ボディーボード実験【オイラブログ】

ボディーボード実験

ウイングフォイル上級者ボードの修練が始まったばかりのオイラなんだけれど、その上の最終形、

「超上級者ボード」にも興味が湧いてきちゃったんだよな。

これは、基本海水下40センチほど沈むボードで(今使っている上級者用は10センチ沈む程度)浮力が本当に無い。

スピードがつけば浮いてくるってやつね。

そこでその練習だと思ってキャストのハナコに、ボディボードを借りたんだ。

その上にスタンドアップしてやろうって作戦さ。それができれば、また違った光景が映し出されるんじゃあないのかって想像してね!

到底、ボディボードの上に立ってられるもんじゃあないんだけれど、感覚は掴めたんだ。

そこでそのまま師匠に頼んで、超上級者用のボードを借りたってわけ。

このオレンジのボードがそうだよ。もう本当にめっちゃ軽い。

この日はオイラの上級者用ボードにスッテッカーを貼りまくったので気分は上々!

英雄視しているカイ・レニー仕様にしたもんねー。

それを見た師匠が、まさにカイ・レニーが初めて使用した当時のお宝フォイルを持ってきてくれて、オイラのボードの横にそっと添えてくれたぜー。

うーニクイネーー(^ ^)で!

やっぱり実践は本物でやるに限るよ、見えないところが見えてくるもの。

心配性で、未来にいつも漠然とした不安を感じている、何やってるのさ・・

根拠はいらない、未来は薔薇色だと決めちゃえって!!

「ボディーボード実験」へのコメント

心配性で、未来にいつも漠然とした不安を感じている、何やってるのさ・・

根拠はいらない、未来は薔薇色だと決めちゃえって!!

また違った光景が映し出されるんじゃあないのか
また違った光景が映し出されるんじゃあないのか
また違った光景が映し出されるんじゃあないのか

やってるペースが急加速じゃあないですか。おなじまりんすぽーつをするものとしてその感覚は理解できる。そこからがはやい。

いわゆる沈むボード、ローボリュームのボード。
サーフィンのプローンと同じ意味合い。

根拠はいらない、未来は薔薇色だと決めちゃえ!
 そうなんだ、根拠を求めるからおかしなことになってくる。

SY牧場のゆーこです。連休は長野に行っています。ひさびさにいのちの洗濯って感じで今からテンション上がってます。というわけで、眼が冴えちゃってます。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください