CONCORDE

CONCORDE

2009_08160001.JPG2009_08160011.JPG 

     

 

 

 イギリスとフランスの共同開発により、生まれた夢の超音速旅客機コンコルド。  フランス語で「協調」「調和」を意味するコンコルドは、通常8時間かかる パリ?ニューヨーク間を、わずか 3時間半で飛行。   最高速度は マッハ2.2 。 

    通常の航空機よりもはるかに高い高度17000(成層圏)での飛行、細い胴体、折れ曲がる機首、美しい三角翼   鳥のようなコンコルドの姿は、世界中を魅了してきた。  

しかし 燃料効率の悪さ、わずか100名の定員数、飛行時の騒音など多くの問題を抱えるために、敬遠され

2003年10月24日 ブリティシュ・エアウエイズが最後の営業飛行を終え、コンコルドあ終焉を迎えた。

オイラはこのコンコルドに ずーっと 憧れていて いつかは乗りたいって ずーっと思っていたんだ。  まさか 運航停止になるなんて!  夢にも思わなかったよ。 

  先週セスナ機を、自分で運転してみて、 すぐにこのコンコルドのこと思い出したよ。      なんで 乗っておかなかったんだろう!って 今でも後悔し てるもの。   コンコルド機を所有していたのは、エアーフランス、とブリティシュ・エアウエイズの2社なんだけど、 1976年初飛行以来、無事故でき た コンコルドが 2000年7月25日に エールフランス機が パリ近郊で離陸後に炎上してしまったんだ。 FIREBALLだよ。

2009_08160021.JPG

   そのとき、オイラ自身 ものすごいショックを、受けたのを、いまでも鮮明に覚えているよ。

    そして その日の ブリティシュ・エアウエイズの社長会見が、あまりにも、カッコよくて 今でもシビレルんだよね!     

ものすごく ダンディな社長が 一人で出てきて 「われわれは 絶対の自信をもって コンコルド機を、飛ばしている。 明日からも一つのダイヤの乱れもなく 飛ばす!」   2009_08160018.JPG

 

世界的世論が 運航停止 それ見たことか、 と言わんばかりの空気だったから すごい勇気ある決定だと思ったよ。   ムロンそれ以来 コンコルドに事故は一回もなかったよ。

  あの 絶対的な自信、世界中から集中砲火くらっても、ブレない姿勢、 コンコルドには乗れなかたけど、 コンコルドがオイラに残してくれたものは いま、現在も飛行中だ!

2009_08160015.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

コメントする

ページのトップへ