、自分をアピールしすぎることはしないよ。
 DSC02517.JPG
自分が話すのは、会話全体の2割ほど・・・にとどめておく。  
話過ぎてしまうと相手に幼稚な印象を与えてしまうから。  
  DSC02485.JPG
自分が前面に出る場面なのか、
引いた方が良い場面なのか・・・
自分は、今どう動くべきなのか、
  
そんな中で、マティスとガートルードのような、出会いが、
生まれるんだね
(ーーー^^)
    
  

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

「ゆら鯛」食べてみたー!

DSC03787.jpg「ゆら鯛」塩釜というのを、クライアントのHさんより届いたので、早速その日のうちに食べてみったす(^ ^)ん 
いんやーこれ、本気!うまいっす。 
Hさんメルシーでしす。
 
 DSC03793.jpg鯛を塩で固めて調理された状態で届くので、
調理いらずのところが素晴らしい。

 「あためれば一層、美味しく召し上げれます」なんて、
メーカー側から一筆入れられてたので、
そのバージョーンDSC03794.jpgもやってみたんだけれど、
そのまんまの方が、オイラには、美味しく感じたね!
 
ただ、親父は、温めた方が、もっといいと言っていたから、
まあそこは、人それぞれなのかもー!
  

DSC03795.jpgこの「ゆら鯛」の決定的に楽しいところは、塩をかち割るセレモニーのところね・・・・

専用の木槌もついているんだよねー。   
そこでオイラが、かちかちやっていたDSC03796.jpgら、
親父が、「なーに、そんんなことばっかり一生懸命でー・・」と。

  しかーしちょいと、オイラが席を離した隙に ものすごい勢いで、木槌じいさん、になっていたけどDSC03799.jpgなぁ。

もーー! 注意書きに、(塩を砕きすぎないのが、コツです)って書いてあるじゃん・・・・・

 それにしても、 鯛の引き締まり方が、
半端じゃあないんだよwebgakki_zzgxbj6ne2_2.jpegね。『ビシーーと、まいうー』って感じね!

いやいや、とっても満足な夕食になったよーーん。
  
うまいものを、イーッパイ食べて満腹にナルト、
思いっきりシDSC03789.jpgアワセな気分になっちゃうよね。
  
シアワセというと、
若ければ若いほど「0か100」を目指すんだねー。
DSC03792.jpg
 「あー、今日は最悪だー」か、
「よーし、今日は最高だった」の2通り。

でもね、人生って0か100かじゃあないよね。
序盤はミスをしたけれど、なんとか踏ん張って65点にしたとか、
途中はダメだったけれど、最後は頑張って45点にしたとか、

0と100の間で、なんとか生き抜こうっていうのが、人生だもん。
 DSC02278.jpg
人生がやっかいで、
それでも、結構面白いのは、41点とか、83点とか、そういう点数で踏ん張ろうとするからだから・・・
 
こういう中途半端なところで、踏ん張るのが、
醍醐味ってやつ
なんだ。

 金メダル以外は、価値がない・・・
みたいな思想だと、ツライよ。
DSC02503.JPG 
32点の夢もあれば、76点の夢もあるわけで、
それを受け入れて、リラックスしていかなきゃ。
 
それが、シアワセに直結する。

  ゆら鯛も、 ゆらゆらしているところが、いいんだからさぁ。
  まー、ちょいっと肩の力抜いて、
いきまひょー♪( ´θ`)ノ

さーて、これから九州の妹夫婦のところへ、
行ってきまーす##

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

東急ハンズって、楽し〜いな。

DSC03768.jpgというわけで、東急ハンズへ行ってキタァ。 
ここ楽しいよねー!  
かつては藤沢にもあったのに、なぁ・・
なんでなくなっちゃったんだろう???
 DSC03764.JPG
世界の7不思議だよ。

カバンコーナーが好きなのね、
文房具コーナーも・・・ありえないカバン・バックとか出現するもんねー。
  
DSC03739.jpg
東急ハンズの本社のHPを、開くと、ブランドステートメントが出ているんだ。 コレがかっこいいんだよなー♪( ´θ`)ノ

DSC03763.JPGコンビニは、
「便利」を売る。
ブランドショップは「豪華」を売る。
さかな市場は「イキの良さ」を売る。


では東急ハンズは、何を売るところですか?
とたずねられたら、
「それはヒントです!」と言い切りたい。
DSC03767.jpgDSC03773.JPG

そうここは、
「できあいの答え」は、
ひとつも置いてありません。

全フロアが、何かを作りたい人、はじめたい人にとっての
「きっかけ売り場」であり、
「発想の一歩め」である
sao_001_cs1w1_400x.jpg

こんな、感じなんだよ。 まだまだ続くんだけれどね、  

 いやー、キッチリ、クスグラレルネー( ^∀^)
yjimage-1.jpeg
素直に望めば、
運命は開けるって感じなんだよねー。

「適度に良いもの」で諦めず、
「すばらしく良いもの」を追求したくなる場所ね。
 yjimage.jpeg 
飽きないんだねーここにいると。 
 おっと時間ばっかり食っちまうぜー 
 
作家は、周りの出来事すべてを作品のヒントにする。

アガサ・DSC03772.jpgクリスティーはその天才で、作家業と関係ないことばかりやっていた。 

 考古学発掘旅行、エジプト社交界デビュー、
ゴルフ、テニス、乗馬、水泳、当時まだ新しかった飛行機・・・・
 
多くの作家は、自分の大失敗、も「作品のネタ」になったと語る。
  
DSC03737.jpg

人生は捉え方次第だから、
目の前に起こる全てのことが、考え方次第で、
「ヒント」ってことになるね!

