ワイルドスピード ジェットブレイク【オイラブログ】

ワイルドスピード ジェットブレイク

ワイルドスピードシリーズ最新作を観るために横浜ムービルに行ってきましたー!

このシリーズは、むっちゃ有名でシリーズ、9作目か10作目だからしいんだけれど、

オイラは今回が初見だったんだよね。

まずはお決まりのコースで隣接するモスバーガーで照り焼きさんを頬張らないとね( ^ω^ )

内容はシリーズものなので今までのストーリーが全くわからなかったんだけれど、それでも二重丸!

クルマ壊しすぎのところが、爽快感ありだね。

一体制作費いくらかかってんやね。

絶対CGじゃあできないシーンが多数だぜー。

やっぱりハリウッド系のアクションモノは映画館でバーンと見ないとね。

スピードに特化しているところがいいんだよね。

やりたいことに集中して時間を投下するこれによって「天才」と呼ばれる人種が生まれてくるんだ。

「1万時間の法則」というものがある。

これは「どんな業界でも、世界レベルに通用するようになるには1万時間の練習・習熟が必要である」という経験則ね。

ザ・ビートルズだって、まだ売れない時代に、ドイツのハンブルグのストリップ劇場で演奏していたんだよ。

その量は1日8時間、週に7日で1964年に爆発的にヒットを収めたときには、

すでに1200回ものライブをこなしていた。これをトータルすると、

ゆうに練習量は1万時間を超えていたんだ。

「ワイルドスピード ジェットブレイク」へのコメント

どんな業界でも、世界レベルに通用するようになるには1万時間の練習・習熟が必要である

1万時間かーー

横浜ムービルでモスバーガーって、たぶん10人中8人はやると思うんねー
  あるあるでしょ。

やりたいことに集中して時間を投下するこれによって「天才」と呼ばれる人種が生まれてくる
まさに!

ハックからの連絡受けました。
三田校舎での会合 11月に延期とのこと
 こちら了承です。瑞樹

家族でCoCo壱に行ったときに
 母からオイラブログの存在を知らされ
まだ初心者読者です。よろしくお願いします。

「どんな業界でも、世界レベルに通用するようになるには1万時間の練習・習熟が必要である」という経験則ということ、
わたしは美容業界にいますが、この法則がうちの業界にも当てはまると思いました。

オイラと同じ藤沢市出身でいま八王子に住んでいます。
 むかし 藤沢の駅から5分のところに オデオン座という小さな映画館があったけれど あれどうなったかなあ?  まだ あるのかな?

すぐに観に行きました。 ミッション インポッシブルとワイルドスピードは 欠かさずです。

コメントを残す

CAPTCHA