院長ブログ 2011年5月

手作り


P1040353.JPGいきなりだけど "手作り"って、いいよね! 
         オイラね、手作りって大好きなんだ・・・
オイラね、小さい頃から、「変わっている、変わっている・・」って大人達に、ホントによく言われてきよ。 
『他人と違うことをして、目立とうとするDNA』が、生まれつきあったみたいで、すぐ、調子に乗って、やり過ぎてしまう!!
小学校の時なんて、今でも覚えているくらい、オフクロが、
                      しょっちゅう職員室に呼ばれていたよ。 
  
P1040354.JPG
 今日ね、小学校の時の同級生のお母さんがクライアントとして来院したんだ。  初めて来院のお母さんね・・
そうしたら、小学校2年のときの、授業参観の話をするんだよ。そのときの事が、何十年も忘れられないんだってさ・・・

なんでも算数の時間に、オイラが、先生に指してもらいたい為に、机の上に上がって、おしりをフリフリして、猛アピールしたらしんだ。
image-10.jpeg
 
むろんオイラには、そんなの記憶はないんだけどね、 
しかたなく、オイラを指した先生は、「じゃあ きどくん」ッテ、感じだったらしいんだよ。 
  そうしたら、オイラはロボットの動きを真似して黒板まで移動して、答えを書いたらしい。 
image-8.jpegP1040358.JPG
それはそれで、かなりウケテイタらしんだけど、その答えが,
思いっきり間違っていたので、先生がのフォローが、また面白かったとかなんとか・・・・
 同級生のお母さんは、どうやらその話をしたくて来院したみたいな気がするんだよな・・
だって 歯科的主訴が、殆ど無いのだもの・・・・・
 TVでロボットを見てたら、オイラのことを、思い出したとのこと。 それで、「歯医者は大の苦手だけれども,勇気をもって来院した」ってことなんだよ。 なんなんだ????? 
P1040683.JPG
  まあ、理由はどうあれ、オイラでさえ全く記憶にない小二の時のことを,覚えていてくれるなんて、結構うれしいな(^o^)  
 
 オイラさ、小さいときから、この世で1つだけ・・っていうのにこだわりがあって、たぶん、授業参観の時も、そんな感覚でロボットの真似して黒板に向かっちゃったんだよな・・ アホまるだしだ・・
image-6.jpegIMGP1135.JPG
 話が、めちゃくちゃになってしまったけど 要するに、
「この世にひとつだけ→手作り」ってなるわけで、それで手作りのものが大好きなんだよ。
 この世に1つだけの、花や,食べ物なんかも,同じ流れで、好きだな・・
P1040029.JPG
  スティーブ・ジョッブスが言うように 他人の人生を生きても意味がない、
    オイラの人生を、生きなくては・・ って思っているし・・
  
 他の人が出来ることならオイラがやらなくても良いわけで、
 存在意義無しになってしまうものね・・
  
        オンリーワン思考なので、友人も変なやつが多いよ・・(^_^)v
P1040364.JPG

クライアントさんからも、手作りのもの、この世でただひとつみたいなものをいただく機会がある。
 
身につけたり、目の届くところに置いておくと、
グーーンと運気上昇していくんだよ。 
この場をかりて 改めて 
      『ありがとうございます(^^)/』
image-7.jpeg
   
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

お気に入りのもの(^o^)

  今日は最近、出逢ったお気に入りのモノを紹介するよ! 

          それはこのグラス!!
 ガラス造形作家の西中千人(ニシナカ・ユキト)さんの作品だ。
P1040324.JPG
 
P1040330.JPG
 オイラね、コーヒー党で、毎日、数杯飲んでいるんだけど、
それをこれで味わっているんだ。アイスコーヒーね!
 「いいんだよねー・・」「うん、かなり いいね!」
 実は今も、このグラス片手に綴っているんだよ^^"

 西中さんの作品は、実はオイラが発掘したわけではないんだ。
クライアントのS・Tさんの知り合いで、
P1040345.JPG
その関係でS・Tさんからいただいた。その2日後に西中さん
本人から手紙が来て、ビックリしたよ。
本人紹介のミニコミ新聞みたいなのも添えてあって、面白いんだよね!
 『皆様のもとへ 西中千人のガラス作品が "夢と光"をお届けします!』と言い切っているところがいいよ!・・
 ちょうど、政治家も評論家も、質問に対して、お茶を濁した、逃げの答弁ばっかりで、うんざりしてたんだ!(>_<) 

P1040326.JPG
一番、気に言っている点は、「飾り物」ではないというところね・・「目で、手で、口で、楽しめるんだ」・・・コップなんだから使ってなんぼ・・だもの。
  ここんとこを、忘れている造形作家のひとが多いって、日頃から感じてたんだよね。
 よく大皿とかも、飾る為だけに作られているけど、
「おいしい料理をのっけてもらってこそ、お皿に命が吹き込まれるのとちゃうんかー」と言うのが、オイラの持論なんだ。

 造って居る人が,どんな人か、わかるって、また楽しいよ。
 こんな風貌で、なかなかのイケメンなんだね・・薬科大卒業しているって言うから、異色の経歴の持ち主だ。
P1040331.JPGP1040334.JPG
 このクルマ、コルベットがよほどお気に入りらしく、20年愛用しているって、ミニコミ通信にデカデカと出ているんだよ。
P1040333.JPG
 






 この和服も本人の お気に入りらしい(^^)/

P1040347.JPG
 こだわってるねー、 こういう感覚,好みなんだ・・・
 
好きなモノは好きって 鮮やかにこだわれるってとっても、素敵だよ。嫌いなモノは嫌いでいいしね・・
  
それにしても、この ニシナカさんのグラス持ちやすいな〜〜〜
P1040352.JPG
 この間、「へっころ谷」で、食べた金子さんの高座豚もおいしかったけど、
生産者の顔が見えるって、いいよね! 
     その人のことをもっと知りたくなるし、なんたって、幸せな気分になるよ。
P1040342.JPG
   

オイラも きどちゃんのインプラントと言われるように
 日々是精進・・  日々是決戦・・・・だ!
 
 
P1040340.JPG
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

サイクリング・ミーティング

P1040305.JPG 『サイクリング・ミーティング』???   これって、

何かと言うと、サイクリングしながら戦略会議(^_^)vをすることなんだ。 
カートン、リッツ両クリニックとも、キャストの移動が有るため、オイラとリッツのシゲミツくんの二人で、企画したんだ。今回で2回目!!
  机に座って、話すより,サイクルロードを夜風を浴びながら、話す方が、良いアイデアでるんだよね!
 『カラダを,動かしながら考え事を、するほうが、良いアイデアが浮かぶ』って
P1040298.JPG
利根川さんというノーベル賞もらった人が、昔ラジオで言っていて,それ以来、
『そう言うモノなのか・・』と、オイラは思い込んでいるんだ。 
  でも、ホント、これって、なかなかグッドだよ!  
  自転車は、以前もブログアップした、『トロール号』ね・・タイヤが小さくてなかなか進まないんだよ・・ 
一方、シゲミツくんの、自転車は、これもまたコダワリがあるらしく、ネットで探し出したという一品。
 とにかく頑丈なやつで、新聞配達とかで使うやつらしいよ。
      バイクで言うと「スーパーカブ」みたいなもんなんだな・・うん納得。
P1040301.JPG
  そんなわけで 2つの自転車を並べてみても、わかるように性能にずいぶん差が出るんだよね。 シゲミツ車がゆっくり1回転する間に、オイラはその8倍くらいは回転させないと同じレヴェルにならないから、まさにアヒルの足状態なんだよな〜〜
 
すれ違う人に、『あ! かわいい〜』 って言われて、初めはいい気でいたんだけど、
アマリにも過酷な、「高頻度自転車こぎまくり回数」によって、へとへとね・・
P1040318.JPG
 それでも、ミーティング自体は、効率よくて、オイラ的には、
『サイクリング・ミーティング』は 「ナイス・アイデア」だと結論      づけているんだ。 
P1040317.JPG
  1時間ほどして、昔から気になっていたけれど、入ったことのない「ほうとうの店」『へっころ谷』に入ったよ。
有機野菜の店として有名なのは知っていたんだけど、古民家そのもので なんとなく入りにくいんだ。
今回は勇気を出して(^_^)vインだ。
  それがね、入ってみたら,大正解!!! 
                    健康食がとってもおいしい!!
 意外にも お客さんは,若い女性客や,カップルが多いんだよね。
 
P1040315.JPG
 店の雰囲気もなかなかいいぞー・・
     おや〜 以前オイラブログでも取り上げた、
「奇跡のりんご」の本なんか置いてあるじゃあない・・
        急に親近感(^o^)・・
  けんちゃんと言われる、マスターと、店のもともとのお客さんだったバイトの女の子が2人いて、明るい雰囲気で、シゲミツくんも、すっかり気に入ってしまったようだ。
 
P1040319.JPG
 しかも、時々 バンドを入れてライブをするらしい。 そんな雰囲気にみえないけど、BOSEのスピーカーが確かにあるなー!
 なかなか面白そうだ。 
 自然酒 へっころ谷 と言うのがとても 旨くて3杯おかわりしたよ。 ほうとうは、 久々に食べた。 10年くらい前に 山梨に行ったときに食べたのが最後だもんなー・・     ここの「ほうとう ほんとうに うまいや・・」
            自転車で足は ガクガクしてたけど、気分はホイホイさ
                 こんな 夜も ありました・・  (^^;)
  
  

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

ある画家のはなし

NO.2.jpg今週,月曜日の産経新聞のコラムに、「ある画家のはなし」が載っていて、オイラの興味をそそったんだ。 

好きな話だ・・・・
「奇跡の画家」と呼ばれる神戸市に住む石井一男、現在67歳。

ギャラリー島田のオーナー島田誠のところに、電話がかかってきた。
  (島田さんの言葉の抜粋)
受話器のむこうで、内気な声が必死に訴えるようにしゃべっている。「突然、電話をしてすいません。おたくのギャラリーは、時々拝見させていただいてますけど、先日「ギャラリーインフォメーション」を読ませて頂いて、信濃デッサン館への旅に感激しました。こんな文を書く方なら、私のことをわかってくれるのかと思いまして・・・・」時々胸の病気を想像させるような咳をまじえながら、彼は延々と喋り続けた。「石井一男、49歳。独身。年老いた母親しか身寄りがなくて、内気な性格で、友人も
NO.3.jpg
いない。夕刊を駅へ届けるアルバイトを続けながらただひたすら絵を描いている。でも体調も悪いし、あまり先がない予感もする。絵を見ていただくだけでよいから」

こうした仕事を続けていると、作品を見せてほしいという話は、しょっちゅうある。それにしても、誰にも習ったこともなく、発表したこともない、ど素人さんでは仕方ないではないか。せめて元気づけてあげるくらいしか、ぼくにできる役はない。そして、その話は忘れてしまった。
数日して、画廊に、白いシャツに紺のズボンをはいたこざっぱりした格好で、キャリーに絵をくくり付けた、顔色の悪い男が現れて「石井です。」と名を告げた。緊張して硬くなり、余計に変に咳き込む彼を促して、ケース一杯に詰められた100点近いグワッシュ(水
NO.11.jpg
彩絵の具の一種)を、時間がかかるな、と溜め息をつきながら手に取る。2枚3枚、と繰って行くうちに、今度はこちらが息を呑む番だった。これは素人の手遊びとはとても言えない。どれも3号くらいの婦人の顔を描いた小品だけど、孤独な魂が白い紙を丹念に塗り込めて行った息使いまで聞こえてきそうだ。どの作品もが、巧拙を超越したところでの純なもの、聖なるものに到達している。思わず「なかなかいいですね。」とつぶやいてしまう。本当は「すごいですね」と言ってあげたかったのだけど、何しろ世間から隔絶されていきているようにしか見えない石井さんに、急激なショックを与えてはいけない。
 
             素敵な エピソードだね・・・・・・
megami1.jpg
 ギャラリー島田で、個展を開いたところ 全作品があっという間に売れてしまったんだって!!
 女神像のシリーズは、今も問い合わせが 後を絶たないほどの、人気らしい。
石井さんの作品を買っていく人は、通常の買い手とは、かなり違っているとのこと。
 アート作品の購入は、好きだからという理由に加え、将来の値上がりを見越してなされる。

しかし、石井さんの作品を求める人の殆どが、「自分を守ってくれるようで・・」
「心に清流を流したい・・」と、自分自身の為に買っていく。
  また、「小児がんの娘の病床に掲げたい」といって買っていく。
  
 
NO.13.jpg
 本来、芸術ってこういうものなもではないのかな・・って心が痛くなるよ。
 売れっ子になったいまも、まったく生活自体は変わっていない。 棟割長屋の2階に、一人で住み、何の野心もなく ひたすらに ただひたすらに 描き続けて居る。
2010_0117.jpg
 
  
     『凄いな・・』ッテ思ったよ オイラさ・・ 
   
douke.jpg
 どこでも、生きていける、
どんな状況でも自分の信念に従って 
自然体で生きている。 
 
 島田さんも、いい目もっているよな・・
    目利きとは、このことだよね・・素敵な目なんだろうな

停電や、放射能で一喜一憂しているオイラ自身が 
    恥ずかしくなっちゃったよ!
  
  オイラも 好きな画風だ・・・・・
      
hana.jpg
 
  

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

NO LIMIT

P1040286.JPG 土曜の夜は、親友の塚ちゃんと、OK牧場ミーティングだったんだ。例によって、丸ビルね・・

テーマは、「震災後の歯科医療」ってところかな・・極端に震災前と、変わるところも無いのだけれど、
やはり同じではダメなんだ。
電気エネルギー、ひとつとっても、今の歯科医療は、電気がなければ、両手両足をもがれたに等しいもの。 『何が今、オイラ達に求められているのか???』       など白熱したよ(^_^)v  東北の酒呑みながら・・・
  
                                              塚ちゃんに、本二冊と、永ちゃんペンをもらったよ。
P1040287.JPG

 塚チャンとは、感性が似ているので、『これ、イイよ!』って言うものは、間違いなく,オイラにもいいんだよな。
 
一冊は、永ちゃんものね、インタビュー形式の優れもの。
矢沢節が炸裂していて、小気味いいよ(^^)/ 例えばねこんな感じ、
『リスクがなんぼのもんよ。っておもいません? "リスクっ                             て何よそれ」って感じで』
 
P1040290.JPG
「他の人はそう思うんじゃなんですか」
 
『いや、僕にだってリスクはリスクでありますよ。でも "リスクだからどうしたのよ"って考え方があってもいいじゃあないですか? ぶっちゃけて言えばアナタ、死んだらあの世へ持って行けないんだから。 でしょう? 死んでアナタ、オレの大好きなガットギターも、ビートルズのレコードも持って行けない。だったらさ、 "売れる,売れない? 知らねぇよ。やちゃおう" ですかね。』
 なんてこんな感じなんだよね。
P1040293.JPG
P1040289.JPG
もう、一冊は、今や、ジュンク堂や有隣堂に山積みにされている 極限に挑み続ける若き登山家・栗城史多の
    「NO LIMIT」      題名がいいよね!
  "限界がない"なんて、とても素敵な響きをもつ言葉だよ。
 本の最初に、
『みえない山に登っている すべての人たちへ』って 
         あるんだよ。
 うん、グッとくるな。
 冒険家の人の言うことにジット耳を傾けてしまう習性があるんだ、オイラね。
 これは、中学2年の時に植村直己という冒険家をすごく尊敬していて、ラジオ講演を聴いたり、むさぼるように、植村さんの書物を読み込んだ時期が有ったからだと思うんだ。
  
この本の中で、一番オイラに響いた言葉を、ここに載せて                                       おくよ!

   止まるから、
P1040294.JPG
               緊張する。
    
 緊張したら前に踏み出せ。
     
              考えている暇はない。

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

 5・11

 image-8.jpeg昨日は、クリニックの開業記念日なんだ。 

クライアントのみんなに支えられて、丸16年が、経ったよ。 
    
      「本当にありがとうですm(_ _)m」 

今日から17年目だよ。 なんだか、本当に早いね・・
                   とにかく前を、向いて歩いて行こう。
 オイラはパーマンの真似して空中に飛び立って、あっという間に墜落して以来、
image-12.jpeg
「後に下がるDNA」は、持ち合わせていないんだ。  だって、底まで落ちちゃったんだもの・・(T_T)  ドス〜〜ンとね・・・
 
image-3.jpeg
人が行動するチカラって2つあると感じているんだ。
 『愛』と『恐怖』の2つ。
『愛』の場合は "やりたい"という気持ちで行動する。
一方、『恐怖』の場合は "やらなければならない"という気持ちという気持ちに支配される。
image-13.jpeg
  
  
image-1.jpeg
シンプルに言うと、『愛』の場合は自由。 『恐怖』の強制。
 問題は、どちらのチカラで、いつも行動しているかってこだよね・・
  もちろん『愛』行動すれば、 "やりたい"と言う気持ちで行動しているわけだから、永続的で発展する。
   反対に『恐怖』で行動すれば、常に満たされない思いを
    抱え、最低限の努力しかせず、そして いつかは疲れてしまう・・・
 
image-5.jpeg
これは、人間関係、男女関係、ビジネス、仕事、全ての面に言える、スーパー定理だ。
 
 3・11以来 日本の状況は一変した。
 今日も福島第一の1号機が メルトダウン→チャイナシンドロームに向かっている状況であるかのような客観事実になってきているし、
(大丈夫です,って言っているけどね・・)
               これでは、とてもとても、
                     『恐怖』では乗り切れないよ。
 
   こんな話をキャスト達にしながら、お昼にminiパーティーをしたんだ。
image-11.jpeg
  
   
image-4.jpeg
 まあキャストのみんなも,クライアントさん達もみんな明るい        のでオイラも救われているよ・・(^_^)v

      さて 17年目も、張り切っていくどー!!
 
  




藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

リアル上海

 P1040193.JPG前回の「上海・裏の顔」の、ブログが好評だったので、もう一発お届けするね・・。まずこれなんだけどね、新聞が街中に掲示されているんだよね。けっこう所々に、あるんだよ。みんな食い入るように見てたよ。

 右下の写真は、疲れたら、誰でも、ここで仮眠をとっていいらしい、オイラも写真を撮っていたら、誘われたよ・・・(>_<) 
 冗談でしょ〜〜〜〜たすけてくれーーい・・・
P1040171.JPG
  


P1040088.JPGP1040087.JPG
これは公園の中の
運動器具・・
必ず集団で,何時に行っても運動しているんだよね。軍隊を見ているようだよ。
 とにかく
 「休み無く常に動き続けている」というの         が中国人のイメージだよ。 それと集団で行動する国民性・・
 オイラの同業者も発見したよ。
  
P1040236.JPGP1040196.JPG
青系の看板の方が一般の歯科で、赤系の看板の方が、美容歯科ということだった。
ちらっと中を見たけど、かなり古いユニットやインストルメントを使っていたよ。
職業柄、かなり近くまで行って、見学しようとしたら、完璧不審者に見られているようだったので、そそくさと、
                             ここを後にしたんだ。 
 こっちは内科のクリニックだよ。これで本当に治るのかな〜
P1040242.JPGP1040182.JPG上海で一番コワイのは、道路なんだ、一応、信号機は、
日本と同じようなのがあるのだけれど、半数ぐらいのクルマしか守ってないんだよ。 これは本当に恐ろしいことだったよ。横断歩道を、青信号で,歩いていても,当たり前のようにクルマが目の前を背後を通っていくんだよ。おいおいおい・・・・
  ヨウ先生にこの恐るべき事実を告げると、涼しい顔で
「中国では、クルマが一番偉い・・日本では歩行者の方が偉いと、聞いたことが有るけど、どうなの?」ときたもんだ。
P1040096.JPG
『日本では、ぶつかったら,必ずクルマの方が悪者にされますよ。』
 
「考えられないわ・・クルマは高価なモノ・・人の比ではないわ・・」

 とほほ・・・
  
P1040169.JPG
  まあ、どの国の考え方が正しいのかなんて、神のみぞ知るってことだもんね・・
 
先週末、高校の友人達と,野毛で呑んだんだ・・
 そのとき、上海の話をしたら、思いっきりビックリしていたよ。
上海は中国一の商業都市で、発展を続ける中国のシンボルみたいなものだから・・証券取引場も、中国には3つあるんだ。
     香港証券取引場、深セン証券取引場、そしてここ上海証券取引場だ。
 
 「ちょっと路地に入ると、こんなだよ・・」って話の方が、面白いらしくて、すっかり
                          オイラも酔っ払っっちゃたよ。 
P1040279.JPG
   うーーん、イイお酒だった・・友人ってありがたいな・・
  

 
 
  
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

上海 裏の顔

 P1040168.JPG実践的会話を特訓しようと、外に出ると、ビルの裏では、上海の裏の顔に出会うんだよ。

路上で、魚や、野菜、ザリガニなどが、当たり前に、売られて居るんだ。
  カエルも生きているのが、売っていたよ。こういう写真は、撮るのがとても大変。『買いもしないのにナンだー」と、捲し立てられ
P1040245.JPGP1040247.JPG
る。 生肉も、そこら中に売っているし、衛生状態も何も、あったものでは、無いよ。  この靴下みたいなのは、「モノがいいから是非買っていけ」と、脅かされたよ、20円くらいなんだけど、どう考えてもイラナイカラ、必死で断ったよ。(T_T)  
P1040092.JPG
 
P1040201.JPG
こちらは 自転車やさん、結構流行っていたよ。 中国は車社会になったけど、まだまだ自転車は多いんだ。日本では絶対乗れないような、ボロボロの自転車を,みんな意気揚々と乗っているんだよ。
中国の格差社会と言うのは、日本の比では無いよ。ヨウ先生に聞いたところによると、人民の95%は貧困層だという。上部5%がとてつもなく裕福なのでGDPが日本を抜いて,世界ナンバー2になったものの、オイラの目には、まだまだ,日本の方が遙かに裕福な国だと感じたよ。P1040181.JPGP1040184.JPG
ただ、『今のところ』と言う条件付きね・・。 とにかく、彼らは、『がむしゃらなんだもの・・』 あの勢いは,ホントに圧倒されるよ。
 これも、ヨウ先生から聞いたんだけど、中国人は、休むということを、悪だと思っているらしい。 社会人も、学生も、休日に休んでいるようでは。欧米・日本に追いつけ無い、"欧米の休日を大切にする姿"は,我々にとっては,チャンスなんだと、言うことだった。
  
P1040190.JPG
 横浜なんて、足裏マッサージやさんを発見したので、入ってみた。60分で360円。安いな〜。日本だと、最低6000円はかかるものな。  早速「横浜」というのは、オイラの住んでるところだと言うと、「日本人はすぐ、中国のマネするんだな・・」と言われて「えーっッ」と、思ったけど、言い返す,語学力が無くて、撃沈されたよ。
  ちなみに横浜は"ハービン"と発音していた。
  まったくストレス解放するために、マッサージ受けてるのに,カエッテ,ストレスたまっちゃたよ・・(>_<)  
  そこでリベンジで、中国軍の施設の中を、垣間見ようと、チャレンジ!!!
こういうことを平気でやろうとするのは、小学校の時のオイラと、今のオイラに差がないんだよな。 何度 痛い目にあったことか・・(-_-)
 
P1040249.JPG
この写真を撮ったことが、衛兵に見つかって、即尋問された・・あんなに、心臓破裂するかと思ったよ。 写真をその場で,消去させられた。本気で怒るんだもの・・拘束されちゃうかと思ったよ。 
  じゃあ、なんでこの写真があるのかって・・
  二枚撮って、一枚消去、これは、かろうじて、セーフと言うわけ・・
 ジャーナリストスピリットって感じかな・・(^_^)v
   

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

上海 表の顔

 P1040100.JPG上海外語大の語学特訓から昨日帰ってきたよ! 

2回目なので、正月に行った,1回目よりは、だいぶマシになったような・・?(^o^)! 
今回は、会話を実践するため、街にひとりでくりだして、冷や汗かきまくってきたよ。 
上海は,表の顔としての、「発展を続けるグローバル都市・上海」と、裏の顔の「困窮に苦しむ人民の生活」が混在しているんだ。 
オイラは、表の顔である、大学でのレッスンを受けて、裏の顔P1040209.JPG
である街中の路地裏で、会話実践するという「もくろみ」で今回、
上海に飛んだんだ。
GWなのに羽田空港(右写真)が、
P1040036.JPG
ガラガラに空いていてビックリしたよ。
羽田から上海までは、行きが2時間40分、
帰りが2時間15分なんだ。
けっこう近いでしょう・・!  沖縄行くより早い感じだもん。
 それに、チケットも,隣に乗り合わせた人
P1040276.JPG
の話だと、往復で5000円というのが有るらしいよ。まあ、実際飛行機も、フクシマの関係で、空席が目立っていたから、「空気を運ぶよりマシ」という,いつもの理論なんだろうな・・
ホテルはこのホテル「酒店」とは、中国語でホテルのことね、 
特にオイラが呑んだくれていた訳ではないよ・・(^^;)
P1040064.JPGP1040253.JPG
「飯店」もホテルのことで、「酒店」よりランクの上のホテルのことらしい。
リッツ・カールトンとか、ヒルトンとかは、「飯店」になるんだ。 
オイラの泊まったホテルで朝食付きで4300円だったよ。
  それと、国際空港は上海市だけで2つあるんだ。
P1040263.JPGP1040205.JPG
 さて、今回の先生は ヨウ先生。
       初めは男かと思ったぜー! 
マンツーマンレッスンだから、どの先生も、みんな厳しいんだけど、ヨウ先生は特に発音に厳しく、何度も何度もリピートさせられたよ。 
しかも、得意なレッスンが「聞き取りのレッスン」 
ヨウ先生がしゃべったことを 
『何も見ないで聞き取りその内容について要約せよ』って言うんだよね・・ わからないよ〜も〜マイッタマイタ・・
 ちなみにレッスン料は一時間1400円だったよ。  
ヨウ先生は中国語しか話せないので、ジェスチャーと、作図でコミュニケーションしてたんだ。
P1040235.JPG
 わりと通じるもんなんだよねー!  
大学内では、オイラがリーベンレン(日本人)で、中国語が出来ないのを承知で、ゆっくり対応してくれるから、ある程度コミュニケーション出来るんだ。
 でも、これって、本当の姿では無いよね、
街中で、なんのアドバンテージもなく通じなければ意味がないモノ。  よく日本でみっちり勉強して行って、現地に乗り込んだら,全く通用シナイって言うパターンを耳にするんだ・ これだけは避けたいからな・・・・
P1040232.JPG
 
P1040230.JPG
 大学には魯迅公園(文豪の魯迅の記念公園)を通り抜けて行くんだけど、
取り敢えず話しかけてもらえる様に、
オイラ得意のヒーリーズ(スニカーにローラーがついているやつ(^^)/)履いて通学したよ。
 かなり年配の女性が3人ほど
                 不思議がって、話かけてきてくれた・・
                      
                  作戦成功!!!(^_^)v
P1040139.JPG
   
 
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