『海の神殿』ってタイトルがイイ!【オイラブログ】

『海の神殿』ってタイトルがイイ!

「海」「宇宙」題材にSAKAE BLUEを吹き込むのがSAKAE• Tさんのミッションのように思えてならないよ。

「blue」の原義はフランス語の[bleu]で元々「輝く」の意味だもんね。

今回の新作でも後方から絶妙に灯りを差し込んでブルーを淡くミステリアスにしている!

蒼って絵画の歴史の中でも特別な存在なんだよ。

青の絵画というとフェルメール・ブルーを思い起こす方も多いと思うんだけれどさぁ、

オイラの好みはゴッホのブルーさ

ゴッホの強烈な色彩と大胆な筆触がSAKAEさんに通じるものがあるって云うのがオイラのインスピレーションね(๑>◡<๑)

ここに自然体があるもん。

ひとつのことに囚われ思いに沈んでいる人を見るとさぁ、その人がいかにも重たいものを抱えているように感じるよ。

「思い」と言うものは反芻して深めていくと錘(おもり)がついたように心の底に沈んでいく。

オイラは思いを持つ時、

なるべく軽くもつようにしているよ。

それは「ふと思う」と言う感覚ね。

その思いは瞬時に現れ、次の瞬間にはスッと消える。

決して心の澱(おり)になることはない。軽みのある思い。

自然体ってさーそれを積み重ねて生きることじゃん( ◠‿◠ )。

SAKAEさんの作品もそんな「ふとした思い」からの連鎖であるかのように・・秋桜が風と戯れる。

「『海の神殿』ってタイトルがイイ!」へのコメント

SAKAEさんの作品もそんな「ふとした思い」からの連鎖であるかのように・・

なーるほど
「思い」と言うものは反芻して深めていくと錘(おもり)がついたように心の底に沈んでいく。

SY牧場のゆーこです。 日展SAKAEさんの記事がないと 年越しできませんよね!

ゴッホの強烈な色彩と大胆な筆触がSAKAEさんに通じるものがある:::そういわれるとそうかも(#^^#)

「思い」と言うものは反芻して深めていくと錘(おもり)がついたように心の底に沈んでいく。
これわかります。

SYのさゆりです。サカエさん登場嬉しいです。温かみの蒼がとても好きですから。

丸と角のバランスが良く作品に取り入れられ、心地よいバランスを生んでいますね。

「海」「宇宙」題材ににSAKAE BLUEを吹き込むのがSAKAE• Tさんのミッション

本当にそうなら、素敵すぎです。

フェルトですか・ アイデアが面白いです。なにかひとつものたりないように設定されている気がします。それが、気になってまた見てしまう、不思議なモニュメント。

自然体ってさーそれを積み重ねて生きること
 作品を制作することがすでに自然体のSAKAEさんですね。

背景が白であることも計算して創られているところはさすが常連といったところです。

「blue」の原義はフランス語の[bleu]で元々「輝く」の意味だもんね。
  うふふ さすが仏検2級ですよー。

暗闇、暗黒での、ろうそくとの組み合わせもいいせんいきそう;;どうですか?

次回は「ブラックホール」をテーマに作品を作ってくれたらいいな。こういう抽象的なものがどう表現されるのかなるのか見届けたいから。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください