院長ブログ 2012年1月

1.28~29

P1060661.jpg

この週末を楽しみにしていたぜー!  ご存じ、宝塚歌劇団『音咲いつき』こと、クライアントのマイちゃんの、
「オーシャンズ11」トウキョウ公演の日だったんだ。 

 4日前にの朝に、マイちゃん自ら、チケットを届けてくれて、こんな感じですっかり宝塚なんだよね! 

P1060642.JPGP1060647.JPG

こっちのハチのキャラクターは、マイちゃんデザインのオリジナル。 グッズまであるんだから やるよね(^o^)!

  宝塚のチケット自体 プラチナチケットなんだけど、
そこにあぐらをかかず、マイちゃんも一生懸命営業しているんだよ。

 まだ20歳そこそこ、チケットも自ら手渡し・・感心しちゃうよ。  どうあったって 応援したくなるよな。
  舞台での、マイちゃんの、キリッとした演技をみると、 おいらにも、フツフツと勇気がわいてくるんだ。
   今回は、カジノのディラーの役とか、演じていたよ。

オイラが、好きなのは、宝塚歌劇団の舞台そのものよりも、 そんなマイちゃんの姿勢なんだ。
 

P1060655.JPGP1060653.jpg

 彼女は彼女の道を、自分の意志で切り開いてきた。

 ひと言! イカシテルね!
  オイラね、高校生の頃、仲間と国技館に頻繁にプロレスライブに行っていた。 そんなとき、オイラ達の胸を打ったッ話が、
新日本プロレスの船木誠勝の言葉だった。中学卒業後、プロレス行きの道に、「お願いだから高校ぐらいは行ってくれ」と、反対してくる母親に対して、

『人生二度あるなら 母さんの言うことを聞くけれども、一度しかないんだから 自由にさせてください』
ってやつ。 本当に、アタマを殴られたよ!ガガーーン・・・・。

P1060652.JPG

そして15歳にして最年少デビュー、その後の彼の格闘家としての輝かしい戦歴は、格闘技ファンなら、もう、スラスラって、でてくるよね! 

彼は、プロレスというものに、張ったんだ。たった一つの命を・・・・

P1060660.JPG

 みんなの一番の味方はだれだと思う! 純粋な思いで、言えば オフクロなんだと思う。 そう、母親。
 なんだかんだ言っても、母親は味方だ。 

だから 芥川龍之介の「杜子春」でも 最後に 主人公は、思わず 

「かあさん・・」と、叫んでしまうんだ。  オフクロなら、大抵の、ワガママは、きいてくれるだろう。
なんでも、好意的に捉えてくれるだろう。

P1060657.JPG

でも、 世間は、そんな、我々の母親ではない。  
  マイちゃんが、15歳の時、退路を断って驚異的な競争率の宝塚に、

小さな可能性に賭けて、挑んだとき・・「迷いがなかったのか・・」と言ったら、「無」ではなかったはずなんだ。       ここ 分岐点・・・・
 「もうちょっと、待って・・もう少し考えてみよう・・」なんて やっていると雑音が、入ってくる。
 そして 囁きの悪魔が舞い降りる・・「 落ちたら、行き場がないぞー 無難に

P1060662.jpg

行けよ・・普通が一番だぞ・・」     
  結局、ここで別れる・・・敗者は生まれてから何度も、繰り返す・・

「もうちょっと待ってみよう・・様子をみてみよう・・」 このセリフ、 一体何回吐くんだ。
世間は我々の母親ではない。 決断できないヤツの決心をいつまでも、待ったりはしない。

タイムオーバー。  チャンスってヤツは、長居がができない羽付きの生物。 あっという間に 飛び去り見えなくなる。 

   そして、失い続ける、貴重な機会・ それでも 懲りずに 一生迷い続る。
 マイちゃんは、わずか15歳にして、ビッシ!と この迷いを先ずは切った!  この先も、切れ味鋭く、切り続けるだろう。 
   

オイラも、潜在的に、もしかしたら、迷ってないのかって、自問する。 そんなとき、自分の心からの思いを、吐き、アウトプットすることによって、自分にフイードバックできる。

P1060649.JPG

 28日の夜の今年初の、OK牧場の会は、オイラにとって、そんな場所でもあるんだ。   毎月、新鮮な話題が、血を駆け巡るよ。
相変わらず、ツカちゃんは、オイラの血の温度を上げてくれる・・!
 この場でこそ、オイラは究極の一杯が飲めるんだ。 どう、旨そうでしょう(^_^;)
  最高の一杯さ!
 
  
 

 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

いいねー!

P1060632.JPG先ずは、年末に、急に思いついて、受けた「世界遺産検定3級」結果が来て、合格カード(^^)/もらったよー。 気をよくして、3月に2級受けてみよーっと! おかげで世界史、世界地理にかなり興味が出てきた、
P1060633.JPGアンコールワットもその流れで行ったんだし、
視界良好ね!結構 面白い問題でるよー・・・

P1060636.JPG  さて、オイラのことはともかく、
今日はクライアントの上杉洋史さんを紹介するよ。あえて本名ね! 正直言うと、オイラさ、上杉さんに、嫉妬しちゃってるんだ。
もの凄いジェラッシー。  その才能にね!
 上杉さんは音楽業界では有名な、作曲家であり、アレンジャーなんだ。
またユーミンのバックでキーボード演奏したりするアーティストでもあるんだ。昨年はあの世界的なロックグループ、スティングのピアニストとしても活動してたんだ。
 アレンジアー、編曲家としても、スマップや、最近ではAKB48まで手がけているんだよ。 アレンジャーだから、 例えばオイラが、てきとうに、
「ラララ〜のららら〜♪」って歌えば、その場で譜面を起こして、メロディーから、リズムのドラムの譜面、ベースの譜面と、仕上げてくれるわけだよね!。
 上杉さんのインタビュー記事が、
P1060635.JPGこの雑誌に載っているんだけど、
「曲を作るの時は、楽器を使わずに、頭の中で鳴らすのが一番イイ」って言ってるんだ。
『うーん、あり得ない』 だいたい、なんで そんなスムーズに曲が浮かんでくるんだ。

P1060637.JPGこの写真が上杉さんの自宅の仕事場。 なんかもう格好いい!!!  いいねー! 
上杉さんの曲の作り方のチャートはこんな感じらしいいんだけど、
オイラには、宇宙作業にしか思うないよ。 P1060639.JPG 
経歴も面白くて、北海道出身で、音大卒ではないんだよね! 
image-2.jpegいかに、早くから、シンセサイザーにピン! と来ていたのか、って感じなんだよ。  キャラクターも、とても穏やかで、面白い人なんだ。
 一度、新潟で "とんねるず"のバンドでツアー中に、「歯の詰め物がとれた・・」と言って、わざわざ新幹線で、オイラの所まで来て、治療して、即効で、ツアー地に、新幹線で戻って行ったことがあったんだ。 
 その時は、オイラも恐縮しちゃってさ、「新潟の歯科医に取り敢えず応急でつけてもらえばいいのに・・わざわざ・・」って言ったんだよ。 そうしたら、
「こだわってますから・・」みたいなことを、言ってたかな。
 無論、オイラは とても嬉しかったよ。
 そのとき、そうやってプロフェッシナルの音楽もこだわって、やっているんだなーって 強烈に感じたのを覚えているよ。 P1060640.JPG 奥さんのカヤちゃんもベーシストで、作詞・作曲家。いつも明るくて、いいんだよね! 昨日も治療に来たんだけど、いつも、音楽の話で、しゃべりっぱなしで 診療になんねー(^^)v

好きなもの追いかけているっていいねよね。  なんだか、 素敵な 人生だな・・・・ いいねー!
 
image-1.jpeg「人生の目的ってなんだろう?」
もちろん
『人生の目的は、目的有る人生を生きることだ』 

 The Purpose of life is to live a life of Purpose.
 
 (最近、英語圏の読者が居ることが、判明したので、英文も載せてみたー(^^;))
人生の目的・・・・誰だって、一度や二度は自問するよね!
答えは、当たり前だけどひとりひとり違うし、しかもひとつと限ったことではない。
 月日の経過とともに変わる事だって、しばしば有ると思うよ。
image-3.jpegただ、人類共通にハッキリしていることが3つ有ると思うんだ。

 1,一度きりの人生  2,人それぞれ違う幸せの定義  3,人間はいずれ死ぬ動物。  
   
最初から、「人生の目的」を知っているひとは、ほんのホンノごく、わずかでしょう。
「目的地」がわからなくたって、気にする必要は無いよ。 自分に「問い」続けながら  止まらなければそれでいいと思う。 
image.jpegオイラ、大学の頃、470級と言う ヨットやっていたんだ。 
追い風の時は、風に身を任せれば、進んでくれる。 
向かい風の時は、風上に向かってジグザグに舵を切れば、目的地は見えてきた。 
でもね、止まるのだけは御法度、 転覆する。 
 風が全くないときは、停止しても大丈夫だけれど、まず微風でも吹いているものだ。 
 「風がやんだ・・」と思い込んで何度も 転覆したものな・・
   結局・・その風を感じる事ができなかっただけ・・

image-4.jpeg上杉さん達の様な才能に恵まれた人にも、みんなにも、オイラにも、

千差万別の風が、必ず、いつでも、吹いているんだ。  

人差し指を、ちょっと舐めて、かざしてみると、・・確かに感じる・・。    
  






藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

アンコールワットのひかり プラム(5)

  P1060199.JPGさーて このシリーズも、今回でラストにしよう。 このままいくと、
あと20回くらい走っちゃいそうだもの・・
  カンボジアは現在は仏教国なんだけど、12世紀後半のアンコール王朝の時は、ヒンドゥー教だったんだ。
 といっても、馴染みがないよねー!  アタマがゾウで、カラダが人間のガネーシャは知っている人も居るでしょ?
P1060603.jpg
ガネーシャは、「富と繁栄 」 「知恵と学問」の神様で、その親が、シヴァ神で、創造と破壊 P1060116.jpgの神ってわけなんだ。  
現在のヒンドゥー教の総本山はインドだね!   ヒンドゥー教の教えって言うとね、こんな感じなんだ。 
『評価が不当に低ければ、運命に貸しを作った思え、   たいした働きもしないのに、高い評価をもらったら、運命に借りを作ったと思え。』
なかなか 面白そうな宗教だよね。

 というかさ・・神様がガネーシャとかだものな・・ なんか肩の力が抜けるよ。 

そんな風なことを、考えながら、 遺跡探検していたよ。
  アンコール遺跡の歴史は、闘いの歴史だった。
 クラッシュ アンド ビルトの繰り返しだ。  
 まさに 創造と破壊ではないか! おう・・ シヴァ神のことだ!
P1060101.JPG  ここで 繋がった・・・  
アンコールワットの地は、世界遺産登録されているため、ジャングルである、自然も保護されているため、空がホントに青いんだよ!  
 そんな 突き抜ける青さの空から、バサっと! 神が舞い降りたか・・という感覚になった瞬間があったんだ。  
それがこの、クラッシュ アンド ビルト・・・・・・・・・・創造と破壊の真理に近づいた時だった。 
 偉大なる遺跡というのは、つぎはぎでは作られてこなかった。
P1060583.JPG ゼロに戻して、最初から創造する。 増築、改築では"そこいらの 建造物"で終わってしまうんだ。
P1060598.JPG創造の産出には徹底した"破壊"が 必要なんだ。  
これは、オイラの人生における、トビキリノ訓告になった!   自己の創造を目指すなら P1060331.JPGば、その前に 徹底た自己破壊が必要なんだ。
  
 保身の心が、自己破壊を臆病にする。  やばいな・・ "そこいらの 建造物" では 納得いかないなら、破壊を回避できない。 しかも生半可な破壊ではダメ・・・ 究極の破壊・・・
  
究極の破壊からしか、 トビキリノ創 P1060362.jpg造は生まれない。 

 折角、シヴァ神、そしてガネーシャに近づいてきたんだし、この機を、
ムダにしちゃあ、とんだマヌケだ!!! 
  まあ、自分の歴史は、自分でつくらないとな・・それは、 アンコール遺跡群と同じく、闘いの歴史でなければ、歴史にならない・・
相手は、オイラ・・オイラ自身・・・
  自分の歴史を創造していくことは、美しい花を、まき散らすものではなく、苦悩するために闘うものなんだ。  
  船長はオイラ自身だもんな。  
船長として絶対に舵を切ってはならない方向がある。
  それは、 流された方向・・自分の目的になってない方向・・

「自分のしていることが、自分の目的になっていないほど苦しいことはない」
P1060621.JPG   

旅の一番の宝石は、チョムさんとの出逢いだったな・・ 

 日本に来るときには是非再開して、チョムさん憧れの 和民居酒屋で、
乾杯!!するとしよう!      

 リア サン ハウイ  (さようなら)
                                     
           オークン   クマエ   (ありがとう  カンボジア)  



藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

遺伝のおもしろいところ・・

image.jpeg今日は、自然科学のアングルからね・・・・
遺伝学っていうのは、実は再発見されたもんなんだよ。オーストリアの修道僧メンデルが最初の遺伝の法則を公式化して、張り切っていたんだよねー! メンデルって名前は有名だよね!  オイラでも、知っていたぜ・・ 

 でも、悲しいことにメンデルさんの発見は当時、全く無視されちゃったんだよ。 それから35年たった1900年に、3人のヨーロッパ人植物学者がね、遺伝の大発見をしたゾーって、これまた張り切っていたら、
「それって、メンデルさんと同じ事言ってるじゃん」ってことになったってわけ。   
遺伝子っていうのはさー 精子や卵子といったような有る世代から、次の世代へと
特定の遺伝的情報を伝える性細胞内の、 とびきりの因子だよね! 
  容姿だ image-7.jpegけでなく、運動能力や、頭の良さみたいのも、
よく、『受け継いだ・・とか、 受け継がなかったなー』なんて言うよね。
 オイラもね、
「いわゆる生まれつき」って 絶対にあるって思うョ。
これは以前、デイビット君の例をあげたように、絶対にあって、どう努力したって超えられない素質ってものがあるんだ。 
 「素質」何という、気高い言葉・・・どうしたって憧れるよね・・ 
 たいていの人は、「オレって素質ないからな・・」「私なんて、両親からしてあれだもの・・」なんて、嘆いちゃったりするわけだ・・。
  まあ、オイラ流に言えば、ゼロからの出発なんて御の字!
onepiece.jpeg あとは 自分でなんとか切り開け・・・ってことになる・・・
 
image-10.jpegだってだよ、場合よっては、三重苦のヘレンケラーのように、負の遺伝子を背負って、生まれてくる者も大勢居るんだものね。 言うなれば マイナスからの出発・・・ここからでも逆転はできるんだ。方法を誤らなければだけどね・・・

 さて、でも今日は、ちょっと違ったアイデアだよ。 
と言うのは、 遺伝の研究が進んであることが、わかってきたんだよ。  最近、遺伝学の進歩的進化論に大きな修正が加えられたんだ。
それは、遺伝的逆行現象って言って、本来、遺伝の過程で、受け継がれず放棄されたと思われる、特性や特徴が、後戻りして、でてくると言うもの。  これは結構おもしろいよ!
これはまだ学界のあいだでも、揺れていて、確定的な、ことは断言されていない。
現在の所、高い image-5.jpeg可能性として、
1, 自分の両親のみ成らず、ずーと家系のルーツを遡って、当時の祖先がもっていて、今では放棄されたはずの、特徴が、あなたに、出現するかもしれない。
2, 自分が、そのことに気付いて、その分野を刺激すると、眠っていた特徴が才能が、出てきやすい環境になる。

これらの説は、とてもオイラを刺激したよ。 ということは、 自分の祖先の特徴を調べて、才能があった祖先がいたなら、

その分野に、興味を持つことはわる image-6.jpegくないってことだもの。
 たとえば オイラの祖先に、ピカソがいたとするよ。 そうなると、今まで、
誰もピカソおじさんの有能な芸術的才能を
受け継いでこなかったけれど、 もしかして、 オイラが受け継いでいるかも・・・って考えられるってわけよ。 これはなかなか、楽しいぞ・・・
 
てなわけで、 早速 オフクロと、オヤジに、 だれか祖先でそういった、トビキリの才能・素質がある人物はいなかったかと・・聞いてみたよ・・
   オヤジの方は、「よく知らないけど、みんな百姓だろ〜 旨い米、作ってたはずだ」との、こっちの趣旨が、全くわかっていないかのような、返答(>_<)
02.jpgオフクロの方は、そういえば 貴族院の議員がいた、雄弁だったらしい」とのこと。
  image-2.jpegげげーー政治家かよ〜   しかたない、もうちょいルーツを、調べてみよう。
  あーあ、おばあちゃんが生きていたらなーーー こういう話大好きで、よく知ってたのになー
image-1.jpeg  画家とか、小説家とか、クリエイティブなところを・・期待しているんだけどな・・・この際、大海賊王で、七つの海を制覇した祖先なんてのも、歓迎だ!!!
    image-8.jpeg なーーんて、まあ、こんな風に考えてみただけでも、なんとなく 楽しめたよ・・・・人生、ひとかけらの、可能性でも追って、
楽しくいかなきゃね! 
  楽しい人生っていうのはさ、 
自分の人生を愛すること、なんだと思う
   そして
      愛することは、自分を追い越すことだろうな。

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

アンコールワットのひかり ブォン(4)

P1060466.JPG今日は、トンレサップ湖を、是非とも、知ってもらいたいんだ! P1060463.JPG
 この湖はカンボジアの中央にあってね、
琵琶湖のの10倍のおおきさ・・水平線も見えて、海にしか見えないんだよな。 
水深は1メートルしかないんだ。 体重100キロを超えるメコンオオナマズや、フグなど600種類以上の淡水魚が生息する、魚の宝庫みたいな場所だよ。
 ただしワニとかヘビとかも、ウジャウジャいるからね。
P1060483.JPG 
 さてさて、ここには水上生活者が家を水の上に浮かべて、生きているんだよ。 P1060467.JPGもちろん学校もあるんだ。
 ここにはひとつの町があるんだよ。
 しかも3ヶ月ごとに家ごと(船みたいに動く)移動しているんだってさ。  雨の量の関係とか、風向きとかが、その引っ越しを決める要素なんだそうだ。
  
 トイレもシャワーも風呂も水道も、すべて湖の淡水に頼ってるんだ!   しかし、これにはオイラも、度肝を抜かれたよ。  
オイラ達は、こ P1060485.JPGんな 観光船っぽい船で、探検に行ったんだけど、操縦してるのは、子供だよ、こども。   P1060484.JPGみんな、今にも壊れそうな手作りの船で、生活しているんだ。 市場や、雑貨やみたいのも、あったり、酒を飲めるような家というか船というか、なんか木の家もあったよ。
 昔からこういうスタイルらしいんだ。
 この、水上生活者とトレンサップ湖は、
現在、世界遺産に登録申請中になっている。
P1060487.JPG これは確かに世界遺産だよ。 ここで生まれ、ここで結婚しここで死んでいく・・・そんな町の人々・・
  ちょっと、日本ではあり得ない・・・ 

是非みんなに,知って欲しいのが、この一寸法師の子供達だよ。
P1060475.JPG たらいに乗って、これで町中を冒険しまくっていた。 ものすごく無邪気で、「キャッキャキャッキャ」って笑い声が、湖中にコダマしてたよ!    ヘビを、首 P1060472.JPGに巻き付けて遊んでいる子もいて、思わずのけぞったぜ!
  やけにハツラツと幸せそうなんだよな(^o^)     この子達は、文明の恩恵にはあずかれないのだろうけど、 それも ひとつの人生だって思うな。  この水上の町の人達はとても仲がいいんだそうだ。
 たしかに、これは、すごい連帯感で繋がっているよね。 "絆" ってこのことだよ。  みんなで助け合わないと、とてもとても、何世代もこの生活が成り立つわけはない。 
 全員が家族なんだと思ったよ。 P1060474.JPG 
 これは強いな、友人も家族同様なら本気で強い! 
 そもそもオイラ自身を助けてくれるものは、友人の援助そのものと言うより、友人の援助があるという 強い確信だもの。 
 
