ゲームの達人【オイラブログ】

ゲームの達人

実用書は次々ランダムに新刊を読んでいくんだけれど、小説に関しては、気に入ったものを何度も読み返す習性のあるのがオイラでやんす。

夏になると読み返したくなるのがシドニーシェルダンだよ。

このユダヤ系米国作家の本は、オイラが学生の時に飛ぶように売れたもの。

電車の中吊りに大々的に宣伝して、品がないなーって、初めは思ったんだけれど、「ゲームの達人」を読んだら最後、もう止まらなかった。

基本ほぼ全ての作品を読んだと思うよ。すごいアップテンポで何度も何度もどんでん返しが来るんだ。

「これがベストセラー作家の手法かー!?」って妙に感激しちゃったもんだよ。

この夏、久々に「ゲームの達人」を読み返したんだけれど、やっぱり、凄いや。

展開がわかっていても、ハラハラしちゃうもんなぁ。

超訳という独特の翻訳もかなり優秀で、ニクイニクイ( ^ω^ )

個人的には「明日があるなら」がかなり好きだよ。

完全に売れ線狙ったヒットメーカーって分かっていても、どうにもこうにも、面白いんだからしゃーないわなー。

シンプルに、信じるものは救われるってことさ。

だって救われたくて信じているんだもん。

反面、考えるものは決して救われないよ。

そうだ、救われねー! 

だって、

救われるとはどういうことかと、考えちゃていtるんだもん、ダメだこりゃ””

「ゲームの達人」へのコメント

救われるとはどういうことかと、考えちゃているんだもん、 ナールほど!

だって救われたくて信じている
だって救われたくて信じている
だって救われたくて信じている

シドニーシェルダンってまだご健在ですか?
 わたしも久々に手に取ってみたくなりました。
オイブロ読んでいたら・・・

シドニーシェルダンといったら、アップテンポ・どんでん返しの代名詞だ。

おはようございます。パラリンピックも始まりました。 どうなってしまうのでしょう。
 今の政府関係者の方々、決して「政治の達人」とは言えないです。

パラリンピックの開会式でオイラの推しの布袋さんのギター  決まってましたね!

おやすみなさい。 残業残業でテレワークも楽ではないです。メリハリがなくなって、わたしにはあわないですよ。

コメントを残す

CAPTCHA