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

シャガール   ニース日記10(dix)

DSC02425.jpg宿泊していたところから、
トコトコ歩いて行けるのが、「シャガール美術館」ね、
そこら中にアート施設があるのは、フランスの特徴だよなーあ。

 フランスで活躍したロシア出身の画家、
マルク・シャガール
DSC02430.jpg
愛の画家の異名をとり、故国ロシアへの、郷愁や、恋人たちの幻想的な作風が有名ね。

日本でもかなり人DSC02432.jpg気のある20世紀を代表する画家のひとりだね。
  
オイラもこのタッチ結構好きっすねー! 
 ふわふわっとした感じがいいのね。

シャガールの作品には、「愛」をテーマにしたものが、
異常に多いんDSC02439.JPGだ。

シャガールは、行動として、世に出したいくらい「愛」に固執していた。


愛って「気持ち」じゃあないんだよね。

たとえ愛するものがあったとしても、
「行動」しなくっちゃーそれと同じになんない。
DSC02434.JPG

愛がなくなったから
「行動」しなくなるんじゃあなくて、

「行動」しないからそこに愛がなくなる。

DSC02435.jpg「愛」は
「動詞」。


愛は「行動」して初めてそこに存在するもの。

そして愛せるか愛DSC02442.JPGせないかではなくて、
愛す(行動する)か、愛さない(行動しない)か、

愛とは、自らの意志をもち、「選択」するモノだって・・・・・

DSC02466.jpg柄でもなく、「愛」について・・・なんて綴っちゃたのは、もちろん シャガールの影響そのもの・・
でーす♪( ´θ`)ノ

DSC02451.JPG
自分自身を愛することは、
一生涯続く、
ロマンスを始めることである。
オスカー・ワイルド 1854-1900  (詩人)

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

エイリアン  観たぞー!

image_01.jpg上映中の、『エイリアン・コヴェナント』を観てきたよ・・・
ちょっと怖いもの観たさね。
 こーいう、宇宙が舞台のって、好んで観てるよ。 

 映画の大きなスクリーンで 宇宙をミルって、
気持ちいーーじゃん(^ ^)
 DSC03760.jpg 
内容は、

滅びゆく地球から脱出し、
人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号には、カップルで構
DSC03730.jpg成された乗組員が搭乗していた。
やがて人類の新たな楽園となるであ
fd01c5842691ef7a.jpgろう未知の惑星にたどり着いたコヴェナント号だったが、
そこには想像を絶する脅威が存在していた。
yjimage-1.jpegその恐怖を目の当たりにした乗組員たちは、命からがら星からの脱出を試みるのだが......。
DSC03755.jpg
というのが、
番宣からの抜粋。

例によって、あの頭が、バナナな、エイリアンが、素早い動きで出てきちゃってさ、
「非日常体験の気分転換」という意味では、良1.jpgかったかな。  カンドーとか、全くないけれど・・・

館内もガラガラで、ゆったりできたよ。  
有楽町で見ようと思ったんだけれど、時間が合わなくて、
かわさきへ。 

TOHO DSC03781.jpgCINEMAS だったので、 だーいすきな、キャラクターのアキラ先輩と紙ロペにも会えたぜーい。

DSC03785.JPG川崎駅って、
新しくなったんだね・・ 



DSC03751.jpg  
映画も、たまーに劇場で観たくなるんだよね。 

DSC03752.jpg
 こういう宇宙ものを、みると、いつも感じるのは、
「宇宙は原子で出来ているのではなく、壮大な物語でできている」ということ・・・・・
DSC03778.JPG 
実際、
あなたが、宇宙と同調した時に宇宙が現実化することは、
あなたが現実化しようとしていることより、ずーーっとオモシロイ
んだ。

DSC03758.jpgオイラも、天体望遠鏡を覗きながら、いろいろと考えたりするけれど、
これって、アテンション!
 注意が必要なんだ。
 

00.jpg
 
だって、
思考はブーメランみたいに、正確に元の場所に戻ってくるもの・・

何を投げるか、賢く選択しなくっちゃー、
あとで酷い目にあうよ!   


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

ニース日記9(neuf) ロスチャイルド家

DSC03237.JPGミス・フランスの撮影が行われていた。
テーマはバラだって。  

ここは、ニース郊外にある、ヨーロッパの富豪ロスチャイルド家のお嬢さんが、暮らしていた邸宅なんだ。  
  DSC03199.jpg
お嬢さんは、ニースがすっかり気に入っちゃって、高台に家を建てちゃったんだね。 

大きな庭が、いくつもあって、どんだけお金持ちなんだよーって、感じ(??ω?? )  
 日本の枯山水まであったよ。
  
 DSC03209.JPG今は、一般公開されているので、オイラもちょいと拝見ってわけだ。
 太陽の光線が、どうも違う。  
 直接太陽とキャッチボールしている満たしなんだ。 
とにかく透明感を持って、オイラに入っDSC03243.JPGて来る。 

高台だから・・ってことだけが理由ではなさそうだ・・・
 
 太陽は日々に新しい。  まさに・・・

DSC03217.JPG
こう云う大富豪なんか見ちゃうとね、むしろ逆に思うんだ。

何も、持っていない、と云う自由も、いいぜーって!
DSC03208.JPG 
才能よりも、
大切なのは、
覚悟
でしょう。

思い込みは、自由。
  どうせ思い込むなら「過大評価」
DSC03200.JPGそして、まず才能どうこう抜きにやってみりゃーいい。

人間に生まれたからには、腹をくくれーい。

DSC03232.jpg進むことは決めること。
決めることは進むこと。

大切なのは、
最初のキック。
蹴るか蹴らないのか。

いちばんしんどいのは、助走・・・・
蹴れば進む。
   
DSC03250.jpg
社会の中に埋もれていると、つい主題が変化してしていることに気がつかない。
 
夢はもともと
「パイロットになりたい」
じゃあなくて、
「空をい飛びたい」
じゃあなかった?

DSC03230.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

KO, ふたたび

DSC03688.jpg前回、ゼミで呼ばれた時に、ちょっとスピーチしたら、
評判良かったから、またお願いしますなんて、

コチョコチョくすぐること言うもんだからさぁ、
調子に乗って、まDSC03671.JPGた行ってきたよー。
 
「北のミサイル発射が世界経済に与える影響だの」 
「衆院解散が、日本経済にどうリンクするか」みたいな、
マクロな話ね、   まぁ、オイラが意見すDSC03682.JPGるような話じゃあないって思うんだけれどさぁ・・^^^^!
  
その後、学生時代によく行った焼き鳥屋さんとか、博多ラーDSC03709.jpgメン屋さんとか、立ち飲みバーとか、にチョックラ顔出しして、お腹いっぱいになって帰ってきたよ。

 慶応仲通りの店はどれもこれも、本当に懐かしいや。
   DSC03684.JPG 
これから社会に出る塾生たちに、
話したことは、「軸がないとブレるよ」と言うことね。
DSC03704.JPG
「あいつブレているな」   言動に一貫性がなかったり、いつもどこか、ズレている人って、しょっちゅーそう、批判されている。 

軸がないとこうなるんだ。
逆にブレないDSC03698.jpg人は、あったりまえだけれど、軸がしっかりしているんだ。

たいていの人たちにとって、情報とか、知識・技能を身につける一番の動機は、それによって、
DSC03694.jpg他人から高評価されることを期待するから。
 
本当なら、
自分から見てどう言う価値があるかを、決めるべきなのにさぁ。

いつのまにか、他人DSC03667.JPGの評価が基準にんなっちゃっているんだもん。

だからさぁ、常に軸が定まらないのは、
他人の評価に合わせて生きているからなんだねー。

 DSC03658.JPG軸というのは、
自分が、こういう価値観を持って、こういう姿勢で生きるといった覚悟ようなものから生まれて来るんだって思うよ。
 
 DSC03678.jpgたとえば、変化が激しい、環境に、二人を置いてみるじゃん。
 
軸がない人は、まさに変化に翻弄され、右往左往・・・
 DSC03659.JPG
一方、軸を持って自然体の人は、変化に柔らかく対応しながらも、
自分を見失うことがないんだ。
 自然体って、究極だってオイラは思うのね。
 DSC03700.JPG


でもその自然体って軸があってこそ、
しなやかに対応できるんだもの。

ただこの際、軸は一本だけじゃあ、
弱い。
一つの軸だけでやっている人は、
その一つの信念にこだわりすぎて、
かえって折れやすくなるんだもーん。

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

ゴッホは恋も友情も・・・・・・

DSC01968.jpg世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションからえりすぐった、
珠玉の80点を紹介します。
同館のコレクションによる展覧会はこれまでも繰り返し
DSC01967.JPG開催されてきましたが、
幅広い内容を総合的にご覧いただく展覧会は、
日本では約40年ぶりとなります」


yjimage-1.jpegという謳い文句、
  まーいってきたっすー!

上野の「トビ」(東京都立美術館)でーす。 
ここと乃木坂の新美(国立新美術館)はとにかくよくいくとこ
yjimage-7.jpegろ・・・ 
今回の中心はゴッホだったね。

