院長ブログ 2013年4月

コンヤ経由カッパドキア Turkish notes 8

P1090725.JPGこの日は移動日でね、8時間以上バスに乗っていたよ。
 いやーもうお尻が亡くなっちゃたよ。運転手さんは、こんなカップクの良さだからいいんだろうけどさ、・・おいらはグロッキー!
 「 トルコのツアーはやたらと移動時間が長いことが特徴だ。 だからこそ、私も職にありつけるのさ!」って運転手さんが笑っていたよ!
  トルコと言ったら、カッパドキアだ! 以前オイラブログでも、地底都市のところだけ紹介したんだけど、覚えているかな−!  
カッパドキアは【世界遺産の中の世界遺産】と云われる珠玉の遺産。 

どーいうことかP1090727.JPGというとね、
通常、世界遺産の申請をしても、簡単には認可されないんだ。日本の小笠原諸島や、平泉だって、却下されてまた申請し直して・・・という経過があっP1090751.JPGたでしょう! 
因みに現在日本は、富士山と、古都鎌倉を、世界遺産アカデミーに申請中だよ。   カッパドキアは、申請ー即認定!  これが世界遺産でなくて、なにが世界遺産だって事に成ったらしい。 
「アインシュタインがノーベル賞中のノーベル賞と言われるのと同じね」ってアルズさんに言われて、なーるほど、わかりやすい説明だ!っP1090743.jpgて思ったさ。 オイラ自身、最も楽しみにしていたのがカッパドキアね!  そこへ、いよいよ向かう事になった移動日なんだ。
 P1090747.JPG ここはコンヤ・・13世紀にセルジューク朝の都として全盛期を迎えた古都なんだ。 ここは観光都市と言うより、実際にここに暮らす人々の生活が、肌で感じる事ができる町なんだ。
ここの人々は宗教色が思いっきり色濃くでているんだ。なんでも、みんな神と自分との合一を目指しているらしんだ。 
その象徴がセリミエ・ジャP1090765.JPGミー・・オスマン建築様式の最高傑作とされる、The World Heritage!
このグリーンブルー色がその特徴で、"神の色"だ。

イスラムの世界はキリスト今日の世界よりオイラ達には馴染みがないから、なにもかも目新しんだ。
日本にはミッションスクールや、仏教系の学校は、小・中・大学を通じて数多く存在しているけど、イスラム系の学校って聞いたことないものね!
 宗教の自由が保障されているのだP1090762.JPGから、少しはオイラ達の目に触れても不思議では無いはずなのに、なぜなのかな・・?   そのくせ、へんな信仰宗教が台頭してきたり?、どうも、一貫性がないなー!   
  
これはここで食べた、トルコのヨーグルト。日本の感覚とはだいぶ違P1090734.JPGうんだ。31アイスクリームみたいな感じで売ってたよ(^^)/  これは美味いよ! トルコで食べた「食いもの」でオイラが一番気に入ったものね! 
ここに、【メチャクチャカラダに良いハチミツ】というのも売っていてね、P1090736.JPG日本語で本当にそう言って綺麗な女性が売っているもんだから、買っといたよ!

  バスからは、羊飼いや、大理石の発掘の最中が突然出現、もうその不意打ちの出逢いP1090735.JPGにとっさの言葉が出てこない。

これは隊商の宿! ラクダで移動していたキャラバン隊の物P1090774.JPG売り達のホテルって言う感じだ! なかなか立派な造りだよ。  
途中、そのラクダがいた!   オイラは嬉しくなっちゃたよ。 ラクダ・動物学者の遠藤秀紀さんの、「ラクダは半年間水すらイラナイ、脂肪であるコブを分解して水をP1090895.JPGも体内に取り入れる」「ラクダは誰にも頼らない、自己完結して生きている」という話を聞いて以来、オイラはラクダさんを尊敬しているんだ。そんなんでノセテもらったよ。
P1090909.jpg P1090932.JPGカッパドキア二近づくに従い、周りの風景は一変する。
木が無くなってきて、一面、ごつごつと岩だらけになってくるんだ。 
そのうち、その岩達に生命が宿り出す。
P1090920.jpg 
この岩なんて、生きているとしか表現のしようがないもん! 

 こっちは3姉妹と言われている岩。 おっと岩ではないね、
悠久の時を見届けてきた3姉妹の英傑な姿だ!  
もちろん、自然にできたもの・・。風のいたずらか、時が道化P1090919.JPGを演じたのか・・ 

3姉妹は何を思っているのだろう。 
女の推量は男の確信よりずっと確かなものだもの。

 
あーいよいよカッパドキアまであと40キロ・・・。
 


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

人間ドック!

P1100220.JPGオイラは歯科を専門にしているで、医学系の文章を読むことが多いんだ。医学者の書いた文は、とかく読みづらいことが多い。まあ、文章の専門家ではないのだから、それでも、いいかなー!と思ったりもするんだけどさ! 
それに対して、文科系の人間が書いた文がわかりにくいというのは、許し難いよな・・。
P1100218.jpg彼らは、「伝える事の専門家」だろうという、思い(偏見)があるからなんだよ。確かに文系学者の中には、哲学系のグループを中心に、「シロウトにわかる文章を書くなんて,はしたない」という人も、すんごく沢山いるけどな・・・。    
なんで、こんな話から入るのかと言うとね、理由があるんだよ。ちゃんとね!
 
先日人間ドックに行ってきたんだけどさ、事前に送られてくる問診アンケーP1100215.JPGトの文がわかりづらいんだ。
「どっちつかずの質問なんだよね」「どうとでもとれてしまう」 
仕方ないから、オイラも、どっちにもとれるような回答をするわけね。 例えば「頭が痛いことはありますか」みたいな感じね! 「たまには・・。」みたいな答えにならざる得ないでしょう。   当然スルーされちゃうわけね!  
余程強く訴えない限り、訴えないのと同じになる仕掛なんP1100216.JPGだ。これは反則だよね・・。  
そこでオイラは、思ったわけさ、「これは質問をする文章がよくないんだと」・・・じゃあ誰が、作成しているのか、医者なのか?事務方なのか?そんな風に思いながら、検査してきたよ。 
 検査自体は、手際がよくてとても良かった。  それにしても、一番苦手な検査はバリウム飲んでの胃の検査ね。 
毎回あれは死ぬ思いだ。あんなに気持ちの悪いも飲んで、体を180°グルグル回転させられるのだから、たまったもんではない! 
胃カメラもあるんだけれだ、こっちは、さらに惨劇。
バリウム飲む前に、発泡剤を飲むんよ。これで胃を膨P1100222.JPGらませるわけなんだけど、これがもう、苦痛苦痛。
「ゲップがでるでしょうが我慢して下さいね」と看護士さんに優しく言われる。  まあいつもは、我慢して優等生の患者でいるんだけどさ、この日は、『なんでこんな拷問をオイラが・・』と言う気持がヒューと走っちゃったんだ。
 そこで横を向いてゲホゲホとそおーーーと反抗! 
 するとマイクでしかも男性の強い声で、「我慢して下さい」
 『ん!バレテル』(汗)

即座に先ほどの看護士さんがやってきて、「もう一杯発泡剤を飲んで下さい」と・・。 そうはいってもさー、一度ゲホゲホやる楽しさを覚えてしまったオイラを、誰も止められない・・(^_^)   そんなわけで、3杯目の発泡剤・・もうホント参ったよ・・。
 検P1100224.JPG査後はスッカリ具合わるくなっちゃた。ぐったり・・ だったら、初めからマジメにやっていればよかった!  もう牛乳見るのもいやだよー!   
この他にも苦手な検査が2つあったんだけど、バリウムですっかり懲りて、まさに借りてきた猫・・・決められたレールの上を、脱線しないように、歩いてたさ。情けねー・・・(>_<)
    P1100223.JPGここ藤沢市保険医療センターの人間ドックの一番良いところは、終わったときに、けっこう美味しい食事が出るんだよ。  
健康的な病院食なんだけど、まあ見て美味しそうでしょう!   塩分おさえめなのが、ちょっとねー!  『お醤油、くださーい』と、要求してたのはオイラぐらいだった。オイラもいろいろなところで、人間ドックに行ったけど、ここが一番楽チンなんだよね!! なんせ近いP1100225.JPGし、駐車場も充実!  検査後はエネルギー消耗するから近いのが一番だ!
 
ありきたりに聞こえるだろうけど、『健康』って実に素敵な響きだ!  
 1カ所でも調子悪いと、気持ちが萎えるもの・・。
 だからこそ、先手をP1100221.JPG打っておかないと、生物である限り必ずやられる! 必ずだ! 
 粋がってもしょうがないね。 
人間ってものは、とかく自分は無鉄砲で、
悪い者だと思いたがる。
でも、実は、そのドッチでもない。
 たた臆病なだけ。 
 


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

白い追憶・・・Turkish notes 7

P1090664.JPG今日も,エーゲ海沿岸の古代遺跡・・豊かな海が築いた文明の足跡をオイラと弟子のトルコイヌコと一緒に、まわろう!
 なぜかこの白いトルコイヌコになつかれちゃったんだ。 (^_^;) k
ワンワン!     
本日はよくばって 2つの白い遺産をまわっちゃうぜ・・・。
よくP1090586.JPG白い遺跡というと,
丘の上に建つギリシャのパルテノン神殿を思い出す。
 このトルコのベルガモン遺跡も丘の上で悠久の時を刻んで来た。ここは、ベルガマ
標高333メートルの丘の上に広がる古代ベルガモン王国の遺跡なんだ。 実際ここは第二のアテネって言われいたらしい。とにかP1090565.JPGく栄えていたらしいよ。 
実に、この遺跡も、
ギリシャと同じく、アクロポリスと言われる。 
アクロポリスとは、そもそも、古代ギリシャの都市国家の中心市街にある丘陵上に築かれた城砦のこと。 エーゲ海を挟んで、ギリシャもここから見えるんだよね。まさに目と鼻の先に、ギリシャが有る。 文化的影響は多大なものだったんだろうってヒシヒシ。 丘の上に白く聳(そび)える白い宮殿。なんかエキティックだよなー。
 
これP1090603.JPGはアスクレピオン・・ギリシャ神話の医学の神様アスクレピウスに由来する遺跡なんだ。オイラも、医学の神のもとで生きているのでここは注目だね。ワンワン!
 意味不明に手を合わせて拝んできたよ。  アルズさんがね、世界中のドクターがここで思いを馳せるみたいな事を云う門だからね、オイラも、デンティストとしてのパワーを古代から授かろうって思ってね・・。
ここは言ってみれば、古代の総合医療センターってわけね! P1090591.JPG藤沢市で置き換えると、城戸歯科クリニックみたいなところ・・じゃあなくて(^_-)、藤沢市民病院みたいなところってわけね。
いやそれより、もっとデカイか! だってね、ここでは、医療が施さていただけではなくて、劇場、図書館、聖なる泉、・・・とにかく当時の保養地にもなっていたんだからね。  

