蒼い羽の世界へ【オイラブログ】

蒼い羽の世界へ

そこには神変不思議な世界が、空間を支配していた。

エニグマティック、ファンタスティック、ミスティック、横文字で綴ったほうが雰囲気的にはあっている気がする。

コロナ時代の象徴でイベント関係総崩れの中にあって、クライアントのSakaeさんは無敵に活躍中!

今回もTobi(東京都立美術館)での工芸展のチケットを手渡されたので、

東京ついでに寄らせてもらったっす。

驚いたのは、上野駅公園口がいつの間にか快適にリニューアルされてたってことね。 

もっと驚いたのが、Sakaeさん何も言わなかったけれど、現代工芸本会員賞受賞してんじゃん^ – ^

堂々と展示されてたぜー! 

タイトルは『蒼羽』・・伝家の宝刀のSakaeブルーを前面に出した、UFOの母船を思わせる作品だよ。

写真からも、浮いてくる感じって伝わってくるでしょー。

四方八メートルくらいは、宇宙空間に変動していたよ、これ確かだよ。

Sakaeさんの状況関係なく、とにかく前に進む姿勢は圧巻だよ。

一切怯まないもんなぁ。

「そのうちやる」という名の道を歩いていけば「何もしない」という名札の掛かった家に、行き着くことになる。

人間なんてさ、明日くたばるかもしれない、

だから

今すぐ振り絞る。

振り向かずにいくのさ、

シャツの裾、はためかせて進め、

大丈夫、皆それぞれ、自分だけのの魔法の羽

蒼い羽大きく広げて・・・。

 心は一人ひとり違うでしょう。

その意味では、人はいつも空間の中に「ひとり」なんだよね。

「蒼い羽の世界へ」へのコメント

SY牧場のゆーこです。サカエさん、作品の本質が響きますよ。 懐かしささえ覚える作品、

現代工芸本会員賞受賞 よくわかんないけど
 おめでとうございます!^^””

自分も工芸やってる 美大生です。
 現代工芸展はまずは、目標です。
 頑張ります。

オイブロを通してしか Sakaeさんのことを知りませんが、 楽しませてもらってます。

「そのうちやる」という名の道を歩いていけば「何もしない」という名札の掛かった家に、行き着くことになる。  感じます。

人間なんてさ、明日くたばるかもしれない、
だから今すぐ振り絞る。人間なんてさ、明日くたばるかもしれない、だから今すぐ振り絞る。人間なんてさ、明日くたばるかもしれない、
だから今すぐ振り絞る。

才能があって羨ましいです。私も絵画やってます。
落ち込むことが多くて・・。。。。 

ぼくも オイブロでの 鮮やかなブルーの作品楽しみにしています。 創作って愉快だし癒されると思う。

さかえさんの作品は一貫性があって、とても親しみがありますよ。これからも心に寄ってくる作品、楽しみ。

そうですね、池江さんとか松山さんとかサカエサンとか見ていると 自分も、って気になります。

おやすみなさい。 緊急事態宣言はもういいです。
  はやく こんな企画沢山やってほしい。
そのほうが免疫力尽きますって!

コメントを残す

CAPTCHA