まあ、宣伝ほど凄い作品のオンパレードって感じでもなかったけれど、
日本にやってきてくれて身近で観れることには本当に感
DSC01972.jpg謝でーす。
 
ゴッホといえば、ボストン美術館には置いていないけれど、
やっぱり『ひまわり』のシリーズだろーなぁ。
 
yjimage-3.jpeg
「炎の人」と呼ばれるゴッホはオランダの貧しい牧師の子として生まれたのね。

画商・教師・牧師など職を転々、
社会の底辺の生活レベ
yjimage-8.jpegル。
やがて画家になるものの、
生前は評価されず不遇な日々を送っていたんだ。

 またゴッホって惚れっぽくてね、恋にも苦しんだんだよ。何度もプロポーズしては拒否され、苦しみから逃れるためにアルコール漬け、、、、
 
そんな兄の惨めな姿を見た弟のテオが、
ゴーギャンに兄との共同生活をお願いに行くんだ、
  

DSC01980.JPGゴーギャンはこれを受け入れ、二人はアルルの黄色い家で同居することになッタンだよ。
  

新たな生活に救いを求めたゴッホが、
ゴーギャンを迎えるた
DSC01954.JPGめに描き続けたのが、十数点もの「ひまわり」の絵だった。
 
ゴッホはこれらの絵を、ゴーギャンの部屋に飾っもらおうと思っていたんだ。

ひまわりは、いずれもエネルギッシュで、生命感に溢れているでしょう。

生命の力強さと、狂気の危うさを同時
yjimage-11.jpegに表現しようとしたゴッホらしい作品だよなぁ。
     
だけれど、待ちわびたゴーギャンとの共同生活は
悲劇的な結末に終わる。
あまりにも個性的な二人がぶつからないわけがなかった・・・・・・・
 



藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

ニース日記8(huit) 食い物事情

DSC02791.jpgパン中心の食生活だったけれど、
中華なんかも、行ったりしてたなぁ、あとSHUSHI BAR ね!
 
日本で食べるのとは雲泥の差があるんだけどさー、
まーそれもヨシだよ。

 会話に機会を増やす為に積極的にレストランに出向いて行っDSC02625.JPGてた。

SHUSHI BARにも、日本人は居なかったよ。  

結局、滞在中に日本人に会うことはなかった。

 もちろんその方がいいんだけれDSC03020.jpgど、この辺がパリとは大きく異なるだよね。
  
やっぱり美味しいのはバケット(フランスパン)で、
まーねーDSC03022.jpg本場だもんね、
当たり前って言えば、そうなんだけれで・・・・  


アイスクリームはどこで食べても絶品で、8回くらいは食べたハズーーー。
 
それにしても、日本って、便利な国だよね、なんでも揃ってるでしょう。ヨーロッパって、伝統文化優先なところがDSC03133.jpgあって、
建物なんかも不便なところが多いんだ。 

パリだって、エレベーター無しが当たり前だったしね。  
Tokyoでは世界中の食べ物だって美味しくたべれるでしょー。
  DSC03289.jpg

でも、人類が月に達すれば達するほど、
じっと木々を眺めたくなる。 
都会に住めば住むほど一枚の葉を探し求めるようになる
んだ。
  DSC03125.JPG
異国に来ると、オイラ自身を客観的にみる機会を得るのね。
 時には一つの道具のように自分を分析するのも、
悪くないってか。  
 DSC03258.JPG
ニースにポツンと、ひとりぼっちで降ろされると、

実際、すごーい不安がオイラを襲うわけよ。
 
でもそこで、
「不安や劣等感をプラスに変える唯一の方法は、
集中力のある強い精神を身につけること
DSC03160.jpg
だって気がつくんだ。

    DSC03259.JPGあと、フランス語って、すごくその、流れを大切にするのね。

だから、耳ざわり良く、音楽のように聞こえるんだ。  
  素晴らしい歌って、歌詞だけじゃあなくて、
曲も大切でしょー。
 DSC03026.JPGだから、
あなたが、何を言ったかだけじゃあ、
なくてどのように言ったかが大切になるん
だもの。
   
そう云う想いって、日本にいた時には気がつかなかった。

   DSC02978.jpg 
勇気って、
プレッシャーに負けない品格のこと・
・・・
 オイラも、そんな品格をちょっとでいいから、
身につけたいもんだよ・・・・・

パリよりニースの食事の方が、
オイラに、合っていたみたいでしたー・・・

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

シルバーウィークの中で・・

DSC03613.jpg9月のシルバーウィークって呼び方、
どーも慣れないなー!   GWのような連続性もないしねー。

でも、休みはどんなのでも、好きでっせー( ??? )   
 えー、今回もGW同様、
全日程を日仏協会(汐留)で過ごしているオイラでやんす。
DSC03615.jpg
ニースで800円ほどで買ったスーパーのバックが
御供でーす。
 
台風の過ぎたあとは、いい天気でたすかりまーす。 
 
今回は、すべてプライベートレッスンで、マンツーマン。
 結構DSC03614.jpgエネルギー消費するよねー。
  
ネイティブの先生と面と向かってとなると、キンチョーして、
出てこないじゃん、フランセがさぁ
DSC03636.jpg
二人きりだと、他の生徒が、指されている間に考えるという芸当も使えないしなー。
  
まして、本日みたいに、相手がマリー先生だと、美形過ぎDSC03620.jpgて、見とれて言葉なんかどっか行っちまうぜー。  
   
日テレがもう
目と鼻の先にあるからね、知ってる芸能人にでも、
ばったり出くわさないかなぁ、

DSC03622.jpgなんて、どーでもいいこと考えながら、汐留通いでーす。
 
 いつまで、たってもネイティブの発音に近づかないんだよねー、もーいやんDSC03641.jpgなっちゃうなぁ。

発音ナオサレルたびにクラーくなっちゃうよー。
 
これって、影の部分ってことになっちゃうんだけれど、
それは、まーいいや!
 
