かつおぶし研究所って・・・【オイラブログ】

かつおぶし研究所って・・・

理科系の話じゃあないよ。

五反田にあるお店の話さ。お店の名前が『かつおぶし研究所』ってちょっと変わった名前ね。

まーわかりにくい外観さ。いっぺん20センチくらいの正方形のの看板だもんね。

腕に自信のある人ってわざとこういうことするんだよなぁ。

隠れ里のような・・
名前の通りカツオにこだわったお店だよ。

店主の宮永さんは関東学院大学卒業後、居酒屋でアルバイト。

1983年に『料理の鉄人』の助手をつとめ、道場六三郎氏と出会う。

1995年「銀座ろくさん亭」入店で六三郎さんの一番弟子ってことらしいよ。

銀座ろくさん亭」って一回言ったことあるんだ。

当時、道場さん飛ぶ鳥を落とす勢いだったもんな。めっちゃ込みだった。多分美味しかった。

宮永さんは気さくな人で、よく話しかけてくるんだよね。

当たりというか、感じがとっても和らかでいいや( ^ω^ )

料理は胃にもたれなくてとってお美味しいでーす!

道場さんとはまた違った趣向にしているところがいいじゃん。

人生はただ一度っきりじゃん。

あの世などどうでもよいわけだよ。

単なる安息無事な生活を送るより、

この世で何事かをやり遂げようと冒険を試みる方が

人生に相応しいってことやん。

「かつおぶし研究所って・・・」へのコメント

雑誌に載ってた わざと分かりにくい入り口にしていて
宣伝してないとか
 では何で 雑誌のインタビュー受ける?とは思ったが。

ここで 女子会3人やったことあります
店長さんよく話しかけて来ていた^_^

この世で何事かをやり遂げようと冒険を試みる方が
人生に相応しい
この世で何事かをやり遂げようと冒険を試みる方が
人生に相応しい
この世で何事かをやり遂げようと冒険を試みる方が
人生に相応しい

SY牧場のゆーこです。おはようございます。
落ち着いた感じのお店に 気さくな店長さん
最高―ウですよね。

コメントを残す