P1090655.JPGかわってここは
エフィス
 ベルガマよりエーゲ海沿いに南に下りたところにある世界最大級の白い遺跡群。紀元11世紀に、ギリシャからやってきたイオニア人によってエフィス近郊に建設された都市国家。
イメージは、ベルガモと同じく、ギリシャの遺跡だね。
まあ、同じ流れなんだから当たり前と言えば当たり前なんだろうけP1090668.JPGど、ここは、また独自の個性がある。
それは雄大さ!大仕掛の白い記憶となってオイラを貫く。360°スペクタクルに展開される白い魔法陣・・・。陽光は遍く(あまねく)大地を覆う。ここに身を委ねると、大気圏外から自分が神様に見られているようなムードになる。
 この街の黄金期は、ローマ帝国支配下の紀元前130年頃。10万人が暮らしていた。 当時は、ローマが一番で、P1090640.JPGアレクサンドリアが二番、そしてここ、エフィスが三番目に人口が多い街として栄えたんだ。
国際会議が頻繁に開かれたことでも有名だ。
 もっともこのエフィスの地を有名にしているのは、
「キリストの死後、使徒ヨハネが聖母マリアを伴って移り住み、余生を過ごした地である」といP1090653.JPGうところ。  
「そーかー、マリア様の最期の地なのかー・・。」そう思うと、キリスト教徒でもなんでもないオイラでさえ、敬虔(けいけん)なクリスチャンのように身震いしてしまう。
 そして白い石碑上には当時の文字がクッキリと刻彫されている。 何よりも、オイラの心を掴んだのがこれなんだ。 当時のことばを紡(つむ)いで、刻まれた、魂のカルテだ。
P1090652.JPG 
何もしなければ、これはただの石だった。何もしなければ、道には迷わないけど、何もしなければ、石のままなのだ。


これは、なんだかわかる?
 トイレなんだ。 みんな並んで事を足した(^o^)らしいよ。
想像すると笑っちゃうね。ワン!
これは、さすがに教科書にはでてなかったなー。
すべてひっくるめて、
古代の記憶、白い追憶。

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

奇観・・綿のお城 Turkish notes 6

P1090716.JPG奇観!!これはちょっと日本では見れないよね!
 ここはパムツカレという世界遺産。文化と自然の複合遺産ね。 パムツカレとはトルコ語で「綿のお城」のことなんだ。
 この光景にはただ、ただ心を洗われたよ。 
綿の正体は、長い年月を経て凝結した温泉の石灰分なんだ。これが、まさに綿のお城のような、石灰棚の景観を生み出した。 
パムツカレは街としても存在していてね、聖なる古代都P1090701.JPG市エラポリスの起点となる街でもあるんだ。
 このどこまでも広がる真っ白名世界は、自然が育んだ不思議な風景。・・・しかも温泉なんだ。気持ちいいよー!
オイラも、足だけ入ったけど、温かかったよ。40°くらいかな・・。石灰棚を保護するため、土足は厳禁なんだ。だからオイラも、裸足の少年(^_-)! 
イタP1090719.JPGリア人ぽい観光客は風呂のようにして入ってたよ。 服を脱げばそれも、ありらしいんだけど、まさかねー、オイラのアザラシよろしくの裸体を世界にさらすには、神が許さないだろうと思い、裸足で、我慢しといたよ。(^_^;) 

このパムツカレの街を見下ろす丘の斜面の真っ白なミステリアスな空間は、ほんと息をのむよ。 
科学的には、この地域の温泉水に多く含まれる炭酸カルシウム分が水中の酸素と結P1090696.JPG合して沈殿・凝結ってわけさ。 
朝陽を浴びると、
青白く、夕陽を浴びると赤みを帯びる。  
これを絶景と言わず、なんたるや・・だよ。
大自然の贈り物だよね。
あー・・ オイラは、自分の無力さをガツンと感じたよ。
 この石灰棚、遠目には、雪にしか見えないんだよね。 

オイラの名前もユキオだから、小さい頃から、雪を意識して育ったんだ。だからさ、ついこのパムツカレの石灰棚を大地を、裸足で歩いていて、くらべちゃったんだ・・。
「あーオイラは、なんて、取るに足りない存在なんだ・・。」ってね!    
P1090730.JPGそんな思いを抱きながら、この「綿のお城」を後にして、パムツカレの街中に入ると、小学校があったんだ。 
オイラね、異国の学校にとっても惹かれるんだよね。 だって、まさにその国の原点だもの。 教育は国のセンターだ。
みんないい顔しているんだよな。なんだか嬉しくなっちゃったよ。  一緒に、この子達の輪の中に入りたいな。 
高校の時ね、研修旅行ってことで、アメリカのワシントン州の家庭にに2週間ホームステイしたときのことなんだけど・・。 エリザベスっていう、幼稚園生がその家にいたんだ。 ある日、オイラP1090733.JPGはエリザベスに連れられて、彼女のクラスで、日本の紹介をすることになったんだ。 当時、まったく英語がしゃべれないオイラは、緊張の最上位だよ。 でもそのクラスに入ったとたん
「ウキオ! ウキオI」とまるでシュプレヒコールの波。 
折り紙を、一生懸命、オイラ英語で、説明して、純粋に人気者になちゃったんだ。 
あの体験はオイラにとってターニングポイントだった。 
「ことばってすげー」って震えたもんなー。今思い起こしても、胸が灼熱だ。 この時以来、勉強といえば、イP1090700.JPGコール英語になったもの。 これは神様がくれた経験だと思っているよ。 
 といっても、オイラは実は無神論者なんだ。 
 無神論者のオイラは、聖書を読んでも、実は、申し訳ないのだけれどピンとこないんだよな。
でも、ひとつだけ、グサっとくるのがあったんだ。
 まあこれひとつだけだけど、オイラのツボにハマった。
「ことば」「言語」はオイラにとってまさに生命線・・。

世界の最初に存在したもの

この世界に最初に存在したものはなにか。 
それは言葉であった。
言葉は神とともにあった。
この言葉が神自身であった。
この言葉によって、いっさいのものが創造されたのである。
創造されたもので何一つとして、言葉以外によって創られたものはない。
言葉には生命があった。
人の光と成る生命である。
この光は闇の中で輝いていた。     
              (ヨハネ福音書 第一章)
P1090686.JPGP1090723.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

