アステカ文明・狂【オイラブログ】

アステカ文明・狂

アステカ文明っていうのは、スペイン人渡来以前のメキシコでね、最後に現れた文明なのね!

この文明は、ピラミッド型神殿や絵文字が特徴ね。

どうやってそんなもん思いついたのかって、驚かされる文明だよ。

大胆さの中に、珍妙でカワイイところも見え隠れしているんだ。

高度な天文学を持っていて、暦石(カレンダーストーン)のサークルは古代文明の神秘を感じさせるじゃん。

世界遺産アカデミーのメンバーとしては、これは黙ってらんねーぜー、

オススメの本は芝崎みゆきさんのこの本でっせー。

全部手書きなのに、読みやすいんだ。イラストもお茶目だよ。

アステカの未知なるパワーは、オイラに悠久のエネルギーを送ってくれるんだ。 

といっても行ったことがないんだけれどね。

みゆきさんの本にはアステカ愛が溢れまくっちゃってるから、

この本を読んでいるだけでも、ウキウキしてきちゃうんだよねーー。

そもそも、考古学って、人文的な学問分野で、厳密な科学ではないわけよ。

全て解釈次第ってことになるんだ。

まあ、歴史にしてもそういう面が強いけれどね。でもそこにロマンがあるから、かえって良いわけさ。

人生はいたって単純、競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない。 

わたしはOKじゃない。 あなたもOKじゃない。 

それでOK.

 

 

 

 

 

 

「アステカ文明・狂」へのコメント

SY牧場のゆーこです。おやすみなさい。海外旅行っていつ解禁になるのだろう。

人生はいたって単純、競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない。 
わたしはOKじゃない。 あなたもOKじゃない。 

その通りですね!

メキシコにいったことあります。マヤ アステカ 私もとても興味がありますし芝崎みゆきさんの本も持っていますよ。

田村正和さんの古畑任三郎久々にみました
  あの独特な言い回し最高です。
 唯一無二ということが大切なのですね。

この文明の高度な天文学的知識は宇宙人譲りだって言われてます。 そんな都市伝がまた良いと思う。

今日のオイブロとは関係のない話ですが、友人が蛇を飼育していて、今回の戸塚区の蛇逃走捕獲騒動にすっかりびびってます。 元気出して貰うため
(オイブロ)紹介してあげました。^_^

コメントを残す

CAPTCHA