だって、あなたに影の部分があるならそれは、
光が当たってDSC03630.JPGいる証拠でしょう。 オイラもそう捉えることにするぜー。 
 光がなければ。影は存在んしないんだもん。

DSC03647.jpg
『それが、どんなにくだらないものでも、
自分のしていることこそ、本当に興味がある』・
・・
そう云うのがいいんじゃない(^ ^)
DSC03656.jpg
結局、信じると云うことは、鏡のようなもので、
壊れると修理することはできるわけ、
でも割れ目は残り消えることはないんだ。
 
人生って、オリジナリティーだって思うんだ。 

「オリジナル」なアイデアを何かひとつでも創り出せればいいんだ。
 もしかしたら、それに、30年、40年かかるかもしれないよ。

でも、ひとつでも創り出すことができたなら、
その30年、40年は、とっても価値のある期間だったんだって思うもの。
DSC03611.JPG


DSC03648.jpgなーに、楽しい顔で食べれば、皿ひとつでも宴会じゃん。 

 なーんてことないって  
 (  ところで、今回、旨いワンタンメンの店、開拓したよーん)
(vωx )

DSC03629.JPG

未来なんてちょっとしたはずみで、
どーんどん変わるから・・・・


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

ニース日記7(sept) エズ村 

DSC02776.jpgコート・ダジュールに数多くある鷲の巣村の中でも、
このエズ村は、ピカイチ!
 
ここは、海抜420メートル、空に限りなく近いおとぎの国といったところ。
DSC02774.jpg
そしてエズ村のさらに高台には、熱帯庭園が、
あるのね、

ここからのコート・ダジュールの見晴らしが、フォーミダブル(スバラシーー)
 
 DSC02711.JPG空気の澄んだ冬だとコルシカ島も見えるんだってさぁ。
 DSC02718.JPG 
 ここへは、バスを乗り継いで行ったよ。 

本当に着くのかどうか、結構ドキドキしちゃった。
 停まるときも、日本みたいに、掲示板に出たりしないからさ、耳だけが頼りなんだよ。

DSC02753.JPG 正直、発声音早すぎるし、
似たような地名がたくさんあって、もーヒヤヒヤだったよ。
  
海と山の間に浮かぶ、不思議な村・・
エズ村はヨーロッパ中DSC02715.JPGでは、かなり知られていいて、イタリヤ人、スペイン人なんか、
わんさか、わんさか、居ましたねー^^@
 
他にも色々な言語が飛び交って居たんだけれど、 わかんなかったー。
 DSC02734.jpg    
  エズ村は、山の下からだと、影も形も見えないんだ。これは他民族からの攻撃を防ぐためだっDSC02743.JPGたって。

そう、やられるのではないか、
という
怖れ

エズ村を作ったんだ。

 
この怖れってやつは、ちょっと厄介なものに見えるかもしれないけれど、
どういうものなのか、DSC02739.jpgしっかり把握すれば、ちょっと心配だけれど、いつもアナタの命を守ってくれるヒーローみたいな存在になってくれるよ。
DSC02769.JPG
アナタが、不安になるのは、アナタの根性や勇気が足りないかじゃーないもん。

まして、アナタの育った環境や性格に問題があるからじゃーない。
DSC02752.JPG
生き延びるための怖れの回路がDNAにあるからなんだよ。

怖れが、自分を危険から守ろうとしてくれている、
こりゃーありDSC02758.JPGがてー
というスタンスに立ってミヨーよ。


怖れを、消そうとせずに、それを受け入れる。
受け入れれば、怖れと距離ができるよ。
 DSC02714.JPG  
だから、アナタが主導権を握って、必要な時だけ、
「怖れ」に活躍してもらうようにすることができればね、
「怖れ」は、アナタにとってとても頼もしい味方になってくれるんだ。


エズ村はその象徴みたい、 
これオイラの触感!!!!

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

リフレッシュ・・・な ガウン

DSC01768.jpgいんやー オイラっぽくないことをしてきちゃったー!   
 なんせ気候の変動について行けず、
調子狂うばっかりだからさぁ。

 一発、エステマッサージサロンってヤツにいってきたんだ。  

個室に、お風呂まで付いていて、1時間はひとりでのんびり、DSC01749.JPGガウンになんて着替えちゃってさ、

王様気分
でやんす。  

冷たい紅茶なんて嗜んだりしてさー、
普段読むことがない、ファッション雑誌にも目を通す・・・・・
DSC01750.JPG  
その後、施術者がやってきて、60分のボディーマッサージ・・・
 
温泉宿で受けるマッサージの40倍くらい、リラックスできるDSC01752.JPGなーーーー
、と云うのが体感覚でーす。
  
なんかねー、眠くなっちゃって、途中なんども寝ちゃったよ。  
  
体もすっかりほぐれて、日本茶なんて出されて、
王様気分の終了ね、  
DSC01765.JPG
うーーんあっという間だったー( ^ω^ )
   
しかしあの、ガウンと言うのはなぜか、着ると気分が、
ハイになるねー!   

まあ、年に一回くらいこう言う気分を味わうのもアリかなーって思う経験でやんした。
DSC01799.JPG 

アラブの石油だぜーなんて想像・・・・
Hahaha////

  「できごと」には、与えられた唯一の意味なんてないよ。
「無意味なできごと」に人間が意味をつけている。

DSC01777.JPG
起こったそのできごとを、
「どう思うか?」じゃあなくて 
「どう思いたいか?」ンなんだ。
 
DSC01748.JPGただそれだけのこと。

リストラされた社員が皆,同じように考えるわけじゃあない。 

ある人は、途方にくれて落ち込むかもしれない。
でも一方で、「これで独立する踏ん切りが付いDSC01780.JPGたと、喜んでいるかもしれない」

人間は、できごとに対して、
違うチカラの方向性を与えることができるんだ。


 スンバンラシー( ´∀`)

だから、現実を変えたいのなら、ハッピーになりたいんなら、
yjimage.jpeg
「現実」を見て、それとは違う「思いたいこと」を想像すればいい。
 「想像」と言う人間の奇跡の能力をフルん活用だーい!


人間は、目の前の「現実」と違うことを「想像」することができる。
    ジョンレノンの、「イマジン♪」だよ!
  



藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

ボンタンアメ

DSC02094.jpg九州物産展に寄ってみた。  こういう、物産展って、オイラ好んで行っちゃうタイプなんだ。
 結局ボンタンアメしか、買わなかったんだけれどね
 
というかーー、ボンタンアメって九州なんだね。 
鹿児島産っ500px-Japanese_Candy_BontanAme001.JPGてことらしいや。

 まだ、現役なんだね、
この混沌とした食品業界で生き残っているって、称賛に値しまんなぁ。

 DSC02090.JPGくまモンが、やたら場所を取っているのは、どーなのって思うけれどなぁ。
 DSC02086.jpg 
 こういう物産展に行くと、その地方の方言が、耳元を通り過ぎて行くんだ。

それがちょっても懐かしいようで、DSC02092.jpgほろ苦いようで、嬉しんだ。
 
 たとえ行ったことがない地方の言葉でも、
懐かしく思えちゃうのって、どうしてなんだろうね!
DSC02089.jpg  
物産展には、美術館から得る巨匠のインスピレーションとは、
また違う、とってもいいDSC02093.JPG流れを受けるんだ。
 
これは周りに
「幸せな人」が多いほど、自分にとって、最高な環境
yjimage-1.jpegあることに似ているね。

例えばね、
早いとこ結婚して、
自分の家庭を持ちたいと思っている人が、
友人から結婚式の招待状が、
来て、オマケに、二次会の幹事もお願いね! なんて言われるとそれを手放しで、喜べないケースってあるでしょう。 

素直に喜べない自分を情けなく思う人も多いよね。
 yjimage-4.jpeg
人間、余裕がないとそうなって行くもんだから、それ自体は、不思議なことじゃあないよ。

そんな風に、他人の喜びごとに複雑な気持ちyjimage-9.jpegを持ってしまう時は、
「次は、自分にもいいことがあるんだわー!」って視点を切り替えるんだ。
 
「どーせ自分なんて」と思うのと、
「次は自分の番だー」と思うのとでは、大きく未来が異なるもん。
yjimage-7.jpeg
「どーせ自なんて」と思ってしまうと、、無意識のうちに「うまくいくこと」に抵抗が生じて、
本当にうまくいかなくなる。  
 yjimage-5.jpeg
「次は自分の番」と思えることは、その抵抗を外し、自分に対して
「うまくいっていい」という許可を出すことなんだ。
 

yjimage-6.jpegオイラたちひとりひとりが、周りの人に及ぼす影響って、思っている以上に大きくて、
うまくいっている人には運も勢いもあるでしょー。
yjimage-3.jpeg
自分の周りに不満や愚痴を云うような人ばかりの時と、
幸せな人がいっぱいの時では、
あなたに与えられる影響って、真逆じゃん。

   
ボンタンアメのオブラートを溶かしながら、 幸せな気分になっちゃったでーす♪( ´θ`)ノ


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

ニース日記6(six) Piccaso

DSC02937.jpg「アンティーブ」(Antibes)にあるピカソ美術館は、
フランス中のどの美術館より、最高の場所にあるんだ。
  
地中海をバックになんとも、なんとも、
もともとお城だったところだから、
雰囲気がフランス革命だもんなぁ。
DSC02961.jpg
ここなら3日くらいいても ぜーんぜん飽きそうにないや。
気候もいいせいもあって、まさにここはユートピアだった。  
  
ここは、現地の人のツヨーイ勧めできたんだ。
 ピカソ美術DSC02945.jpg館ってパリでも行ったし、彫刻の森にもあるし、正直、食傷ぎみで、あまり気が進まん盛ったんだよね。

それより、シャガールと、マティスに行きたいなんて言ったら、 「行かなきゃ、絶対後悔する!」とまで圧力かけてきたんだ。
 DSC02953.jpg 
ニースは、多くの芸術家が移り住んでくるだけあって、アートシティーだから、全部なんてとても行く時間がないのね。    

 じゃあそこまで云うんならってやってきたのでした。
DSC02968.jpg  ほんと来てよかった。    こんな素晴らしい美術館には今まで出会ったことがないもん。
まさにイチオシ。
  
このピカソ美術館の広場ででふたりの女の子が、キャキャっと追いDSC02967.JPGかけっこをしていたんだ。
 
すごーく可愛いのね、 
そうしたら、そのうちのひとりの麦わら帽子が、風でふわっと吹き飛ばされてオイラの目に前に・・・・・    
オイラはそれを拾って、両手でお嬢さんに、
 「ボアラ」(はい、これ)DSC02917.jpg言って手渡したにね。 

そうしたら、全世界の笑顔を独り占めしちゃったみたいな、
屈託のなさで、
「メルシー、ムッシュー」
だって。  
DSC02915.JPG
いやー
あんな可愛い「メルシー」にはもう2度と出会えないよ。
 
若干、タカ派のオイラでさえ、
「どんなことがあっても戦争はイケない」「あんな天使にような子のDSC02950.jpg未来を奪ってはイケない」なんて、急に思考回路がぐるぐる起動したもんなぁ。

世の中には、勝利よりももっと勝ち誇るに足る敗北があるものDSC02916.jpgだ・・・なんて。
  
また、フランス人のこれくらいのお嬢さんって、とびきりカワイイでしょう。

 今思い出しても、天使としか思えないんだよね。
  
港町「アンティーブ」DSC02894.JPG(Antibes)は、
やっぱりユートピア、また行きたいなぁ。
  
 
 DSC02885.jpgここには、ひとつの世界があった。


心というものは、それ自身ひとつの独自の世界で、

地獄を天国に変え、
天国を地獄に変えうるものなんだ。
  

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

KO、久々に・・・

DSC03573.jpg慶應義塾大学のかつて所属していたゼミへ、

 「先輩たちから・・」みたいな企画があって、
せっかく声をかけてもらったので行ってきたよ。   
みんな元気いいよね。 なんだか嬉しくなっちゃったよ。
DSC03558.JPG 
 みんな希望をどっちゃり持っていて、微笑ましいのね。 
 まーいいことだよね。

 久しぶりに、諭吉先生に挨拶しておこうかと、思ったらさ、
 銅像のある図書館が、今、長期修復期間に入っていて、
DSC03566.JPGお逢いできませんでしたー。
  
ゼミは、経済学部のゼミなので、社会問題を踏まえた鋭い質問が飛んできて、もうタジタジなんだよね。
  DSC03587.JPG
コーはいたちは、理論武装だけで質問してくるからさ、
こっちが、それは、教科書通りには行かないって、言っても納得しないもんねー。
   
帰りは、塾生だった頃によく食べに寄った
 「麻布ラーメン」へ・・ こういうのっていいよね!

 DSC03569.jpgゼミのい学生さま^^たちと話していると、オイラの体も軽くなってくるんだ。 

  彼らの物語を作るのは、彼ら自身だもの。
自分の人生を好きなように結末まで作りあDSC03578.JPGげればいいんだ。
まだ20代前半って、
やっぱり羨ましいよ。  

人生は全て実験なわけでしょう。
実験の数は多ければ多いほどいいんだ。
若いほどそのチャンスはあるもんね。
 失敗したらもう一度起き上がればいいだけ。
転んだっDSC03576.JPGてへーっチャラだもん。

大切なのは、
衝動があるところに、自分を置いてあげること。・・・・・
 DSC03591.jpg 
風向きを変えることはできなくても、いつでも自分の進みたい方向に帆を調整することはできるからね。
 
人間さまが、この世にいるのは、束の間だよ。
笑える時には、DSC03571.JPG大いに笑わなくっちゃ。
   
 先日読んだ本にこんなことが、記されていて、
これをゼミのコーはいさまたちに、話したら、
妙にうなづいていたので、ここにも、書いときまーす;;

DSC03586.jpg
「20世紀に置ける最大の発見は、我々が、心のあり方を変えることができることに気づいたこと。
そして、
心のあり方を変えることで、行動を変えることができることに気づいたことである」

         哲学者  ウイリアム・ジェームス
  

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

9.98 リミッター 解除

yjimage.jpegランナー桐生、やったね♪( ´θ`)ノ
  かなり嬉しいな、 
こういうニュースは歓迎だよ。  
どうでもいい、政治家・芸能界の不倫疑惑報道には、
過飽和状態だったからね。  厭倦(えんけん)ってやつね。
yjimage-2.jpeg  
純日本人でも9秒台って出るんだね、でないと思っていたよ。

だってさぁ、民族さって明らかだもん。
  オイラ、中学の時だけ、陸上部だったんだ。 
小学校校の時から剣道はやっていたんだけれど、
球技はど下手くそDSC03606.jpgで、まるでセンスなし。

それでも、駆けっこだけは速かったんだよ。 だから運動会の時はリレーの選手、ちょっとしたヒーローなんだよね。あの一瞬って。

これは小学校の時の運動会のショット、
これくらいしか見つからなかった。   
yjimage-1.jpeg
それに引き換え、
野球はぜーんぜんだめ。  当時みんなサードで3番を打つというのに憧れていたんだ。 

