オイラは魔女好き【オイラブログ】

オイラは魔女好き

魔女って大好きなんだ、

あのホウキで空を飛ぶ「絵図」がスペシャルに好きなんだよねー。

特に10歳ぐらいの時って空を飛びたくて仕方がなかったもん

魔女って言えばジブリ作品の『魔女の宅急便』だよね、ジブリ作品もほぼ全部見ているけれど、

何と言っても魔女宅が永遠のナンバーワンだ。

魔女さんのぬいぐるみもオイラの書斎に君臨してるデー。

ところで『魔女の宅急便』って実写版のあるの知ってる?^ – ^ 余りヒットしてないから結構知られていないんだよね。

ジブリ作品とはまた違う良さがあって、まあまあってところかな。

いちおー 魔女宅研究家としては、これもオサエトカントネ。

でも実際のところ、ジブリ作品の方が天壌無窮(てんじょうむきゅう)の祈りがあって深いけれどね。

ヒトは悲しみに理由があることを望む。
でもどれほどこじつけてみたところで、その元は欲得と虚栄に過ぎないことが多いんだ。

主人公のキキは迷う。でもそれは当たり前のことだよね。

希望と恐れが切り離されることは決してないんだ。恐れがなければ希望もなく、希望がなければ恐れもない。

しかし希望は嘘をつく。

これもまた確かだよ。しかもずいぶん巧みに嘘をつくんだぜ。

「オイラは魔女好き」へのコメント

しかし希望は嘘をつく。
これもまた確かだよ。しかもずいぶん巧みに嘘をつくんだぜ。

うーん、考えさせられる、

いったい 好きなもの いくつあるんですか?
 とめどもなく出てきて、終わりがないような・・

オヤスミナサイ
実写版、私観ましたよ。TSUTAYAで借りてみました。
アニメの方が上ですね。

おやすみなさい。 魔女人形かわいいですね。
ちなみに わたしは もののけ姫が 好きですよ。

ヒトは悲しみに理由があることを望む。
でもどれほどこじつけてみたところで、その元は欲得と虚栄に過ぎないことが多い。
ヒトは悲しみに理由があることを望む。
でもどれほどこじつけてみたところで、その元は欲得と虚栄に過ぎないことが多い。
ヒトは悲しみに理由があることを望む。
でもどれほどこじつけてみたところで、その元は欲得と虚栄に過ぎないことが多い。

沖縄からです。読谷村より。
いつも楽しく 前向きになれる筆運び
とても楽しみにしています。

コメントを残す

CAPTCHA