セミナー語録【オイラブログ】

セミナー語録

img007.jpg 
                              さて 今回も、セミナー報告しましょー!  今、 左に写ってる演者の先生は小宮山弥太郎
先生と言って、日本に於ける ブローネマルク・インプラントの第一人者なんだ。  この先生は いわば ”石橋を叩いて渡るタイプ”の先生で ホント手堅
く治療する。 有る意味では保守的なんだね。  新技術を、積極的に取り入れるというより、古き良き物を守る、といった感じなんだ。 もちろん 新しい事
もしているみたいなんだけど、凄く慎重派なんだ。      実は 最先端志向のオイラの 好みの先生ではないんだけど、 小宮山先生の セミナーには 
よく行っているんだ。  何故かというと、  この先生のオペの優先順位が 一に安全 二に安全 すべての精神がそこに 注ぎこまれているからね。 リス
ペクトの気持ちは変わらないよ。


先端治療を、追い求めるオイラも この精神だけは 全世界の 共通の ”一番大切なこと”として重くうけとめてるんだ。   それでね  今回、小宮山先
生の演題が 「失敗症例から学ぶ 私の臨床」 なるものだったので、  「え! 小宮山先生に 失敗なんてあるの?」という思いで、出かけたんだよ。  
   実際、聞いてみたら 「いくらベストを、つくし 最善を、つくしても、 稀ではあるけれど、 インプラントが早期に脱落する患者さんが存在する」と
のこと、  原因は不明。

 オイラも 何千症例もやっているけど、 原因不明で一年後に脱落したケースがあるんだ。 即、 隣のスペースに 入れ直して 現在は問題ないんだけど、未だに 不思議なんだよな。  小宮山の言葉で、オイラの心に 響いた言葉があるんだ。     「私は神ではない、 しかし 私のオペの成功の確率が、99.9%だとしても、 その0.1%の人にとっては 100%の失敗ということになる。 そのことを、肝に銘じて 日々の診療にあたらなければならない」・・・と。

  小宮山先生のあとに、 オイラから 絶対的支持を、得ている菅井先生も講演、 菅井先生は 今回も キラキラ輝いていたよ。
 またもや

パワーをもらってきたさ^^vimg008.jpg

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください