虎と宇宙【オイラブログ】

  虎と宇宙

 







2010_01010032.JPG

 
2010_01010030.JPG
2010_01010037.JPG 

 

 

さて、いよいよ 今年も始まりました。 今年は寅年、タイガーだね。この虎ちゃんを、みながら、オイラは今年のスローガンを思いついたよ。   なんせオイラ、 去年の4月からタイガースファンになってたんだ。   それは、さておき スローガンはね・・     

        “Don’t Think ,Do it !   (考えるな、ただ、やれ!)

トラの躍動感から感じたんだ。 そう! ガオーって閃いたんだ!

     大体、オイラ程度の人間の考えることは、殆んど Think ではなくHesitate (ためらう)であることが多いよ。 

トラが空腹のとき ためらってる場合ではないよ。 先ず 獲物を獲りに行くさ。  特に今年はこのスローガンを、一日単位での、ものに、していくというのが最重要ポイントね! 

   一日のうちで Don’t Think , DO it !  を、繰り返せば、 多くの時間を生み出せる。  一分一秒の重みも違ってくる。  集中という、エネルギーがみなぎるね。  トラが獲物を獲るコンセントレーションだよ、まさに! ガブリといきまっせー!

     ここで大切なことは 空腹であるということ。 腹いっぱいの虎は、寝ちゃってるからね。  話にならんでー!

それと、  2010_01060001.JPGもうひとつ、現実社会のことばかりに 目を向けると、必ずイキズマル・・ そこで 宇宙ね、 なんせ、オイラ 星☆が好きだしね。言ったよね・・

  宇宙のことって考えると楽しいでしょう? 『宇宙の果てはどうなっているのか?』とか『宇宙の色は ベージュ色だったって本当?』 とか『 地球最後のシナリオは?』とか、なんだか、ドキドキしてくるでしょう? ここでは

  2010_01060005.JPG  Don’t Think  は なしね!!

もともと オイラは 無神論者だけれども、 宇宙エネルギーの神秘は 絶対的に存在するって 信念があるんだ。

 だからさ、宇宙と仲良くして、いたいんだよ。  そのためには 宇宙さんのこと よく 知っておかないとね(^_-)-☆

2010_01060006.JPG 写真はね、 順に アンドロメダ銀河、ハップル・ウルトラ・ディープ・フイールド、  アームストロング船長達,  火星、 観測機が写した火星の表面  そして ラストが 以前紹介したナポリさんの画だよ。

  宇宙って、凄く夢があるでしょう? それに 宇宙に目を向けると 現実の問題が いやに チッポケに見えて ばかばかしくなっちゃうんだよ。 

 2010_01060003.JPG宇宙物理学といえば 世界で一番頭のいい人がやる世界だから、 到底、オイラには理解不能なとが、多いけど、 楽しいよね^^@  宇宙のことを Think するって^^

 アインシュタイン博士とか ホーキング博士の領域だからね・・ ちょっと 交ぜてもらえるだけ2010_01060002.JPGで 充分だよ。

  ちなみに” 宇宙の果てを目指して「まっすぐ」に進んで行った宇宙船は どこに行くか?わかる?”

  2009_12260014.JPG答えは” いつの間にか 元の場所に 戻ってきてしまう”・・ということらしい??

理由は 「空間が曲がっているから」だってxxx   だから「 宇宙の果ては我々のすぐ傍にある」という、言い方をするんだって・・・  うーーん なんのこっちゃ。

 これじゃあ、インプラントのハードなケースのオペの方が よっぽど簡単だよ^^

 

 

「  虎と宇宙」へのコメント

今年の目標、すごいね! DON’T IT,THINK! ちょっと待て、熟考してからやろうよ! じゃないんだ、空腹のトラはこれじゃ飢え死にしてしまうものね。パーマン先生は、何時も空腹のトラなんだよ。限りの無い夢を実現しようと追っかけているんだもの。
宇宙は、不思議な世界なんだよ 算数で平行線は交わらないと叩き込まれたけれど 何処まで行っても交わらない2本の線を平行線というんだが宇宙レベルではそんなもの存在しないんだよ。 磁場や引力があって歪があるからね。
学校で教え込まれたことは、今の時代では うそばっかり! 仮説で現実を説明し説明が出来れば真理にしてしまっているけど、それでは説明が出来ない事が次から次にみつかてくるのさ  それが、現実! この辺をバランスよく思考していかないと、何事も出来ないよ。
パーマン先生 夢の実現のデッサンを少しづつ見せてよ。
SSDの構想をデッサンし受け付けあたりに張り出してよ!
完成図何んかは、見たくないんだ。 夢でなくなるから。

コメントを残す