院長ブログ 2009年8月

国立新美術館

2009_08300013.JPG 2009_08300037.JPG 2009_08300016.JPG 2009_08300026.JPG 2009_08300030.JPG 2009_08300043.JPG


The National ART Center Tokyo     六本木にあるこの アートセンターは乃木坂の駅に直結している。  設計が 天才・黒川紀章なのと、 ロゴ担当が 大好きなアートディレクター・佐藤可士 和なので 一度行ってみたかったんだ。  建築って、オイラすごく興味あるよ。  やっぱり すごかった!

 トップの写真中の"新"のロゴ 赤い奴が、可士和氏の作品だ。 実にこの建築物の個性を、引き出しているよ。 感心したもの。  真ん中の 円盤 状の建築は カフェなんだ。 むろん、オイラもここで一休みしたよ。^^v    館内では"ルネ・ラりアック展"というのが、やっていて それも、もち ろん見てきた。  でも建築の美しさの方が際立ってたよ。   一流に触れるって本当に素晴らしいな。  

いつも 一流の絵画、彫刻、 音楽なんかに触れると、オイラは身ぶるいするんだ。  今日も身震いさせてもらったよ。   スポーツでも仕事でも そうだけど、 二流三流はいらないし、興味もないんだ。  一流だけが オイラを 魅了する。   "常に一流であれ!"

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

CONCORDE

2009_08160001.JPG2009_08160011.JPG 

     

 

 

 イギリスとフランスの共同開発により、生まれた夢の超音速旅客機コンコルド。  フランス語で「協調」「調和」を意味するコンコルドは、通常8時間かかる パリ?ニューヨーク間を、わずか 3時間半で飛行。   最高速度は マッハ2.2 。 

    通常の航空機よりもはるかに高い高度17000(成層圏)での飛行、細い胴体、折れ曲がる機首、美しい三角翼   鳥のようなコンコルドの姿は、世界中を魅了してきた。  

しかし 燃料効率の悪さ、わずか100名の定員数、飛行時の騒音など多くの問題を抱えるために、敬遠され

2003年10月24日 ブリティシュ・エアウエイズが最後の営業飛行を終え、コンコルドあ終焉を迎えた。

オイラはこのコンコルドに ずーっと 憧れていて いつかは乗りたいって ずーっと思っていたんだ。  まさか 運航停止になるなんて!  夢にも思わなかったよ。 

  先週セスナ機を、自分で運転してみて、 すぐにこのコンコルドのこと思い出したよ。      なんで 乗っておかなかったんだろう!って 今でも後悔し てるもの。   コンコルド機を所有していたのは、エアーフランス、とブリティシュ・エアウエイズの2社なんだけど、 1976年初飛行以来、無事故でき た コンコルドが 2000年7月25日に エールフランス機が パリ近郊で離陸後に炎上してしまったんだ。 FIREBALLだよ。

2009_08160021.JPG

   そのとき、オイラ自身 ものすごいショックを、受けたのを、いまでも鮮明に覚えているよ。

    そして その日の ブリティシュ・エアウエイズの社長会見が、あまりにも、カッコよくて 今でもシビレルんだよね!     

ものすごく ダンディな社長が 一人で出てきて 「われわれは 絶対の自信をもって コンコルド機を、飛ばしている。 明日からも一つのダイヤの乱れもなく 飛ばす!」   2009_08160018.JPG

 

世界的世論が 運航停止 それ見たことか、 と言わんばかりの空気だったから すごい勇気ある決定だと思ったよ。   ムロンそれ以来 コンコルドに事故は一回もなかったよ。

  あの 絶対的な自信、世界中から集中砲火くらっても、ブレない姿勢、 コンコルドには乗れなかたけど、 コンコルドがオイラに残してくれたものは いま、現在も飛行中だ!

2009_08160015.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

大空へ、

  この夏、大きな体験を、したよ。 オイラ自身の中に眠る壁を、打ち砕くため、自分自身を一度、バラバラに砕き、再生させた。  具体的に どういうことか は 事情があって、公開できないんだけど、自分の壁が2枚は確実に崩壊した。 うん! 気分爽快^^だ。  ステップアップには、現在の自分を、一旦バラ さないと、たいした進歩は望めない。  これは今までの オイラ自身の経験からわかるんだ。過去の苦しみ、文化的習慣、社会常識など全てを、一旦手放す。  

今回 これを、実行できた。  場所は 米国の某地域。  温暖な気候の風の心地良いところだ。

 思考は磁石のようなもので、その思いには特定の周波数があるんだ。誰もが思考やイメージを描くと、それが宇宙に放射されて、同じ周波数を持った事象を引き寄せるんだよね。あなたが、放射する全てのものが、その源である あなたに戻ってくるんだよね。 

  我々は思考を用いて周波数のある波動を放射している人間放送局だよ。 もしあなたが、自分の人生の何かを変えたければ、思考を変えることによって、自分の波動を変えれば良いってことだ。

2009_08110073.JPG 

最終日に、時間をとって、セスナ機の操縦桿を握らせてもらった。 こちらも 初体験!  隣にプロのパイロットが乗ってくれているんだけど、緊張し たよ。 もともと飛行機やヘリコプターは好きなんだけど、自分の運転っていうのは初めてだもの・・・  着陸以外は30分すべて運転させてもらったよ。  風の影響をモロにうけるんだよね。  結構 びっくりするよ。  大学時代ヨット部だったから、風の感覚には慣れてると思ってたのに・・・

海と、空では全然違うんだね///

大空に  自分で 操縦桿握って飛ぶって、かなり感動するよ。  良いおまけでした^^。 乗り終えた後  本格的にライセンスを取らないか? って薦められたけど 「ヘリコプターの方が 好きなんです」って わけわからない受け答えをしてしまった。 ^^! 

 

2009_08110074.JPG

 


藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

オイラ、講師編

 ハワイから帰国後直ぐに、 医師会から頼まれていた講演に出向いたよ。 歯科医師会でなく、医師会の方ね!  医師会の先生達は、勉強好きのようで、こういう依頼は、よくあるんだ。

  今回は、地域医療研究会主催なので、藤沢北部地区で、活躍されている先生達が中心に集まっていたね!  

    DSCF6077.JPG         座長が 耳鼻科の本郷先生(左下写真)で、 中学の同級生で、仲が良い、内科の石原先生も来てたので、リラックスムードで、 始められたよ。

オイラの講演内容は、専門の、 「インプラントと、審美治療最前線」 

講演で喋るのは、慣れているから、まあ なんともないのだけれど、 なんせ お医者さん相手なので、 質問が 鋭いんだね!

  とくに、形成外科の先生からの質問はシャープだったね・・ 分野がリンクするので、 詳しく突っ込んだ質問が、シャワーのように来るんだ。

こういう風に 反応が鋭いと、オイラは、もう嬉しくなっちゃう^^v 

わーお^^! ッて感じだ!

 これは、さりげなく 講演するオイラね^^@

 

DSCF6081.JPG

DSCF6083.JPG

DSCF6084.JPG今回、他科のお医者さんと、話して感じたのは、みんな、クライアントのみなさんに、少しでも貢献したいと、全力で、頑張っているんだな・・・ってこと。

  オイラも、フルスロットルで、がんばらなくっちゃ! って  気合!がはいったさ"" 

   来週は オイラ・ブログも夏のお休みです!                 カールトン・ペリオ インプラントセンターは、    8月9日ー16日 まで

お休みです  それでは 皆さん ビシッと、夏を乗り切りましょう・・

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