デビルマン ふたたび【オイラブログ】

デビルマン ふたたび

なんども云うけれど、あくまでも原作版のデビルマンね!

 TVバージョンのは酷すぎる、原作と全く違うおこちゃまバージョンじゃん。こっちは、全く興味なし。

原作版をアニメにした特別ブルーレイバージョンは、天に突き抜ける優秀さだよ。

オイラの部屋には、様々なタイプのデビルマンで賑わっているよ。

地震が震度4以上になると、落下して来るのが玉に瑕なんだけれどさぁ・・悲しい残酷性、暴力と挫折、盲目の救世主、惑溺と陥没、テーマは尽きない。

デビルマンに囲まれていると、不思議なパワー、精神力を得られるんだ。

ホントダヨ!

人間って、恩を忘れるものなんだ。が、それだけではないんだ。屈辱も忘れてしまう。

恩人を忘れ、恥辱を与えられた憎むべき相手も忘れてしまうんだ。ただひたすら恩を報じること、仇を報じることは結構難しいんだ。報恩も報復もなかなかt徹底できるもんじゃあないんだよね。 

デビルマンはそこんとこ、集中的に徹底しているよ。 

人は、悲しみに理由があることを望む。

だが、どれほどこじつけてみたところで、その元は欲得と虚栄に過ぎないことが多いんだよ・・・・・・・・・・

流行は好みを作り出す、

でも同様に流行が正義まで作り出すって、飛躍しすぎなんじゃない。

「デビルマン ふたたび」へのコメント

本当に大好きなんですね、デビルマン(原作に限る)ネタ猛何度となく オイブロにとうじょうしている。

人は、悲しみに理由があることを望む。

だが、どれほどこじつけてみたところで、その元は欲得と虚栄に過ぎないことが多い

悲しい残酷性、暴力と挫折、盲目の救世主、惑溺と陥没
悲しい残酷性、暴力と挫折、盲目の救世主、惑溺と陥没
悲しい残酷性、暴力と挫折、盲目の救世主、惑溺と陥没

原作 読んだことも観たこともないけれど
 オイブロ読んでいると
必須課題のように思える。

コメントを残す

CAPTCHA