村上春樹 新作を読んだよー【オイラブログ】

村上春樹 新作を読んだよー

Amazonに先行予約していた村上春樹の新作(一人称単数)が届いたのであっという間に読んじまったぜー。

ベッドでトイプーのベルちゃんとチャカチャカしている間に読める感じでやんした。

で、今はキャストのミカに貸し出し中でーす。

オイラの崇拝している日本人作家は「安部公房」なんだけれど既に故人、新作が出る楽しみはないのね。

その点「村上春樹」はその楽しみが満載だもんね。

村上さんの作品もかなり好きだよ。あの独特な世界観がオイラの性にあってるもん。 

今回の新作は8作品入った短編集さ。

その中でのお気に入りナンバーワンは、「ウイズ・ザ・ビートルズ」でナンバーツーが

「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」だな。

どちらも音楽ベースなんだけれど、なんか読み終わった時に

「いい気分に」なれるんだ。

特にビートルズの方は2回読んじゃった。

後はネタバレになるからよしとくよ。

村上さんの作品でオイラが一番好きなのは圧倒的に「海辺のカフカ」初めて読んだ時は電流が走ったもんさ。 すべての

Happeninng(ハプニング)はHappy(ハッピー)に変えられる。

今日も不幸は訪れる。ハプニングは起きるのさ。

トラブルの渦だ。

でもそれがどうしたっつーのさ。

そこから感動を引き出すためにオイラたちは生まれたんじゃん。

想定内のことしか起こらないドラマは視聴率ゼロさ。

オイラたちの潜在意識は、ほとんはハプニングこそ味わいたいって思っているのさ。

そう、

「ようこそハプニング。この時を待ってたぜ」 

この感覚が、村上作品にも垣間見えるんだよね٩( ‘ω’ )و

 

「村上春樹 新作を読んだよー」へのコメント

おはようございます、
Happeninng(ハプニング)はHappy(ハッピー)に変えられる。
面白い発想ですね、オイラっぽくて良いです。

村上春樹は、世界で認められているから大したもんだ
と言いながら、自分は小説嫌いでいっさつもよんだことない。

読みましたよ。わたしは、表題と同じ《一人称単数》が一番わかりやすくてすきです。ビートルズとか、チャーリーパーカーって聴いたことがないし詳しくないので、オイラや作者のようにたのしめないから。

今時、小説で必ず売れる作家は村上春樹ぐらいでしょう。独自路線の、アドバンテージ。想定内のことしか起こらないドラマは視聴率ゼロさ。

コメントを残す

CAPTCHA