ある休日・・。

P1100207.JPG前日に、『最先端歯科医学セミナー』のアッセンブリーがこの、仰々しい建造物であった。 オイラの脳髄を突っつくような内容ではなかったね!  
一泊したオイラは、その日、横濱にいた。親睦会という名の飲み会に参加したのが、この日の太陽を黄色くした譲れない理由だ。 
 この日は、3日前から、横濱公園に行こうと、決めていたんだ。 チューリップが一面踊って居るって、WEBで情報が入ったからP1100182.JPGさ・・。
イノタンブールを何となく懐かしんでのことなんだ。 
予定では、アマゾンで注文しておいた、村上春樹の新作が届いているはずだったので、 芝生にゴロンとして、ページを捲るなんて、文学青年を気取りたかったっていうのも、その起生因。
・・ ご存じの通り、村上氏の新作は空前の売れ行きで、オイラの元には、この日まで届かP1100200.JPGなかったんだ。 それで、公園内の芝生に寝っ転がってしばらくボーッとして過ごしたよ。気候も穏やかで、ウッテツケの日になったんだ。 

横をみたら、サラリーマン風の30代の兄さんが、ネクタイ緩めて、ゴロゴロしながら、爬虫類系の鳴き声みたいな音を出していたよ。なんか、オイラ、面白、可笑しくなっちゃってさ、「みんな、いろいろあるわけね・・。」なんて妙に納得しちゃったりして。   
次の日、 『色彩P1100213.JPGを持たない 多崎つくると 、彼の巡礼の年』が来た。  念のため、言っておくと、オイラは、村上ファンと言うわけではない。ましてハルキストではない。 好きでも嫌いでもなく、まあどちらかというと、好き。という感じね。
 文体が綺麗で女性ウケするのはわかるんだけど、カフカ、安部公房を崇敬するオイラとしては、どうも毒がなさ過ぎて物足りないんだ。 ・・・なーんてノーベル賞候補になんつうー、生意気なことを・・・!!!バンバンバン。  長ったらしい表題のこの作品は、十分に面白かったョ。ちょっと、ミステリーー調だった。

 小説家志望だったオイラは、今でも、変な習癖があってね、それは、現代作家を、仮P1100214.JPG想ライバルにすると言うもの、 今は「村上春樹」&「東野圭吾」ね・・。 アー言ってて顔から火がでちゃってるぜー・・。さすがにおこがましいにも程があるので、この話はここだけにしといて。

村上春樹は影響を受けた作家として、フランツ・カフカとレイモンド・チャンドラーを挙げているし、ジャズ狂だ。 ここまではオイラと一緒なんだけどなー。 随分歴然とした差が生じたP1100193.JPGものだなー。うーーん。
それにしても、この想いは何なんだろうな、
 尊敬かな、崇敬かな、 なんかしっくりこないな。

そうだ、嫉妬を加えたらどうだろう。嫉妬では不安の感が多すぎるか。 憎悪はどうだろう。憎悪は激しすぎるな。
 じゃあ怒り? 怒りでは、全然調和を破るぞ。 そもそもなんで、オイラから怒りを受けなきゃならないのさー、ねー!
じゃあ、恨み? もっとー酷いか、 恨みでも、春根とか云う、詩的なものならば格別、ただの恨みじゃあね、あまりにも、俗だしなー。 まあ、「情緒」だな・・これが一番、しっくり来る。
「情緒」って、微妙な感情を起こさせる特殊な雰囲気と説明されていP1100205.JPGる。
 
村上春樹本体からも、氏の作品からもオイラは情緒を受け取っている感覚なんだなー。    まあ、とにかく世界のハルキ・ムラカミにだものね・・日本のプライドであることは間違いないね! 
 
そう言えばね、日本歯科医師会も、『低迷する歯科界打破に、日本歯科界からも、ノーベル賞を!』なんて言い出しちゃってるんだね。 ちゃんと文章化されて会員宛にキテイタP1100195.JPGヨ。 大きく出たよねー! でも、何を狙っていくのだろう?  生理医学賞?  
 志高く・・の気持ちはいいんだけどさ・・歯科界の基礎系の研究者に、そんな力量のある人材がいるとは考えにくいな−。 優秀な人達は、みな、現場である、臨床系に行っちゃうものな。
あーあ、混迷の時代なんだなー・・って芝生に身を任せて、 
頭の隅で思ったさ。
P1100180.JPG 
それにしても、
芝生に大の字になるって、スゲー気持ちいいや(^^)/ 
 こんな空を見つめる時間を、大切にしなくちゃね! 

人生は、「むせび泣き」と「すすり泣き」と「ほほえみ」とで成り立っていて、わけても「すすり泣く」事が一番多いものだ、って云うしね!

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

Y.K君・・帰港

P1100169.jpg地球の旅に出ていた、Y・K君が、帰ってきた。
以前紹介したように、Y・K君は、今春で中学二年になったばかり、年末から3ヶ月以上船の旅で、南半球の地球の旅に出ていたんだ。
先週の金曜日にその報告と、ついでに歯のチェック(^_-)にやってきたんだね! 色も黒くなり、なんとなく背も伸び感じ、良い感じに成って帰ってきたね!
 おかえりー! 
オイラは、カレの話を聞くのを楽しみにしていたんだ。 まあ、そうは、言っても、取り敢えずは、「歯のチェック」をしなくてはならないので、衛生士のさとみに任せたら、2人で、スッカリ地球の旅の話で、盛り上がっていて、いっこうに「歯のチェック」に到達しないんだよな・・・。 HAHAHA!
P1090612.JPG マチュピチュに行くことを、楽しみにしていた、
Y・K君に「一番良かったところは何処?」って聞いたらね、イースター島だってさ。 かなり衝撃的だったらしい。
 
イースター島の巨像は実はP1100166.JPG海の方を向いているわけでは無く、全て内陸に向いているんだ。・・・と、ここまではマイスターのオイラ知っていた。しかしY・K君に聞いたところ、「一体だけは海に向かって聳(そび)え建って、立っていた。」とのことだ。
 うーん悔しいぜイ!
行った者には、どうあがいても太刀打ちできないものだ。

 Y・K君の行ったところは、世界遺産周辺が中心なので、オイラもY・K君も、同じように知識はあるんだ。 でも、全然違う。 Y・K君の話は生きている。臨場感があるんだよな。 
これは面白いに決まっているんだよ。 
オイラも実に興味がある、リオデジャネイロにも行くって言ってたので聞いてみたさ。
 「浮浪者みたいな子供達がいっぱいいた」なんて言うからさ、オイラも、ついオトナになっちゃって、
『そういう、こども達が、手作P1090408.JPGりボールでサッカーばかりやって現実からなんとか抜けだそうするから、ブラジルはサッカー王国なんだ。ハングリー精神の違いだよな・・。』。。と、知ったような受け答えしちまったんだ。 
 そうしたら、Y・K君キョトーンとしちゃってさ、
「あいつらサッカーたいしたことなかった、ヘタだった・・」とか言い出すんだよ。 えっつ! ブラジル人がサッカーヘタ?? おいおい何、言い出しているんだ。 そりゃーないだろう・・。 

Y・K君もサッカーをやるので交流ってことでブラジル人達とサッカーをやったんだって・・ その上で、「なんだ。たいしたことないじゃあない」と言う結論、体感。 「オトナは上手い人も居たけど、少年達は、なんてことない」と言う事。
いいじゃんいいいじゃん! その自信が、明日のサムライ・ブルーを支えるぜ!P1100167.JPG   正直、行ったことない者は、みんなオイラと同じ先入観だと思うンだ。でも事実は違う。
 こういうことって、ほとんど当たり前のように世の中には存在していて、オイラも、幾度となく学習してきているのに、またも、このトラップに囚われてシマッタ。 
常識・先入観・固着概念そして僻見(びゃっけん)・・。
【教養は培養である。それが有効であるためには、まず生活の大地に喰い入らうとする根が無くてはならない】と言った
和辻哲郎の言葉が、オイラに短剣を突き刺した。
  P1090489.JPG
他にどんなところが、良かった? 
「ケープタウンで向こうの人達とタイコを演奏したこととか・・。」
ケープタウン・・喜望峰か! 南アフリカの南端だ。
いやー遠いいなー。 パーカッションの本場アフリカimage-1.jpegで、ポンポコトントコポコポン。 image.jpegY・K君はギターをやるので音楽が好きなんだね。 裸族に崇敬の念を抱き続けている、オイラにはこの話は、特に好奇心イッパイ!
  『じゃあ、火を囲んで生け贄捧げて、踊りながらポンポコやったわけだ・・。』 「いやー火とかなっかったっす」・・・・ショボーン・・またもオイラの既成概念。
それにしても羨ましい体験だよな。
  『いったい何人くらいP1090608.JPG船に乗ってたの?』「千人くらいです」「若者が半分で僕が最年少・・・後、半分が40歳以上の老人でした」 ここで、さとみが 大笑い! 
「せんせー老人ダー」・・・・・すると、Y・K君が「えっつ 先生は30代ですよね・・。」とフォロー。  すかさずオイラは。『バカいえー 20代に決まっているだろー』 
Y・K君・・・「えっつ!!!」 
  なんでも最年長者は89歳とかいっていたかな・・元気な人もいるもんだね。  
 Y・K君の話で、オイラはいろいろ気づかされたよ。
 
理性・判断力はゆっくりと歩いてくるが、偏見は群れを成して走ってくる。 その先に断崖があるとわかっていても、群れるものたちはその動作を止められない。
 群れるな!  弱いから群れるのではない。
 それがいいんだと錯覚しているからだ。
 P1090582.JPGトンネルを抜けきるには、とにかく飛び込んでいった経験が・・・いる。
  Y・K君にはHちゃんという可愛い妹がいるんだ。
この日はいつもお母さんと一緒だったHちゃんがひとりで、ユニットに座って大好きなテディペアを抱きしめていたんだよ。
に歩いているのは、Y・K君だけではなかった。
 留守をしっかり守っていたHちゃんに、
オイラはトルコ石の輝きに等しい未来図を描ぐ・・・・・・。


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

エーゲ海に捧ぐ Turkish notes 5

P1090550.JPG手のひらを、突っ込んでみたよ。 
そう、そう、ここはエーゲ海。
世界で最も美しいと言われる海。なんか、ビンビンくるよー!  
 ひと言で言うと、「絵になるところ」・・
紀元前750年、ギリシャからイオニア人が移り住んでね、エーゲ海・地中海沿岸に都市国家をつくったんだ。それから、ローマ時代になると重要な交易の中心としP1090428.JPGて栄えたんだよ。
そして実に華やかな文明を築いたってわけなんだ。 
さーてこれからは、エーゲ海、地中海各地に、ポンポンと点在する古代遺跡を巡りまっせー!
一緒に、古代の暮らしに思いを馳せようね−!  
 先ずは、「シュリーマンが発掘に命をかけた伝説上の都市」・・・とここまで言えP1090499.JPGば、何人かはピント来るね!  
そう、古代への情熱・・・・トロイだ(^^)/   
ホメロスの叙情詩「イリアス」に出てくる伝説上の都市、
いってみれば童話の中のフィクションだと信じられていた都市なんだ。 だーれも実在するなんて思ってなかった。 しかし少年の頃から、この「トロイ」はP1090448.jpg実在すると、信じ続けたドイツ人がいたんだ。
シュリーマン、彼は少年の日の夢を実現すべく、私財を投げ打って発掘を続けたんだ。 そして1870年ついに、遺跡を発掘した。 
このトロイの地に初めて集落が出来たのは紀元前3000年。その後、繁栄と没落が繰り返され、P1090504.JPG紀元後400年までの間にね、9つの時代の都市層が重なりあったんだ。 だからさ、
それぞれの時代の遺跡が混在しているんだ。 なかなか興味深いでしょう。 例えば、前の時代の、トイレの場所が、次の時代には、寝室になっていたりして、なんだかなーッテ感じらしい。これ、アルズさんに教えてもらったんだ。
 世界遺産検定ではここまで学べなかった、やっぱり現場はおもしろいねー!
トロイの象徴と言えば木馬だ。 紀元前1200年、トロイ戦争の最中P1090440.jpg、退却していくギリシャ軍が残した、大きな木馬。・・・・・・・まさかこの中に兵隊が潜んでいるとは、つい知らず。 夜中になって、おもちゃの兵隊さんみたいに、ギリシャ軍の兵隊が木馬からゾロゾロ・・。  かくてトロイは陥落した。 
現在もこの遺跡のところに木馬があるんだよ。当時の物を再現した物。えらくデカイ。 兵隊も300人くらいは入れそうだったよ。
P1090503.JPG
これはオデオンっ言ってね、音楽や演劇、会議が行われていた小劇場なんだ。 ローマ時代のもので、当時は木製の屋根がついていて、抜群に音響もよかったんだってさ。 (どーしてそんなことが、わかるのかって?、アルズさんに聞いたら、"おめーも細かいナー"みたいなこと言われた・・ふんだ!!!)
P1090493.JPG
まあ、歴史って、そう言う一面だらけだよね。  実はそこんところが、長きにわたってオイラが歴史に興味を持てなかった理由なんだ。不確実なことを不確実な研究者の作った教科書で、不確実な教師から教わる。これじゃあ、好奇心湧かないよ・・。  
でも、去年、これって言い訳だったんだな・・。って思い直したんだ。 
人はさ、転ぶと板のせいにする。板がなければ、石のせいにする。石がなければ靴のせいにする。
そう、人は、なかなか自分のせいにしないんだよな。   
   
