はたらく細胞 スーパー学習アニメじゃん【オイラブログ】

はたらく細胞 スーパー学習アニメじゃん

ときどきHuluやamazonプライムで観ているのが、『はたらく細胞』なんだよね。

「人」の体内で年中無休で働いている数十兆個もの細胞(主に免疫系の諸細胞が中心)を擬人化しちゃってるストーリー。 

かなり出来がいいんだよね、 一話完結の展開がオイラ好みなのね。

すっかりお気に入り登録されちゃってるもん。

コロナ時代の今、医学系に関係ない職の人も、学生さまたちへも、オススメのスーパーアニメと言えちゃうぜー。

観ているだけで、自分の身体の機能をくまなく学べちゃうんだから、

今の時代って、恵まれすぎーー!(IKKOさん風に) 

 「自分の背中を掻くには自分の爪しかなく、自分を運ぶには自分の足しかない」のだから、

自分自身を細胞レヴェルで知っておくことは最重要なのさ。

「過去には帽子を脱いで敬意をを表し、未来には上着を脱いで立ちむかえ!」

だいたい、自分で自分のことを考えないで、他の誰が、考えてくれるというんだい!?

怠惰は、魅力的に見えるけれど、満足感を与えてくれるのは、はたらくこと。・・・・・・

だからこそ、「はたらく」「細胞」なんだよね。

アニメのキャラクターって主人公の赤血球を始めみな、底抜けに明るいんだよな。

陽気な心というのは、

まるで良薬のように、身体にいいんだ。

「はたらく細胞 スーパー学習アニメじゃん」へのコメント

 
「過去には帽子を脱いで敬意をを表し、未来には上着を脱いで立ちむかえ!」

おはよう御座います。赤血球さんのものがたりです。ぜひ、オイブロをきっかけに、他の方にも観て頂きたい良作だと思います。

ボーンマルシェ でオイブロ拝見中
 キリマンジェロが美味しく心地よい時間です。

おはようございます。フルーツを食べながらオイブロを読むのが私のルーチンなんですよ。

「自分の背中を掻くには自分の爪しかなく、自分を運ぶには自分の足しかない」
「自分の背中を掻くには自分の爪しかなく、自分を運ぶには自分の足しかない」
「自分の背中を掻くには自分の爪しかなく、自分を運ぶには自分の足しかない」

SY牧場のゆーこです。おはようございます。
 一見晴れでもいきなり豪雨、変な天気で、でもそれを楽しめるようになった。

コメントを残す

CAPTCHA