ささやかなこの人生【オイラブログ】

ささやかなこの人生

この曲にどれだけ助けられてきたか、もう途方もないよ。

『風』の曲だよ、風(かぜ)はフォークグループ “かぐや姫” に在籍していた伊勢正三と、同じくフォークグループ “猫” を離脱した大久保一久の二人で結成したフォークデュオ。

1975年に「22才の別れ」をリリースしセンセーショナルなデビューを果たした。

翌月の3月にはオリコンチャート4週連続1位を記録、71万枚を超えるセールス(累計売上100万枚超)で大ヒット曲となったんだよ。

伊勢正三はしょーやんって愛称で今でも聴いていて心地の良い風が吹くもん。

最近、風系のマインスポーツをしているので、「風」と言う文字にものすごーい憧憬と愛情を注ぐオイラなので久しぶりにCD取り寄せてみたんだ。

健在健在!

「ささやかなこの人生を喜びとか悲しみとかの言葉で決めてほしくはない」と言うフレーズがとても入ってきて、

ガキの頃から「ちっぽけな存在だからといって大人たちよ、ひとくくりにするんじゃあねー」って反発してたもんなぁ・・

そして「終わりのない物語を作れ」と言うところは今でもオイラの原点中の原点だよ。

 

 

しょーやんの声が切なすぎて、

・・壊れそう。

「ささやかなこの人生」へのコメント

大好きな思いでいっぱいの曲で今朝 オイブロに取り上げられていてびっくり嬉しいです。

「ささやかなこの人生を喜びとか悲しみとかの言葉で決めてほしくはない」

終わりのない物語を作れ
終わりのない物語を作れ
終わりのない物語を作れ

SYのさゆりです。おはようございます、オイラは猛海かな? わたしも始発に向かって歩いています。

風もショーやんさんも知らないけれど、
「ちっぽけな存在だからといって大人たちよ、ひとくくりにするんじゃあねー」の一節は来る‼

コメントを残す