2018年3月アーカイブ

みんちゃんとライブに行く予定だったのに、合流した彼女は体調が悪く、

途中で電車を折り返して帰ってしまったため、1人ライブin新木場!

 

着いたときにはライブは始まっていて

友だちに勧められていたグループ、CHAYの[NEOかわいいバンド]に衝撃を受けた。

全身ピンク、声までピンク、なのに話す内容はクセのついた柔らかいトゲってかんじ。

その後、在日ファンクのファンキーサウンドとパフォーマンスに会場は湧いて

Ovallで溢れ流れる音を聴いた。

09C77671-3274-4EF4-AB7B-E1D1B9DC3790.jpeg

 

そーーーしーーてーーー

トリはKICK THE CAN CREWー!

 

はーあ。幸せ。

何度会っても会い足りない。何度聴いてもまた聴きたい。

ライブの魔法がかけられた私は、もうライブに行きたい。

 

 

 

あずさ

キラリンが春休みのため、久しぶりに3人でお出かけ〜☆in代々木公園。

桜の木の下でシートを引き、あすぽんが作ってきてくれたグレープサイダーで乾杯。

イヤイヤ期らしいキラリンは、「イヤヤ」と言ってるのか「チャチャ(お茶)」と言ってるのかよくわからなくて

シートの上を暴れ回っていました。

7AD3A25D-0670-483B-B18B-95E57CDCA8EF.jpeg

 

踏みつけられたお皿から、何度豆が転がったことか。

まぁいい。たぶんお外でご飯を楽しんでくれていた。

 

時々何かを見つめて立ち止まる彼の後ろから、しゃがんで同じ方向を見てみる。

何が見えてるの?

初めて見るよくわからないもの、大好きな車、電車、大きな犬、小さなアリ。

彼の目には全部がキラキラ主張してきて映ってるんだね、きっと。

私にも教えてほしい。

 

☆☆☆

お散歩したり、お昼寝してくれなかったり(私たちがしたかった)で公園を出て、

気になっていた〈ミルクティーにお酒を入れるという選択〜大人紅茶フェア〜〉へ。

名前の通り、紅茶のカクテルが飲みたくて行ったんだけど

メニューを見るとスタンダードメニューに載ってる紅茶がとても美味しそうで、

結局紅茶カクテルは頼みませんでした。次は絶対に飲む!

ED27EC75-83D5-438B-8D14-B363BE9FBE3D.jpeg

 

 

キラリンはお昼寝中で、2人で静かにティータイム。

フーーー、ママ、お疲れさま。

 

 

 

 

あずさ

ここ数ヶ月、朝晩毎日あゆを聴いている。

新旧どちらもいい曲ばかりだと改めて感じて、今、本当に大好き。

そして何よりカワイイ。

 

毎日「かわいいなぁ」って思いながらライブ映像を見ていて、

せめて眉毛だけでも似せようともう数回いじっているのに、あゆになれない。

ちなみに私が似せたいのは〈2015-2016Countdown live〉の時の眉毛で

今の流行眉毛ではない。というか、今の流行眉毛ってなんだ?

 

しかし、どうして急にあゆを聴き始めたんだろう・・・その答えは

一番のお気に入り曲〈lvy〉にありました。

なんとこの曲、小室哲哉が作曲していたんです!

だからかーーーーー!!

わたしglobeが大好きなんです(o^^o)そして、TM NETWORKも。

自然と小室哲哉に引き寄せられていたなんて、〈lvy〉がますます好きになっちゃった。

 

さまざまな世間の声を受けた上で自分を生きるって強いなぁ。と思いながら、

今朝もあゆに寄せた眉毛に色を入れた。

・・・そりゃあ似るわけないか。

 

 

 

 

あずさ

ハワイ旅行から友だちが帰ってきた、その日。

ニュースで〈桜が満開〉なんていうから、駅で待ち合わせしてキャリーを家に置き、

そのままレッツお花見〜!!