 『 天国にひとりでいたって 苦痛なだけだ。 それならオイラは、気の合う最高の仲間と地獄でも、探検してた方がずっといいよ!、
まあ、オイラはね・・・』 
   P1060468.JPG ここでは、寿命はそんなに長くはない。 病気にもなるからね・・・・
オイラをはじめ、 殆どの人は、この水上生活はできない・・いまさらね・・でも、敬意を表したいんだ。 人間にとって、病気や苦悩に負けることは、恥辱ではないはずだ。
 むしろ快 P1060478.JPG楽に負けている文明人こそ恥辱ではないのか!
  ここの人達は、
「明日のことしか考えない」って教えられたよ。  そのとき、オイラは、
「そりゃー、こんな生活スタイルでは、遠い未来のことなんて考える余裕ないでしょ〜」って瞬時に思ったんだ。 
 ところが、チョットニュアンスが違うようなんだ。
 
 翻訳すると 「昨日のこと、過ぎ去ったことは考えない」ってこと。
P1060488.JPG  
「ふりむくな・・
うしろには 夢がない」  ・・・・・・・
  
明日のことを クメール語で 
「スアエク」、昨日のことは 「ムサル メン」
       

『スアエク  スアエク  スアエク・・・・』 
 ・・・・・・・・・魔法の呪文・・・・・     
        

  
   
   


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

憂国

P1060398.JPG

 今日は、好評いただいていている(^_-)アンコールワットシ・リーズはお休み。 バックの写真だけ、カンボジアで、よろしくね!

というのはね、「えー!」って思うことがあったんだよな。 開業当初から来ているクライアントの元政治家のS・Iさんにね、「今年は、国会に大きな動きがありますねー!」って ふったらさ、

 『国会議員は、ダメですよ、だって やるきないもの』 っていうんだよ!  『な、なんという聞きづてならない発言!!』 オイラは、S・Iさんに、ツッコミ入れたよ。

 「S・Iさんの、政治から離れているから言えるけど・・・」の話の要約はこうなんだよ。

P1060454.JPG P1060414.jpg

「ほとんどの国会議員が、はじめは真剣に"この国を良くしよう、変えよう"という竜馬のような高い志を掲げて、入ってくるんだと言うんだ。。 

  しかし、いざ当選してしまうと "せんせー せんせー" と言っておだてられ、派閥の中に入ると、どんなトラでもネコになってしまうって言うんだよ。 国会議員は、交通の面とか沢山の特権を手にできる。 

だんだん 勘違いしていってしまうらしい。 結局、国会議員になって国を変えることが目的であったはずが、

国会議員になること、そしてその自分の地位を守ることが、主たる目的にすりかわってしまう。

  大臣にでもなったら、それは、もう大変・・ 警護のSPはつくし送り迎えの黒塗りの車が個人に配置される。 "うちの街から大臣がでたー"と後援会も、盛り上げる。

P1060510.JPG

 もうやめられない・・どうしたって、しがみつきたい。

     議員定数削減って、どの党も言うけど、実際はやれてた、ためしがなよね。 次回の選挙で、自分は大丈夫だとしても、 友人の代議士が、オレは、落選するかも・・って言われるとその家族とも、付き合いがあったりして、もう持ちこたえられない。

あとは、貝にになって、潮吹いてるしかないんだ。 プハー・・・・・ 

P1060124.JPG

  驚くべきは、 議員の中には、 "自分たちは 議員で ある前に、人間なんだ。"という空気が蔓延していると言うこと。 そうなると、天下国家のことより 自分の生活、家族の生活が一番の関心事になってしまう。 でも周りもみんなそうだから感覚は鈍っていく。 いわゆる 永田町の感覚ってやつだ! 

 結論は、「最低でも議員年金が出る年数までがんばって議員で、ありつつけるぞ!!」 という、もうあまりにも壮大すぎる、途方もない、ミドリムシクラスの志に変換されてしまうんだ。 」  

P1060108.JPG

オイラね、なるほどって思ったよ。  よく、参議院は解散もないし6年間は安泰だー! なんて言っている議員がいるけど、もの凄く違和感あるものな。  

 最近、オウム真理教関係で、かつてのジャーナリストの有田芳生がTVに出ているけど、この人さ、参議院議員だったんだね。 当時の輝きは全くない。 角の折れた牛みたいだ。 丸山和也議員も「行列〜」に出ていた頃の面影もない。国会では、自民党の仲間からも、相手にされないので、都知事選に出るって話題になったけど、本人、思い切れず・・・ 柔らちゃん議員にいたっては、小沢一郎のペットにしかみえなくなっちゃたよ。

P1060091.JPG

 結構、好きだったのにな・・・ 

P1060526.jpg

・・・ それもこれも、S.Iさんの話で、すべて解明されたよ。

[やるきない・・・、もう笑っちゃうよ・・] 

   それでね S.Iさんは、オイラが、以前から橋下徹を絶賛しているのを知っているので、こんなことも、言ってたよ。 「橋下さんは、永田町からみれば、ヤクザそのもの・・」 「府知事時代に実際、議員数も減らしているし、 自分たちの力では どうにもこうにも丸め込めない厄介者」「やるといったら、本当に 即効で実行するので 、現在、永田町はマスコミで報道される以上に尋常ではないパニックだと・・」   

 フフフ・・・ やってくれるね・・まさに闘牛だもの・・ 角無しの牛たちが、束になって、おだてに方向転換するのも、

わからないでもないけどさ・・  あー芯が,ねーよな!

人間はみんな、いつ刑が執行されるかわからない、

P1060186.JPG

猶予づきの死刑囚なのだ(ビクトル・ユーゴー)

  だいたい 命はもっと粗末に扱うべきなんだ!

 命は生命は 丁寧に扱いすぎると澱み腐る。最近の連中は、

ホントもう、やりすぎ・・・自分を大事にしすぎた。 

その結果、機会を掴めず、ズルズルしながら腐っていくんだ。

 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

アンコールワットのひかり バイ(3)

P1060506.JPG今日は、カンボジアの学校を紹介するね、 
カンボジアの学校は前号で紹介したように、自国で建てた物より、
他国の援助でなされることが殆ど,なんだ。
 オイラは、是非、学校を見てみたいって、強く思ってたんだ。
 そうしたら停まってくれたさ(*^_^*)  
 たまたま何だろうけど、熊本県のライオンズクラブが、建てたという立派な学校。  ライオンズクラブも、なかなかやるねー(^o^)  
 うれしくなっちゃったよ。
P1060507.JPG  子供達は、みんなイキイキしてるよ!  みんな いい顔してた!
   ここに国境は ないな!
  P1060503.JPG こっちが、カンボジアでの中流よりチョット上の家なんだ。 いかに 熊本スクールが立派だかわかるでしょう!     カンボジアでは通常、一般家庭には、水道も、電気もないんだ。 P1060453.JPG 
  P1060504.JPGチョムさんが言うには、
「せめて井戸だけでもあれば、カンボジアの子供達も、午前中から学校に行かせてあげられるはずだ」とのこと?????    なんのことかと思いきや、 
要するにカンボジアの子供達の、一日の日課は、まずは 水くみに行くことらしいんだ。 これで午前中は、いっぱいいっぱい時間をとられてしまう。 カンボジアの気候は年中夏で、湿度も高い。 
そんな午後に 『ちょこっと 読み書きの勉強しても、本当に、能率があがらないんだ』って嘆いていたよ。  もちろん学校にも、家にも、クーラーなるものはないからね。
 言うまでもないんだ P1060175.JPGけどね。   
  夜の"あかり"は、、ろうそくランプが、大活躍、
当然、ひっくり返して、家ごと焼けてしまう人が後をたたないらいし。  

だから国家としても、学校より、そういったインフラ整備が優先事業になるんだ。 それでもまったく、なっちゃーいね〜  
 この状況で、チョムさんの様に、「カンボジアを 自分たちに手で・・」と強い志をもって、学習に取り組むのは、
本当に並大抵に努力、根性ではないよ。  
 『 ほんとに、わずかな時間、わずかな ひかりを頼りに、 学習し続けてきた』と、
チョムさんが、さりげなく言うんだよな。   
  ここでは 『生きるために生き、生きるために学んでいる』 P1060368.jpg・・
ホントに実感するよ。
    チョムさんの苦手は、数学というか、算数なんだ。
 日本の歴史までよく知っていて、
「クメール王朝の時日本は、源頼朝が〜」なんて、スラスラ出てくるし、難しい、日本語も平気で読解するけど、
計算が苦手で、よく お釣りを多めにしてしまったりする。 
 教育を受けてないひずみを垣間見るんだけど、なんだか、胸が締め付けられる思いだった。   全部自力で学んで来ているんだものな。 

次世代には、しっかり教育をうけられるよう、チョムさんは、井戸のボランティアからやっているんだ。 学校があっても、子供達が行けなきゃしかたないって。  
「 日本の税金で学校を作ってもらったりもしている。皆さんの年金減ってしまうかも知れなくて、すみません。  絶対自分たちの代で、なんとか自立にもっていくので、
もうすこしだけ助けて下さい。 感謝してます。」
 と 驚くべき流暢さと語 P1060509.JPG彙力でオイラ達に話してくれていたよ。 
    こういう姿をね、目の当たりにすると、
  『あなた方は、なんでそんなに恵まれているのに、 
    とびきりの 環境に居るのに、
    やりたいことを、やらないんだ』
  って 
そう問われているようだった。 ふーコタエルゼー!!!!!!!!
 
 恩師・江守先生が掲げた 山手学院見学の精神は
  『世界を舞台に活躍でき、世界に信頼される人間を育てる』 と言う P1060422.JPG事だった。
この[きりたんぽ]そっくりのカンボジアの食べ物みたとき、世界って繋がっているんだなって 心を打たれたよ。  ちなみにこの中にはバナナが入ってた(T_T)
  
今日の段階で ユーロが97円まで下げている。 これは経済をかじっているオイラから見ても、
心臓が分身してしまいそうなできごとだ。 
 いったい世界はどこへ向かって行くのだろう。
                     この先 10年は 今までになく、 世界を見ながら 日本をそして 自分を見ていかないと
 確実に 取り返しのつかないことになる・・・ 
だいたい、日本は、空前のデフレ・不況なのに P1060170.jpg
相対的には、それでも「円」が強いって、
 
欧米先進国もはなにやってんだ!!!!
    

