せいめいのれきし【オイラブログ】

せいめいのれきし

今日は絵本の紹介っつーね、まあ珍しいパターンっすね。「せいめいのれきし」だよ。 

たぶんオイラが4歳くらいの頃よくおふくろに読み聞かされていて、その後も自分で何百回も読んだと思う絵本だよ。

たまたま、現代に合わせて、2015年に改訂版が出ていたって知ってね、思わずAmazonさ。

表題にあるように「地球上に生命が生まれてから今までの話」なんだ。

とにかく科学的だけれど、それでいて温かみにある優しいタッチの図柄が好きだったよ。

今読んでもGOOD。

改訂版というけれど、何処が改定されたかは全く分からないや。

まあ記憶なんてそんなものなのかな。 

やっぱりマンモスや恐竜が出てきたりするところが好きだったのだけれど、特に三葉虫出現の場面には、ワクワクしたもんなぁ。

絵本の記述に「三葉虫は、約1億年のあいだ、海底の王さまでした」ってあるんだけれど、すごく長くね〜っx

最後のページにはこう書いてあるんだよ。

さあ、このあとは、あなたのおはなしです。

主人公はあなたです。

ぶたいのよういは、できました。

時は、いま。

場所はあなたのいるところ。 いますぎていく、1秒1秒が、はてしない時のくさりの あたらしい わ なのです。

「せいめいのれきし」へのコメント

地球のでき方 宇宙のでき方
前澤さんが宇宙に行って 興味が湧いてきているところです。

いますぎていく、1秒1秒が、はてしない時のくさりの あたらしい わ なのです。、、、、、、、

江原から連絡きました。 三田駅周辺で探して連絡します。藤田教授も来られるそうです。

こう言う科学絵本は、かなり優れたものが多いと思う。難しいことを優しく説明するって大変な下地がいるから。

X3 へ返信する コメントをキャンセル