 

旅行帰りに無理しないでって言ったのに、花見しようの約束を果たしてくれた。凄い。

しかしですね、中目黒のライトアップは21時までなんですね。

さすがにそんなこと言えなくて、21時半に合流した時に告白した。

行けるだけで大満足。では、参りましょ。

 

お土産話を聞きながら、恵比寿から歩いて目黒川へ。

建物の名前から距離が近づいているのを確認する。

あ、もう目黒区だね、ということは、そろそろ着くね 。

 

目黒川に着くと、中目黒駅から離れているからか人はほとんど居なくて、いい感じ。

7FCF3199-05F0-4750-953B-18430CA7ACC1.jpeg

川沿いを歩いていると(むむっこの道知ってるぞ?あー!ここは ・・・!)

かっちゃんとクリスマスに利用したお店を発見したのです。

楽しく飲み過ぎて店を出た時にはクリスマスのライトアップが終わってた、

あのお店。

私は中目黒に嫌われているのか?

 

 

昼間のみんちゃんとのお花見同様、飲まず食わずのお花見散歩・・・

実は、1日で2箇所のお花見をしたのでした。

〈チャンスは自分の都合に合わせてやって来ない〉ってやつ、サクラを例にするとわかりやすいね。

サクラは今、満開なの。

 

 

 

あずさ

大好きなみんちゃんが禁酒+食事制限+ジムで

とてつもなくストイックに体を絞っているため

お花見、飲まず食わずバージョン開催〜!

 

お酒大好きな彼女が禁酒なんてびっくりだし、本当に寂しいんだけど、

始める前に{この長い付き合いのたった2ヶ月と思ってほしい

って言われたから、全力で彼女のことを応援することにした。

5FBF7126-6D06-4528-A82F-3951FF6C8F97.jpeg

 

ということで近所をお散歩。

賑わっている公園を抜けて、川沿いへ。

静かな桜並木を、だらけた格好の2人が歩く。

途中で座って喋ったり、満開の木の下に足を止めたり、、、と、

急にみんちゃんが大きな声を出した。

 

1D4BC8FC-B0C9-4E8B-A586-2EBFA29B04CA.jpeg

{つくし!!!

 

足元を見ると、いた!つくし!!

{わ〜久しぶりに見た(o^^o)今晩は天ぷらかねぇ〜

なんてくだらない話をして気がついた。

ここの通り、つくしだらけや!

〈つくしの天ぷら通り〉と命名して、また歩き始める。

するとみんちゃんが急に、こんなことして遊んだよねと言って

〈道路の端っこは島、道路は海〉ごっこを始めました。

懐かしーーーー。

 

なんでもかんでも遊び道具にして、足元の小さな花にも気づいていた、あの頃。

今、すぐに気付けないのは、伸び過ぎてしまった身長のせいだ。

  地面までの距離が遠いから・・・・それだけのせい。

 

 

 

あずさ

朝からビュッフェでお腹いっぱいになり、二度寝。

天気はパラパラ雨だけど、前日より桜が咲いていたためレッツ、お散歩♪

 

増上寺スタート→芝公園→パークタワーでパン購入→うかいでお豆腐と油揚げ購入→

東京タワーでクレープ食べて→ホテルへ。

そのあと銀座を歩き、新橋のアンテナショップを転々と( ^ω^ )

母は〈香川・愛媛せとうち旬彩館〉が好きでたまに行くそうで、ウキウキ買い物をしていた。

〈とっとり ・おかやま〉では「これが美味しいんだよ」とか「これは名物で、、、」とか

以前岡山に住んでいた時(記憶なし)食べていたものを教えてもらったり、

新しい発見ばかりで楽しかった。

 

・・・気がつけば、両手は食べ物の袋でいっぱい。

ちょっと早めの夕食に、天ぷらを食べて帰宅。

なんか食べてばっかりの二日間だったな。

 

 

美味しいものを一緒に食べて、ウフウフしながら「美味しいねぇ」って何回やったんだろう。

お土産に買った食べ物もいっぱいあるから、まだまだこの余韻を楽しめる(o^^o)

 

ステキな二日間でした。

 

 

 

あずさ

昔から東京タワーが好きだと言っている母と、念願のタワー周辺お泊りツアー!

1日目は雪だったため、地下道を使って新宿をうろうろ。

ステキなものを求めて歩く、歩く。ランチしてから、また歩く!