現在というものは、過去のすべての生きた集大成でしょう。 だったら地球人として、世界中のひとの生P1090515.JPGき様に触れないでどーすんの・・だよな。P1090500.JPG今、オイラはそんな風に思っているんだ。 
地球人って視点ね!  
長後人→藤沢人→神奈川人→関東人→日本人→アジア人→世界人→地球人  この先は宇宙小僧のテリトリーなので、今回は、ユネスコ・アカデミー準メンバーとしてのオイラの覚え書きなので、ここまでー(^_^;)
 P1090495.JPGえーと、ここは生贄(いきにえ)の儀式に使われた場所だ。 いかなる宗教にも、必ずあるよね。この儀式。「聖域」と言われる場所なんだ。  アレキサンダー大王もここで供物を捧げたんだと。
  その周りでは、家来達が踊り狂う! 喜びの悦びのダンス!
 ダンスね・・・、ふう・・・。   
ダンスも人生も同じだな・・・。
足が絡まっても踊り続ければいい。 
P1090535.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

グランド・バザール Turkish notes 4


P1100054.jpgトルコ語で、カパル・チェルシェ(屋根付きの市場)と呼ばれる、グランド・バザールはまさに迷路のような路地。
 ここに5000以上の店がひしめいているんだ。 余程の目印を記憶しながら歩かないと、100%迷子になる。
なんたって、恐ろしいほどの人の波・・。イスタンブールの住民はおろか、世界中からこのバザールにショッピングに来るんだ。 オイラは迷ったけどね。

もともとは15世P1100052.JPG紀に、コンスタンチノープルを征服したメフメト2世により、東西交易の中心地として様々な商品が取引されてきたんだ。 
なんっていうの、歴史の証人とでもいうのかなー!

 現在はね、トルコの伝統民芸品や、トルコ石などのP1100051.JPG宝石など、「これぞ、トルコだ!」みたいな物を売る店が大半だ。 まあ、この熱気と言ったらないよ。 お陰でスリも残念ながら多くて、トルコも、国の威信P1100046.JPGにかけて、所々に兵隊を配備しているんだ。 

実際、装弾されているらしく、脅しでP1100047.JPGは無いとのことだ。バザール内では、世界通貨に対応していて、トルコリラはもちろん、ユーロ、米ドルそして円も普通に使えるんだよ。 
トルコの名産というと、トルコじゅうたん(ペルシャじゅうたんが有名だけれどコッチが本家)、ヨーグルト(ブルガリアが有名だけれどコッチが本家)・・・要するに、トルコ人は、アピールがヘタで、商売ベタって事らしい。 トルコ石・・ターコイズね、これはもちろんここが本家。 
そしてこの魔除け。ほんとどの店に行っても置いてある。
 トルコの魔除けは本当に効くんだと、アルズさんは力説してたさ。 鬼太郎のオヤジみたいでしょう・・ゲゲゲのゲーP1090410.JPG(^_-) P1090617 17-43-20.JPGトイレ事情のことも話しておこう。トイレは、ショッピングモールや、土産物屋に当然設置されて居るんP1100053.JPGだけれど、これが全て有料。1トルコリラ(5円)ね。 ただ小銭がないとお釣りをくれなかったりするから、常に、オイラのポケットはじゃらじゃらだったさ!  小銭を得るために、無理P1090532.jpg矢理、もの買って、って言うのが観光客の構図。うまくできているよ。

 これがグラン・バザールのトイレの小銭徴収所。白い箱みたいなやつね! 見張りもちゃんといて、無銭トイレはとても出来ないんだ。
  一度、イスタンブールから遠く離れた、田舎のバスの休憩地点で、土産物屋さんのトイレを借りようとしたら、見張りがいなかったんだ。小銭も切れていたから、これはラッキーと思って入ろうとしたら、5歳くらいの女の子が、「ワン・リラー」とか下の方からスマイル。
すっごく可愛い子。
P1090990.JPGいったね。 どうやら土産物屋さんの娘らしいんだ。 しゃーないからそのお嬢さんに案内された生ザクロジュースを飲んで小銭ゲット。 
ジュースはウマウマ! コッチの子は堀が深くて、美女集団の国民性なんだよね! 民族ダンスショー成るモノものぞきに行ったんだけど、まあ、よくソロエタネーと思えるくらいの粒揃いだった。
オリエンタルダンスっていうんだってさ。中東やアラブ世界のベリーP1100014.jpgダンスを継承しているとの説明だったよ。 一緒に踊りましょータイムっていうのが、あるんだよね! お調子者はつい、へいへいと踊って、席に戻ったら、パスポートと財布がないなんてことになってる。もちろんオイラは、というと、踊っちゃった・・。といっても命のショルダーバック付きでなんかギコチナーイ。
それでなくても不格好なのにー、見ないデー(T_T) 

これはラクと言われるアルコール。 オイラのお気に入り。 ロックだと透明なんだけど、水割りにすると魔術にでもかかったように白色変化する。
度数は45°・・結構キツイヨー。
P1100055.JPG右のは、イスタンブールの大学。前述したように、大学に行けるのはかなり選ばれた人間であり、必要があっていく。  日本は大学、多すぎだよな・・つくづく・・!! 「取り敢えず」って言うのはこの国には無いんだ。
P1100136.JPG
イスターンブールの街中にはオリンピック招致パネルが多数。2020にトウキョウと争っているんだったね!! 
 
次回の報告は、トルコのヨーロッパサイド、エーゲ海から地中海沿岸P1090422.jpgにワープだ。


ローマ時代の面影を残す古代遺跡や神殿、円形劇場、
歴史のゲートをトントンしよー!。
紺碧の空のが広がる世界へね!  お連れしまーす! 

 ユネスコにノッカッテ、思い切って、来たトルコ共和国・・
けっこういいねー!
 
なんとかなると思っていると、なんとかなってくる。
世の中、何とかなるだろうって考えるのが一番強いな!!! 


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

ハーレム Turkish notes 3

P1100076.JPGハーレムというと、男性諸君は、ウホー(^^)/だよね! 
オイラの感覚でも、「ハーレム」と言うと、千一夜物語、
アラブの王様が、何十人も女性を侍らしているイメージだ。 実はこれ、、ハ-レム(Harem)トルコ語で「イスラム社会の女性の居場所」が、出発点とのことだ。
 そしてここイスタンブールに在る豪華絢爛なオスマン帝国の至宝 トプカプ宮殿の中にそのハーレムはあった。
 本当にハーレムという名前でそのまんまなんだ。 
P1100079.JPG言うまでもなく、
The World Heritage (世界遺産)だ! ハーレムはもともとこのトプカプ宮殿内の女性達の居住地区で、女性達は常時300人くらいいたらしい。
女性達は一生をこのハーレP1100078.JPGム地区の中で過ごす。美人に生まれるのも、考え物だよね・・。 いくら物質的に満たされていてもナー、こりゃーかなわん!!!
 女性と黒人の奴隷以外は、スルタン(イスラム世界での君主のこと)P1100086.jpgとその皇子のみしか入場が許されていなかったんだ。 
もともとイスラム教は一夫多妻制なのでスルタンは4人までは正妃にすることが出来た。 そうなると、疑問が???  4人までなら300人はいくら何でも、盛りすぎだろう??って!
 この疑問を、ガイドのアルズさんに投げかかけたよ! そうしたらね、 金曜日がイスラムの世界では一番神聖な日なので、その夜だけは正妃と過ごさなくてはならない。 その他の日は側室あつかいの、他の女P1100089.JPG性と自由に・・・とのことだよ。
どんだけ体力あるのさー!キャオ。 
大きなプールがあってさ、そこの女性が泳いでるのをスルタンが眺める場所とかいうのがあって、
そこでフムフムフムフムと・・
オイラも、悠久の歴史を回想しながらその場に立って見たよ。
  大きな木が傍にあってさ、吹く風がね、何となく甘酸っぱかったかな(^_^;)  とにかく全ての造りが、ゴールデン仕様で、碧色を基調としたデコレーションは、圧巻というか唖然、茫然。  
女性達が、外に出られない分、このハーレムを抱えるトプカプ宮殿は、ボスフォラス海峡と金角湾を、そしてイスタンブールの街全体を見渡せる小高い丘の上に建っているんだ。 
こんな感じで眺めが良いでしょう!P1100072.JPG P1100085.JPG 15世紀ー16世紀にオスマン帝国の中心だったところだ。まさに巨大な権力と豊かな富を誇り、世界中にその名を、知らしめたオスマン帝国。 その宮殿の外観は、よくあるドイツのお城みたいなだけど、内部は、まさに宝物館・・。
 贅を尽くした装飾の数々、に「ふへー」と思わずため息だったよ。 
 中には、実際みたことのないような、どでかいダイヤやエメラルドの宝飾物が多数展示されているんだ。 ただし、撮影禁止P1100069.JPGのため、みんなには見てもられない。 
 ジャーナリスト魂発揮で、「撮っちゃおうかなー」とも思っていたんだけど、宝物置き場の門の所に、兵士が銃をかまえているではないか・・ ギョギャオ・・。
   とっさに、ショルダーバックの一番下にデジカメ隠したさ。 冗談じゃないぜ!!(>_<)  このショットだって、ギリギリ・・。    
 P1100073.JPGハーレムの話で、ちょっとおもしろいなーって思ったのは、ここでの最高権力者は、君主であるスルタンの母親だってこと。 スルタンではないんだ。スルタンは結婚相手(正妃)についても、ほぼ母親の言いなりだったらしい。
そうなると、ハレム内の女性達はなんとか、正妃になり、男の子を産んで、次期、スルタンの母親になりたいと思うわけだね。  ここに女性達の骨肉の争いが繰り広げられる。 まさに大奥みたいね、多分それ以上だろうな。歴史書は、これを、「妃への道、の血みどろの抗争」 と記している。 ふう・・コワコワ。
これが寝室、まー寝てみたいとも思わないけどなー、寝れないよー・チカチカし過ぎ・・。
P1100087.jpgP1100110.JPGかわって、ここは地下宮殿とも呼ばれるトプカプ宮殿の貯水施設なんだ。これだけでも都市になっていて、一面、水の都・・。
もう、なんと表現してよいやら、ここには黒人奴隷が"命の水"のために、働いて住んでいたとのこと。

優雅な宮廷生活を彷彿させるハーレムそして、それを支えるこの地下宮殿。 表と裏・・。 
あー、奇想天外。オイラ知らないこと、ばっかりだー・・。
P1100099.JPG
こうなったら、戒めとして、オイラは自らをハーレム用心棒たる
ライオンさんに喰わせるぜーー!  ガブリ(^o^) 
どーだ 美味いか!? 
 
 
ビザンチン帝国と、オスマン帝国の2つの大帝国の都として
1500年の歴史・・・・・・青史に名を垂れるこの街。  
うーーーーん!ただもんじゃーねー ・・・ 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

東西の十字路 Turkish notes 2

P1090543.JPGイスタンブール・・・そのエキゾチックな響きには、旅人の心を躍らせる魔力がある。
つい、"飛んでイスタンブール"と、オイラの世代は形容詞を付けてしまう。
『いつか忘れていった、こんなジダンな空箱・・♪』
 ヨーロッパの果て、そしてアジアの終着点。なにより、古来より歴史と文化の檜舞台、東と西が交差する交通の要衝だった。
P1090390.JPGビザンチン、オスマントルコと何百年もの間、世界を席巻する大帝国の首都であり続けたこの地で出会うのは、6本のミナレットがそびえる灰色のモスク、青く輝くボラフォラス海峡、バザールの喧噪とアザーンの祈り・・・・・・・ここは紛れもなく、時空を越えた永遠の都だった。 
P1090398.JPG 
世界史に無縁だったオイラは去年一年ぴったり学んだ。この地に立った時ほど、「あー、学んで、よかったー」って思った瞬間は無かったよ!
ただのもの珍しさだけでなくその沿革がオイラに注ぎ込まれる。
   イスタンブールは旧市街そのものが世界遺産なんだ。360°世界遺産というわけだ。 華麗な世界遺P1090764.JPG産、洗練された美食(トルコ料理は世界三大料理のひとつ)、
バザールのトウキョウを遙かに凌ぐ活気・・。
アジアとヨーロッパの歴史が凝縮されている街がイスタンブールだ。    さて、実はイスラム圏というのは、オイラ達からすると、なかなか厄介な問題もあるんP1100018.jpgだ。
まず服装なんだけどね。宗教上の理由から、肌は露出できないんだ。半袖、短パンなんて以ての外、世界遺産の建物にも、こう言う人はお断りってポスターになってるくらいだ。 そしてアルコールも飲めない事になっている。 但し、トルコの場合は、宗教と政治が分離しているイスラム圏では希有な国。なので、
国の方針として、旅行者のオイラは、問題なく飲めた。ホッツ!
それでも、夜のスポットみたいなのは存在しないので8時すぎには死の街になる・・なーんてアルズさんが、言っP1090392.jpgてたよ。
それに日に5回も、お祈りがあるので、何処にいても、お祈りの声が、聞こえてくるんだよね。 無論、おいらには全く理解出来ない内容。 それじゃあ、残念と言う事で、
コーランが売っていたので、じゃあ買おうかとも思ったけれど、そもそもアラビア語で書かれていて挫折・・  それに世界遺産の建物の中に入ろうとしても、ランマダ月、P1100095.JPGいわゆる断食の時期にかかるとアウトなんだ。イスラム圏では金曜が最大の休息日なので、ここもアウト。
日本人の感覚を持ち込むと、通用しないことが多いんだ。 まあ郷にはいったら郷に従えだからね。 あと写真、人物撮影の場合、女性などは酷く写真を撮られるのを嫌うので、要注意との事前通知、ジャーナリスト・オイラとしては、痛いところだった。  
現地P1090472.JPGで、世話になったのは、ガイドのアルズさん。日本語ペラペラ。アンカラ大学の日本語科を出たとのこと。 
言われているように、トルコは大変な親日国家! 何処かの国とは違い、旅行者ですらかなり歓迎される。 多くの人が片言の日本語を話すんだよ。
あれにはホントにビックリしたね! コンニチワーニッポン、サイコーなんて声がかかるんだよ!  
 トルコでは大学も少なく、ハイスクールを卒業しても、大学に行けるのは16%程度らしんだ。しかも留年という制度もなく、P1100030.JPGその場合、即、退学になるという。次の人が控えているからだって。
トルコの首都アンカラなので(イスタンブールは最大の商業都市だが首都ではない)アンカラ大学と言えば、東大みたいなものだ。
アルズさんの話、とっても知的で面白かったョ。これは「聖なる叡智の聖堂」を意味する気高く赤い
アヤソフイア・・。
P1100023.JPGP1100036.JPGP1100037.JPGオイラも一歩、この中に足を踏み入れたとたん、その荘厳な空間に飲み込まれそうになったよ。
そして広場を挟んでその対面に建つ、ブルーモスク。 正式名は、スルタンアフメット・ジャミーなんだけど、内部に使われている、青いイズニック・タイルとそれを引き立てるステンドグラスが美し過ぎて。通称ブルーモスクって言われているんだ。P1100020.JPGP1100029.JPG
 
イスタンブールを象徴するのがチューリップ! チューリップの花は三週の命。 イスラムの世界では、人間の一生も宇宙から見れば3週間くらいなもの、儚さ(はかなさ)の象徴でもあり、喜びP1100021.JPGの象徴でもあるとのことだ。
こっちのチューリップは、大きく咲くんだよね。
初めチューリップだと気づかなかったくらい。
 P1100092.JPG
「マイ、フォト、プリーズ」なんて子供がよってきて、握手を求められた。
なぜか、今度は英語だ?? 
ん!オイラは、人気者?? 
 写真を撮ったら、サンキューだってさ! なんなんだ・・ オイラもトルコ語で「ティッシュクレ」(ありがとう)って返しておいたけど・・・
P1100101.JPG
なんだ、 無邪気だな・・
写真も平気じゃんねー!   
 子供は、何処の国でも、どんな宗教圏でも、 純粋に可愛いね!
この子達に残さなくてならないのは、決して物質的なモノだけではないんだ。
 まさにユネスコの設立精神に通じる。
オトナになることが、どう言うことかを教えてくれるのは、オトナじゃあない。 自分より遙かに年下の世界中の子供だ。

P1100074.JPG



藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