とにかく!
           『しまって いこうぜ!』
   
    
  
    

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

アンコールワットのひかり ピー(2)

250px-Cb-map-ja.png今日は、カンボジアのアウトラインからいこうか(^^;) 
 場所は隣国がタイとベトナム、仲悪いんだってさ。
もともと、フランスの植民地。公用語はクメール語,字は右のゴミ箱に P1060419.JPG描いてある感じ・・わけわかんないよね・・
ありがとうは 『オークン』
って言うんだ。これだけよく使ってた。
 1は「ムオイ」 2は「ピー」って言うんだよ。 公用通貨は米ドル。
カンボジア通貨のリエルっていうのがあるんだけど、現地人さえ自国の通貨を信用していないんだ。このアンコールワットの印刷された500リエラ紙幣だけ P1060622.JPGは、財布に入れておくと"天空から幸せが舞い降りる"とかで、
異常人気でみんな欲しがる。オイラも新札ゲットしたよ!  硬貨は流通していないんだ。お土産になるものは皆無なんだけど、
この置物だけは、もの凄く気に入って、手に入れてきたよ。一個しかなかった。 P1060630.JPG  このカンボジア人と豚さんのスマイルこそ、カンボジアの未来に繋がっているって感覚に訴えられたんだ!  日本円にして2千円程のもの。

(*^_^*)  ゾウんと、サルさ P1060089.JPGんが普通に歩いているよ。 オイラなんて、いきなりアタリが暗くなったと思ったら、真後ろにゾウさんがいて、
心臓2メートルくらい飛び出したゼー・・サルは日本の野良ネコより多い感じだよ。もっと山の方にいくと、野ゾウ、野トラとか、うじゃうじゃいるってさ。 

首都はプノンペンでオイラが行ったのは、アンコールワットの街
P1060273.JPG「シェムリアップ」だ。プノンペンとの間に琵琶湖の10倍の大きさのトンレサップ湖がある。
ここには、水上生活者が村を湖の上にキヅイテイテここがまた衝撃だった・・ある意味アンコールワット遺跡より、ガツンとやられたよ!  
シリーズの中で伝えるよ・・あー伝えたいこといっぱい過ぎだー(>_<)
P1060139.JPG 人口は1400万人で東京都と同じくらい。国の大きさは日本の面積の半分で、
20年前まで内戦してた。ポルポト政権時に、教師、医者、芸術家、インテリ層、指導者層ばかり300万人が殺され、バカばっかり残ってしまった。
それでみんな、すっかりやる気 P1060235.JPGを無くしてしまったって、日本語ガイドの友人、チョムさんが唇かみしめてたよ。 
チョムさんは、30歳で、子供の頃はAK銃なども持たせられてたって。
防空壕の中でも、雨期には水浸し、窒息しそうだったって。 戦 P1060173.JPG争が終わっても、外人観光客に、物乞いばかりしていては、「カンボジアの発展はない」って感じて、独学で、フランス語・英語・日本語をマスターして現在韓国語を習得中とのこと。
ガイドの仕事も、閑期を作らずにびっちり埋めるには、5カ国語くらいのマスターは必要だって。  例えば日本人は4月や10月は国民的に忙しいから来ないみたいなニュアン P1060497.JPGス・・  国によってホリデーがちがうもんね。  チョムさんは、ガイド半分、後半分は自分の夢や、国の夢を熱く語ってたよ。 そこがね、オイラさー、気に入った!!!!!(^o^)

日本人にはとても感謝してくれていた。 道路も日本の政府が舗装してくれたところは最高のクオリティで、真っ平ら、 「ここがその道路でーす」って走ったときは、本当に滑らか、それでね、しばらく走ったら、急にガタガタ来たんだ。 そうしたらこの先50キロくらいは中国政府がやってくれました。だってさ・・ でも距離は中国の方が長いらしい。国民性出るよね。
P1060498.JPG チョムさんが、日本は素晴らしい国だって、よく言うので、 
どうしてそう思うのか、しつこくオイラね、インタビューしたんだ。 そうしたらさ 「先ず、 アジアのほとんどの国が、ヨーロッパ諸国に植民地化され、力負けして服従していた時代。」 アジアの端の方で、真っ向勝負している国があると聞いてきた。
それが日本だと・・ まさか ロシアに日本が立ち向かい、勝つなんて、おいおいジョーダンだろみたいな感動があった。という。
P1060452.JPG降伏するなら死を選ぶという精神・・・今でも、私を勇気づけてくれる・・と・・・ すべて 流暢な日本語で話すんだよ。 
ことわざや四時熟語まで自由自在だよ。 たった2年だよ
 「すごいよなー よく知ってるナー」ってみんなが言うよ。 そんなとき ポツリと「しゃべらなくちゃ、仕事がとれない」・・て。
 やべ〜オイラも中国語しっかりやるどー!!
 「日本人のワタミ居酒屋の社長さんが、カンボジアに30よりもっと多く私財で学校つくってくれている、とても感謝している・・・まだ増えてるので正確な数は不明・・・(親のない子は全員、私を父だと思ってくれって・・・言ってくれた)
P1060402.JPG恩返ししないと 生きていけない・・・」 。
 『我々の手でカンボジアを発展させる、見ていてくれ、』 
『 日本には 、この先も、ずっとアジアを引っ張っていって欲しい。マインドが素晴らしいのは日本人だ。 バカにしないで対等に、約束を守ってくれるのも日本人だけなんだ。』・・・・
 おいおい そんなに褒めるなよ・・・
       ふあー。まったく オイラなにやっているんだ。
顔から炎が出るぜ!!!
 