そこで、じゃんけんぽんになるんだけれど、 
キッチン(オイラのこと)は、ライパチネ、とじゃんけんにすら入れてもらえなかったもん。
ライパチはライトで8番のこと。 ハハ^^ わっかるかなー!?

image.jpeg
でも、すばしっこいオイラは、バンドで2塁まで行ってたよ。 

そんなもんで、自分の脚力を過信して、中学では陸上部へ・・・    100メートル希望したのに、競争率が激しくて、200メートルで登録。
 全く結果残せず、挫折の陸上部時代でやんした。
 yjimage-3.jpeg
いいや、200は疲れるよ。 150過ぎたら、もう自分の体じゃあ、ないみたいに、
体が浮遊するんだもの。
   
当時顧問の土方先生jは、日本人で9秒台は、絶対無理って言い切ってたぞ!image-1.jpeg  
体のツクリ、シナリ、バネ・・・全てを兼ね備えた、黒人の特権だって言ってたもん。   
  
それを聞いたオイラと同級生の関くんは、一生懸命日焼けに励んだもんね。 もちろん効果なし。
  
  でも、民族差って、人種差別とか、そういうことじゃあなくて、完璧にあるでしょう。
yjimage-4.jpeg
だから、水泳に黒人を参加させない白人のリーダーたちの足掻きも
まあ、わかるよ。
 
 オリンピックを黒人の祭典にはできないということでしょう。  爽やかイメージのスポーツの祭典も、
根本がフェアじゃあないのね、 
ほぼブラックッジョーク
だもんな。
    
6.jpgケンブリッジ飛鳥・サニーブラウンなどの、アフリカの血が日本陸上界の次世代リーダーだと思ったら、

こで、ジェット桐生・・・・・
それにしても、みんな腹筋すげーなー!!!1
 yjimage-5.jpeg すごい切磋琢磨、群雄割拠       
 
生きる日の輝き、悲しみ、
 一日1日が、新しい彩りをもって息づいている。
 


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る

プレッシャー / ニース日記 5(cinq)

DSC02407.JPGちょっと、遠出しようと思ったんだ。  

そこで、TGVという列車に乗ることになった。
 ここで、大問題発覚!  
なんと切符を買うのが、全部機械対応なんだよね。

 DSC02863.jpgピッピと、タッチして画面が変わるタイプ。   
 これが参ったよ。 正直戸惑いまくり、年齢を打ち込んだり、
なんのために行くのか?とか、
  まるで入国審査なんだよ。  
 3回失敗して、後DSC02404.jpgろで順番待ちしているプレッシャーに勝てず・・・
退散。 

  それでも、ここで諦めたら、試合終了の、
御言葉が天から聞こえて来て、再度DSC02405.jpgチャレンジ。  

  今度は、16ユーロ払えという表示がでるところまで行ったものの、お金が、入っていかないんだ。

  DSC02865.JPG例によって、後ろにズラーと並んだ、恨めしそうな雰囲気に負けてこの日は退散したよ。
    
 次の日、学校DSC02866.jpgで、同じクラスのイタリア人のマリアナ嬢に、
そのことを言ったら、 「駅では、カードしか使えないみたいだ、ウキオのお札を差し込んだところは、多分カードの場所だろう」DSC02870.jpgって・・。
  
 ナールホど、  そういうことだったのかぁ"""""""""
 
  で、この日にもう一度、
駅(ニース・ビル駅)に行って、試してみたんだ。 そうDSC02862.JPGしたらさぁ、
カードが吸い込まれて戻ってこないんだよ。  
 
びびったねー!!   
そこでありとあらゆるボタンを押しまくって、30秒・・・
DSC02971.JPGジーーーとか行って戻って来た。   

当然、切符は買えていないんだ。 その代わり領収書みたいなやつだけ出て来た。 
  とんでもないぼったくりーーー
  
仕方なく、その領収書を持って改札口へ・・・・  
精一杯のフランス語で、事情を説明したら
DSC02974.JPG 
「これは切符じゃあないから、ダメだ」と、 
「お気の毒に・・」みたいな返され方。  オーーーノーーーー

DSC02876.jpg
さすがに折れそう。  もう嫌だ・・。   でもここでまた天の声が・・・ 

【Never Never Never  Give up】
 
《 No attack  No chance 》
DSC02880.JPG

よーしもういっちょーー、  
 ガシャんガシャん    
ふーー目的地 「港町アンティーブ」(Antibes)
DSC02886.JPGまでの往復切符ゲーーツ(^ ^)
  
「アンティーブ」(Antibes)には、世界一景観の良いところに聳える(そびえる)、城を改造したDSC02878.jpgピカソ美術館があるんだよーーん。
  
でも、 TGV に乗れただけで、半分満足しちゃったよーー。 
 でも、もうこれで、フランス語の機械対応にはびびんねーぞー。   
 
あとで聞いたら、年齢や、いく目的によって料金が違うんだってさ、社会保障の一環らしいよ。
  DSC02902.JPG 
とにかく、世界はつねに、勇気のあるものの劇場だ
 こんな小さなことで、一喜一憂してチャーだめじゃーん。
この世は、興味のあることで満ちているんだもん。 このスンバラシイー世界で、
だらだらと人生を送るのは、モッタイナーイ  (??ω?? )

 

     


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップに戻る