夜ご飯をとっても楽しみにしていたから、とにかくお腹を空かせたかったの。

 

夕方にはしとしと雪は雨に変わり、せっかくの東京タワーもモヤモヤでてっぺんまで見えなくなっていた。

少しテンションが下がりながらも着いたホテル。

46AC866F-067D-4313-A655-9D59257C9A89.jpeg

以前かっちゃんとランチビュッフェで利用した時、

ホテルのロビーが気に入って今回決めたんだけど

やっぱりとっても良かった。

 

お部屋に着いて〈どうせ見えない〉と思って勢いよくカーテンを開けると、

まさかの東京タワーが見えて、びっくりしてシャッと締めました。

「東京タワーが見えた!カーテン開けてみて!」と、カーテンオープンのやり直しを母に託す。

2人して「いいね〜(o^^o)」って、嬉しいサプライズでした。

8ADED5B5-879B-4368-991D-FBF5D3BBF48F.jpeg

 

その後、夕食へ。

あいにくの雨で庭園のお散歩は諦めたけど、

ぐるっと建物の説明をしていただいてからテーブルに案内してくださり、

しかも正面に桜の木がある席でハッピー。

一品、一品手の込んだ食事を楽しみ、お酒一杯で顔を赤くした母はよく笑っていた。

 

33433097-B2DC-4E29-9824-D96B5AFF99EA.jpeg

 

1日中歩き回ったため、疲れて早く寝るかと思いきや、

時計職人さんが取り上げられてた番組が面白くて、2人で夜更かし。

外では東京タワーがオレンジ色に光っていて、なんだか女子会っぽい。

さーて、寝ましょ。
あずさ

英語のレッスン中に〈わたしはなんてつまらない人間なんだ!〉と思うことが多々あります。

テキストに私への質問が毎回あるのですが、これがパッと答えられない。

{今日は何か買った?(だいたい何も買ってない)

{今まで買った中で一番高価なものは?今まで食べた一番高価なものは?また、どこで?

{買い物するなら、大型店?専門店?

{何のお店が好き?なんで好きなの?

いっつも「えーっ!なんだろう?なんだろう!?!?」ってなる。

わたしはなんて意見のない人間なんだ。そして、記憶に残ってることがなんて少ないんだ。

 

質問されるのが苦手!!・・・と逃げたいけど、これじゃ授業にならん。

 

 

☆☆☆

 

物事の「なんで?」って聞かれることはすぐ答えられるのに

自分に対しての「なんで?」は悩んでしまう。

いちいち行動を起こす時に〈なんでこうするのか〉なんて意識してないもん。

それの答えを出した時、その答えが本当でもその時思いついたものでも、

口に出した瞬間に〈そうだったんだ〉って確定しちゃうからとっても危険。

 

あーあ、めんどう くさ美なところが出てしまった。

 

最近「悩みないの?」と聞かれて、自分が大きな悩みを持ってないことに気づいた。

悩み、悩み、悩みあります?小ネタじゃくて?

そんな話をタマさんにしてみたら

《死ぬこと以外かすり傷》と言われた。

 

出ました、名言!!

それだ。

 

 

 

あずさ

朝だらだらパンを食べてしまったため、出発は9時過ぎ。

急げ〜!と向かうは世田谷いちご熟。

予約制ではないイチゴ狩りのため、本当はオープン1時間前に着いておきたかったのに

着いたのはオープン後の10時3分。

EC50FA16-308B-4D9D-9EE5-9CF27EB87A18.jpeg

 

人がいっぱいいるのが見えて、小走りで入口へ。

んん?受付はどこ、、、?

キョロキョロしていると後ろの人の話し声が聞こえてきました。

「今日、8時10分には受付終わっちゃったらしいよ」

「7時過ぎから並んでいる人がかなり居たんだって」

なぁぁぁにぃぃぃぃ!?!?

ここにいる20人以上の人たちはダメだった人たちか!

(いちご狩りの前にアイス食べてておかしいと思ったんだよー)

 

最悪。でも、例え9時についてても手遅れだったのね。

しゃーないから私たちも直売所の練乳アイスをいただきました。

 

いちご狩りが出来ず、まだ時間が早いため、約40分自由が丘まで歩くことに。

初めて歩く道(住宅街)は、新しい発見ばかり。

珍しい車や凝った外観の家を見ては「わたしだったら・・・」と妄想を膨らませて、楽しい。

 

やっと着いた自由が丘で、美味しいチョコムースとホットカフェオレで休憩。

うーん(o^^o)幸せ。

あれ?歩いて消費したカロリー、一瞬で上回った!?

 

 

・・・この日は上手くいかないこと続きでした。

ブルーな気持ちを取り返そうと見に行った桜並木の桜が本当にちょこっとだけだけど咲いていて

少し救われた。満開が楽しみ。

 

 

 

 

 

 

あずさ

りんごの皮むきが苦手。

どうもデコボコしちゃって、不格好なの。

皮むきの正解って何?!(;ω;)

そんな話をミカさんにしたら、ある日私の席にりんごが置いてありました。

「・・・あぁ!」と思い出した、りんご!!

28A101DB-D722-4C35-AEDA-A5B1A63D6867.jpeg

 

 

ということで、りんごの皮むき講座〜♪

パフパフ〜♪

「あずこさんが切るのを見てるよ」と言われ、

みんなに見られながら半分に切ろうとした時、

私と同じく得意でないさとみさんが「私、丸いままじゃないと切れない」と言ってみんなでびっくりしたり

まな板使用するか問題で意見が割れたり、切る前からみんなやり方が違うこと知る。

 

そして、見られてることにドキドキしながら

教えてもらった位置に指を添え、やさーしく、やさーしく剥いていくと ・・・

とっても綺麗に剥けた(o^^o)

順番にミカさん、タマさん、ユミさんと、自分が食べるりんごを剥き剥き。

丸いままでしか剥けないと言ったさとみさんも綺麗に剥けて、皮むき講座は終了。

 

野菜や果物の切り方って、自分で食べるだけなら全然気にならないけど

人に差し出す時に不恰好だと恥ずかしくなっちゃうから、やっぱり綺麗に切れた方がいいなぁ。

今までスピード勝負でやっていたから、今度からは丁寧にやろう。

 

829DDF3B-3D42-4E50-A9D3-36153B0F7D12.jpeg

 

 

画像は、ユミさんに「これ危ない!」と指をさされてる

わたしのりんごの皮剥き現場。

 

 

 

あずさ

食べ物の好き嫌いは無い。

遊びの好き嫌いも、たぶんない。

でも、映画だけは、、、、どうもこうも、、、。

 

アカデミー賞とゴールデングローブ賞受賞作品の〈シェイプ・オブ・ウォーター〉を観てきました。

R15指定があることを上映直前に知り、白目。

R指定があるときは事前にどんな感じのか調べないと、観れなかったりします。

結局、上映序盤で第1血まみれ。

その後、映画が終わるまで血まみれシーン続出。

途中スクリーンが見れなくなってしまって、下を向いていたんだけど

うめき声とかが耳から入ってくると、映像を想像しちゃって全然逃れられない。

(字幕でよかった、そして英語がわからなくて良かった。)

 

血まみれって、怖くない?

拷問って、痛そうじゃない?

差別って、悲しくない?

それ以上の感情は生まれなくて、「だからダメだよ!」なんて

多くの人が思っていても、実際に起こってしまっているのが現実でしょ。

見たくないなぁ、そんなこと。

それがメインの映画じゃないんだろうけど。

 

 

人々の、美しい本心と哀しいほどに独善的な映画で

声を無くした主人公は、最後、愛と水に溺れて息をした。

 

 

 

 

あずさ

英会話レッスン、2回目。

実は前回、私がテーブルに置いたテキストばかりを見ていたため

ふと先生のことを見るとなんだかつまんなそうだったんです(たぶん被害妄想)。

あと、ノートを忘れてメモ書きを頂いてしまったり

レッスン終了後の挨拶もまともに出来なかったり、反省することばかりでした。

 

だから今回は!

「このノートに正解を書いてください」(何度も唱えて行った)と伝え、

先生の顔を見て授業が出来るようにテキストをテーブルに立てて持ち、

終了後の挨拶はきっとホッとして忘れちゃうから、

ノートの裏に「Thank you for the lesson」と書いておいて、それを読んでおしまい。

 

フーーーー!!!

 

とりあえず1回目よりはマシだった。

でも、大変なことが起こった。

「日本最大の湖は?」「キウイの名産国は?」「阿波踊りはどこの県?」

(え?諏訪湖?何、何!?)琵琶湖が出てこない。

そんな感じで一個も正解せず、社会の勉強を教えてもらいました。

ぎゃー恥ずかしい。

 

はい、めげずにいきましょ。

恥ずかしいなんて今更だわ。

 

 

あずさ

四六時中好きなんて言われたら、嘘っぽくて嫌だなぁ・・・。

 

 

暖かくなってきたので、海沿いに夜ご飯を食べに行ってきました。

茅ヶ崎にあるお店で、扉を開けると大きなスクリーンにサザンのライブ映像が流れていた。

席について窓を見ると、桑田佳祐の写真が。

EF70B389-89D1-47F0-B458-911A285EEC7C.jpeg

お手洗いへ行こうと席を立つと、等身大パネルが3枚。

女子会をしている人たちはライブTシャツを着ていて、、、、、

ここで「サザンファンが集う店」とやっと気づいた。

 

「注文お願いしまーす。ジャコの海岸物語とー、TSUMAMIとー」って

メニューも面白い名前のがいくつかありました。

 

食事の後はサザンビーチをお散歩したんだけど、やっぱり江ノ島でお散歩したくなり、移動。

昼間は暖かかったのに夜になると肌寒くて、そんな海沿いもまたイイネ。

ザザーン、サザーン・・・( ˙-˙ )

聴こえるのは波の音と、車の通りすぎる音だけ。

 

歩く速度、頭の中にある時間割、

どうもせかせかしちゃう毎日に、自然からのプレゼント。

 

 

深く呼吸して

 

さて、帰りましょ。

 

 

 

 

 

あずさ

先日、両親の結婚記念日でした。

父が先月帰国した際、「これでお花を渡しといて」と託されていたため

有栖川の宮公園に向かうポタリング中に、バラ専門店に寄ってみたんです。

 

ケニアのバラ農園から生花を輸入しているという、このお花屋さんは

大輪で、鮮やかで、生き生きしていて、店内は華やか。

 

2DD4E154-6D5E-4B35-B390-BAC0510E2F16.jpeg

 

もちろん即決で、配達をお願いしました。

 

そして届いたサプライズのお花。

差出人には父の名前。

日中に届くようにしていたため母の反応は見れていないけど、

たくさん撮ったバラの写真の感じをみると、喜んでくれたみたい。

 

 

☆☆☆

 

いつかの記念日を忘れた父に

「花の一本も送ってこないなんてサイテー!」(たぶんこんな言い方じゃない)

と母が言ったのをキッカケに、色々送るようになった父。

一回しか言われてない不満をずっと忘れずに(今のところ)いる父を素敵だと思ったり、

一回の文句が影響するほど、普段グチをこぼさない母を凄いと思ったり、、、。

 

 

まぁ、仲良いに越したことはない。

安心、安心。

 

 

 

 

あずさ

念願のJAL工場見学へ行ってきました〜!

EF6EFB14-584B-418A-9518-F86457C5E5F9.jpeg

国際線でランチしてから、初めて〈新整備場駅〉で下車。

一般人が降りちゃいけないような駅名にワクワク。

 

いざ!!

 

まずは座学で航空機についての説明を受け、その後展示エリアをぐるぐる。

展示エリアではビジネスクラスに座れたり、

マーシャーラー(飛行機を誘導する人)を体験できたり、

  コックピットに乗れちゃったり!

時間が足りないくらい、見どころいっぱい。

 

そして、楽しみにしていた格納庫見学へ。

「わぁぁぁぁー」と声が出てしまうほど広い施設には、点検中の航空機が並んでいた。

上から見下ろす形でそれらを眺める。

撮り鉄かっていうくらいシャッターを切りまくり、振り返ると、私のグループは歩き始めていた。

夢中になり過ぎた(゚ω゚)

8CAE7E5F-38C0-40BA-A488-D53357C15EE7.jpeg

 

グループの一番後ろをついて歩く。

一番後ろだとキョロキョロ眺めて歩けるから好き。

しかし、ヘルメットを被り地上へ降りると

気がつけば先頭にいて、色々質問していた。

やっぱりこんなイイ機会逃せられない。

 

点検中の航空機の説明を受けていると、大きなサイレンとともに扉が動き始めました。

なんと、格納庫にボーイングが入ってくるらしい!

4B80274A-ECB9-4A05-8974-BE7EAB2A1004.jpeg

小さな車に引っ張られて、ゆっくり航空機が入ってくる。

・・・ちかっ!!!

 

なんだろう!なんかスゴイ!なんかすごいよ!!

 

58BF5441-BD0A-4AF6-84D4-8351BEEE5732.jpeg

 

 

 

って感じで見学は終了。

〈整備士さんって、カッコイイ〉と心から思った。

 

 

 

あずさ

〈つづき〉

 

体験で英会話教室に行ってきました。

ネイティブの男性の先生と20分間のレベルチェックがあったんだけど、無音の個室に2人きり。

汗だく、苦笑い、意味わかんない!で、あっという間に終了。

そして最後に勧められたのは、へろーから始まるような一番簡単なテキスト。

 

ショーーーーック!!

 

先生は終始「 徐々に、徐々にね」とフォローしてくれたけど、悲しかった。

でもこれが現実。私は英語が出来ない。

そうです、私が英語が出来ない人です。〈変なおじさん風〉

 

そんな衝撃から1週間後、今度は女性の先生から40分間の授業を受けました。

前回の倍の時間を個室で2人きり・・・パニックなってたら終わった。

あはははは。

めちゃめちゃいい先生なのに、私がポンコツすぎてやりとりが続かん。

 

大丈夫。

「徐々に、徐々に。僕たちがサポートするよ」って言ってくれたから!

 

 

あの、努力しなかった私を許すため

今度こそちゃんとしたい。

ふぁいとー!!

 

 

 

あずさ

幼稚園の頃、兄と一緒に英会話教室に通っていた。

外国の先生と、アポー(Apple)とか、ウェモン(Remon)と、遊びながらの英会話。

小学生になると英会話教室を日本人の先生に変えて、筆記や会話文を勉強し始めました。

兄とではなく、近所の子と一緒に通い始めたんだけど

その子がすっごく努力家で、デキル、デキル。

明らかな差を感じ、私は徐々にやる気を失いました。(行けばいいんでしょ精神で3年耐えた)

高学年になる頃引っ越しが決まり、ラッキーと思い教室を辞め、その後は英語に触れず中学生へ。

 

それでも他の子と比べてデキル自分。

テスト勉強をしなくても点が取れる奇跡。

 

勉強しなくても点・・・が取れたのは初めだけで、どんどん追い抜かされて

気付けば「文法?ナニソレ、英語なのに漢字使うの?」みたいな訳わからないところにいた。

どこで間違えたかなんて、わからない。

 

あぐらをかいていた中学生時代の自分を恨む?

うーん、劣等感でいっぱいだったから、自分だって出来ると思いたかったんだね

と、思う。続けて勉強しなかったのは最悪だけど。

 

 

 

 

そんなこんなで、過去のモヤモヤから脱却しようとしているのに

はーーー、受からない、喋れない。

 

ということで、、、、、〈つづく〉

 

 

 

 

あずさ

日曜日、とってもイイお天気でした。

この日はちゃっちゃと朝ごはん食べて掃除洗濯してっていうのではなく、

だらだら起きて洗濯物だけ干して出発。

そして代官山でブラーンチ。

 

3D818CDD-C842-4FC9-9D5D-793C0DAFEAD2.jpeg

ポッカポカだね、、、ヘックショイ!

テラス気持ち良さそうだ、、ヘックショイ!

せっかくテラス席のあるお店を調べてきたのに、花粉が凄すぎて店内で食事。

しかし、テラスに続く大きな扉が開いているため、くしゃみが止まらない。

〔誰かあの扉閉めて!!!〕

 

その後歩いて蔦屋へ。

まだお昼前だからか、思ったよりも混んでいなくてゆったり見て回ってたんだけど

この日の目的これじゃなかった!危ない、危ない。

3E037C79-7FFB-43CF-8590-5A610D1FACE2.jpeg

 

シェアサイクルで有栖川公園までポタリング(と言うらしい)。

電車で行くのとは違う道を通るから、新鮮ネ。

風を切り、花粉を感じ、サイテーでサイコー!