日本は自国のことのみ考えていてはダメなんだ。 
 リーダーたる宿命から逃げては、末代までの恥になるぞ・・・
P1060482.JPG アジアのリーダー、そして世界のリーダーと言うのが
        求められる定め・・MISSION

そして、世界の仲間達を、しっかり支えなくてはならない。・

先頭を走れ、シッカリと前を見て先頭だ、
 
  望まれ、期待されている・・・
P1060278.JPG前に誰かが,走っている状況に満足するな・・・、似合わないんだよ・・・そういうのって・・  
 
先ずは、国会議員全員に告ぐ、
   なに内輪でゴチャゴチャやってんだよ・・往復ビンタだ!! 
         
    カンボジアの、「こころからの声」を、よく聞くがいい・・
  

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

アンコールワットのひかり

P1060321.JPGはーい(^^)/ 
あけましておめでとうございます。 
久々ですね!
 さーて、では早速いきましょう・・
レッつGO!!
 カンボジアに行ってたんだ! 
世界遺産検定の学習していたら行きたくなっちゃってね・・それで・・
 なんでカンボジア??って思うよね・・・  
それは 時を遡ること何十年・・
オイラが小六のときさ・・
当時、漫画家志望のオイラは、少年ジャンプにオイラは、第二作目の「ドクロくん」を集英社に送った。その時、その、
少年ジャンプに、赤塚不二夫の読み切り「ウンコールワット」が発表されたんだ。 それを読んで、オイラは、あまりのセ

P1060285.JPG
ンスの差に、愕然・・筆を置くことになったんだ。 後に、アンコールワットと言う遺跡が、カンボジアにあることを、知るけど、本家は
「ウンコールワット」がだと、かなり長い間信じてたもの・・・・
 カンボジアで、みたこと聞いたこと、その国の、匂い、臭い、空気・・・知り合ったカンボジア人・・・オイラは、血液が、全部入れ替えられたような気分だよ。 大きな大きなダイヤを拾った様な感じだ。
 とてもとても大切な、
   裸で,事物、事象をとらえる思考形式』を学んだよ。
P1060313.JPG
その根源にいるのが、日本語ガイドのチョムさんだ・彼は、わずか2年の独学で、日本語を自由自在に話す。 メチャクチャフザケタ性格、それでいて、カンボジア国民を憂う。
 彼との出逢いが、今回のカンボジア探検・・アンコールワットの旅を、単なる、「探検観光旅行」から、
「魂の泉の足跡」へと変換させられた。 カンボジアは、まさに第三世界だ、日本やUSA、ヨーロッパを中心に人生を乗せていこうとすると、必ず、見失って行く物があることは以前から、オイラ感じていたよ。
中国にも行ったり、東南アジアも行ったりするけど、第三世界に、ピン!!とくることは、
今までになかった。
 
P1060252.JPG
同情と、覚醒は全く違う! 今回は 完全なる覚醒・・。 
血液が逆流する瞬間が何度も来た!
  2012大きなものをいただいたよ!  みんなに伝えたいことは、
いっぱいあるんだ・・年賀状にも、同級生で、秋田で開業している、
イケメンの稲葉のイーチャンから「おいらも、おいらブログ読んでるゼー」なんてエール送ってもらったしな! サンキュー(^^)/   
「アンコールワットのひかり」は、シリーズで発信するね・・ 
まずは あいさつみたいなものさ!   ひとことで言うとね、
 「生きるって、もっとシンプルなことなんじゃあない?」ってこと。
P1060297.JPG
日本や先進諸国の空気にドップリだと、いつの間にか複雑になっていく。 問題になることがないことを、自ら、問題にしてしまう。
欧米人の考え方が、絶対だなんて、虚構だ・・それぞれの国に、誇るべき文化、考え方が、ある。誇るべき、祖先がいるんだ。 もちろん、どこの国の人も、絶対ではない、
それでもね、うつ病になる人、登校拒否、出社拒否、ひきこもり、ニート、自殺する人、
いずれも、カンボジアには、というか、第三世界ではホボ皆無だ。
   
P1060068.jpg
 日本に帰って来たら、有識者?による。討論番組がやっていて、
なんか笑っちゃたよ。 それって、そもそも問題にすることなの?
 無から問題にしてる張本人はオタクらでしょーって・・・
    成田空港のBOOKストアに「心の折れない方法」?みたいなのが、山積みされていた。
 カンボジアに行く前にも、同じ本見かけて、その時は
「まあ、それって、人それぞれでしょうー」って感想を持ったんだ。
 偶然帰ってきたとき同じ光景を見た。その時、
「折れている場合じゃあないだろ」
・・・・・・・・それにそんな方法論に時間を費やすなんて、暇な貴族のやること、中世の貴族が暇つぶしで、トランプしているのと全くの同等・・・・・  
そんな風に感じ方が、変化してたよ・・
 問題を複雑にして、根っこの一番大切なことを見失っては破滅だ。
 
P1060376.JPG

 「えー、こころの折れないようにする習慣は、いくつかありまして・・・・まずは三週間続けて欲しいのが・・」   なんて、 複雑過ぎて、実行できない・・すぐいつもの自分になっちゃうよ!
  
「折れている場合じゃあない!」 
このワンフレーズで 問題そのものが
                                 EXTINCTION(消滅)

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