デヴィッド・ボウイ 哀愁【オイラブログ】

デヴィッド・ボウイ 哀愁

ロッド・スチュワートを聴きすぎたので、

今度は同じくモッズ系ミュージックの流れを汲むUKミュージックのデヴィッド・ボウイをセコハンで手に入れたっす!

これも2枚組で800円ほど・・豊かな時代になったもんだ。

クルマで聴くのにiPodからブルートウースでみたいなのが、どうにも性に合わないので、

毎回CDを入れてるよ。

実はCDも本当は嫌で、レコードの感覚が懐かしいのさ。あの針を落とすときのドキドキ感って、ほんと言い表せないもんね。

まあクルマの中でレコードでもないもんだし、今更カセットテープってわけにもいかないから、CDで手を打っときまひょー。

デヴィット・ボウイは本当に哀愁があるね。ロッドとはまた違った良さがある。哀愁が哀愁が・・・

好みでは、ロッドだけれど、デヴィットもクルネーー! 

彼は、徹底的にセルフイメージを高めてきた。その方法を、

ちょっと羅列しておくネ!

①自分自身が、傷ついていると認めない限り、誰も自分を傷つける事はできないことに気づく。

②化粧やドレスアップをして外見を良くする。

③楽天的で熱意を持っている人と付き合う。

④努力して、できることなら外見を好ましいものに変える。

⑤人前で話すことを求められる組織に入る。

デヴィット・ボウイは結構②④を重要視しているんだよね。

確かに、自分の好きな洋服を着たり、好きなものを身につけだけでも気分は変わるよね。

いうことで、オイラも落ち込んだときにこそ、

オイラの好みのアイテムに囲まれるようにしているんだぁ。

「デヴィッド・ボウイ 哀愁」へのコメント

ということで、オイラも落ち込んだときにこそ、
オイラの好みのアイテムに囲まれるようにしているんだ。
時々写るオイラの部屋を見ればわかります

②化粧やドレスアップをして外見を良くする。

オイラがこの意見を支持するって意外ですが やはり外見も重要ですよね。

自民党そうさいせのオイラの推しはだれですか。
 ボクは 河野太郎が面白いと思ってます。
 

レコードの感覚が懐かしいのはよくわかる
 ジャズバーの良き次官がよみがえる。

SS へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA