大口を開けて夏を飲み込む(歌舞伎編)

大口を開けて夏を飲み込む(歌舞伎編)

一緒にニューヨークに行ったこばぽんと、納涼歌舞伎へ行ってきました。

A7EF1013-A0C2-40F6-AD0C-58BAE9ADAD1A.jpeg

こばは約3年ぶりということで、奮発して一番前の席じゃぁ!!ででーん!

 

有楽町で待ち合わせして、ふらふらショッピング。

多分この日170センチくらいだった私に対して

ヒールを履いて175センチくらいの身長で登場したこばぽん。

日本で会うと私たちのデカさが増すね。

 

開演時間までちょっとお茶して、、、と、カナダのお土産を渡された。

ないと思ってたからビックリして、、、って、あれ?

袋の中に入っているのは、カナダグッズと見覚えのある自由の女神の置物。

〔私がカワイイと言ったデザインを、こばが友達のお土産用に買って帰ったやつ〕

「え!なにこれ!」と言うと「ニューヨークの思い出を忘れて欲しくなくて、お揃いで買っといたの」

ですって。

なんと嬉しいサプライズ。

「余ったの!?ちゃんと友だちに渡した!?」と好意を素直に受け取れない残念なわたし。

しかし、違うらしい。ほんとに用意してくれてた様子。

現地で買ってたマックの口紅も、こっそり私の分も買っててくれたみたいで、入っていた。

そして最後に手紙もくれました。(もうニヤニヤ恥ずかしくて、手紙は家で読むことに)

断言します。彼女は最高の子です。

BB1BBB58-E927-43D4-807B-AD26BDA78AD5.jpeg

 

 

 

18時前、歌舞伎座へ移動。

演目は〈盟三五大切〉(かみかけてさんごたいせつ)。

簡単に説明すると

愛した芸者に騙された(お金を巻き上げられたり、実は結婚してたり)幸四郎さんが

怒り狂ってたくさん人殺しちゃうやつ。そしてこの芸者役を演じるのがこばの好きな七之助さん。

 

クスッと笑えたり、びっくりシーンにこばと顔を見合わせたり、

憎悪で自分を見失ってく幸四郎さんに恐怖を感じたり、

何より今回「何言ってるかわかるっていいね!」だった。

聞き取りやすかったのよ、話し方が!ありがたい。

 

歌舞伎は、1つ1つの動作が絵になるから素敵。

表情、演者の出す雰囲気、何もかもが美しかった。

 

 

大満足で帰宅。

〈新作歌舞伎のナルト〉に行けないのは心残りだから、どうか追加公演がありますように。

 

 

 

 

あずさ

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

コメントする

ページのトップへ