 

目的地の有栖川公園では図書館へ行ったり、 園内をお散歩したり。

周辺の大使館をチラッと見に行くと、それぞれ外観が違っていて面白かったです。

今度は自転車で大使館巡りをしようなんて、会話も活動的でイイネイイネ。

 

9DB2309F-9487-44B3-BBB7-CE10E587D4ED.jpeg

 

広尾駅周辺をプラプラしてお散歩は終了。

だってもう、くしゃみが止まらなくて会話ができない。

 

 

 

 

 

あずさ

大切過ぎるものは、大抵未開封のままクローゼットの中に眠っている。

大切すぎて開けるのがもったいないの。

時々箱を眺めては「ハァー、いい(*´ω`*)」ってやって、また暗闇の中へ返す。

ところが時々、手に入れてすぐに箱から出す物もある。

箱なんか捨てちゃって「使うぞー!」って気合いを入れるのに、

たぶんそんなに大切に出来ていないし、お気に入り感もなく寂しい状態になっている。

どうしてだろう。

あれかい?釣った魚にエサをあげないタイプってやつかい?

 

実は、大切なもの・大切だったものを少し手放すことにしたんです。

一回だけ着て仕舞い込んでたライブTシャツ、フィギュアたち、可愛いマグカップ、

どうしても欲しくて買ったカバン・・・あぁ、いっぱい・・・。

 

 

 

大切だったけど興味がなくなってしまった物

大切だけど一度も使ってない物

どちらも、めいいっぱい使ってくれる人へお引越し。

アンディーもそういう決断をしたんだもん(トイストーリー3より)。

ということで、現在アンディーごっこ中。

遊ばれてこそおもちゃ!使ってこその雑貨!

 

 

 

あずさ

ひな祭り仕様のランチをしよう。

ということで検索したものの、全然引っかからない。

ナイナイ言ってたら「そりゃそうでしょ、子どものためのイベントだもん」って返された。

確かにーーー!!

C057D44A-46DF-4F51-A0EC-FD43004E3B04.jpeg

 

しょうがないから可愛いデザートが出てくるランチに変更。

あすぽんが予約してくれたコースなのに

パスタを食べている最中「あと何が出てくるんだっけ?」と聞かれて

適当な私は「紅茶で終わりじゃん?」と答え、

「そうだっけー?」と言いながらメニューを調べる彼女。

結果、まだメインも出てきてなかった。

そしてデザートのことも忘れてた。

 

私たち、なんでこんなに頭すっからかんで会話が成立してるんだろう・・・ハハッ。

 

ランチの後は習い事終わりのキラリンを迎えに行き、3人で手を繋いで公園へ。

キラリンの好きなトーマス(っぽいやつ)だよー!!

言葉を少し覚えたキラリンは「ママ」「ポッポ」「でんしゃ」を繰り返し、

小走りで園内をぐるぐる。

F1648992-DF50-43B6-A384-401E8342B117.jpeg

 

段差で自然に私に助けを求めてくれるのが嬉しくて、

あのちっちゃな手が私に向かって出されることが嬉しくて、

キラリンが喜んでくれるなら何でもする!!っていう感情が生まれて

あぁこれが無償の愛ってやつか、と友だちの子どもで体験。

そりゃあ母は強くなるわ。

 

暖かいうちに公園を出て歩き始めようとすると、キラリンが何やら文句を言っている。

ママと私の2人と手を繋ぎたいらしい。

ハーーーー、カワイイ!!!

 

早く、あずたたん(あずさちゃん)って呼ばれたい。

 

 

 

あずさ

3月

| コメント(0) | トラックバック(0)

夜のうちに春一番が吹き、目が覚めると春の陽気になっていた。(寝すぎ)

最近は寒くて半分しか開けてなかったカーテンを、久しぶりにしっかり開けて

窓から入る太陽の光で、クリーム色の絨毯がキラキラ光沢を出して見える。

ほのぼの、いい気分。

音楽でもかけちゃおっかな〜ってね、スヌーピーワンダーとか。

 

84B15FE2-5E46-40F2-90F3-04236D028F01.jpeg

 

・・・ということで、今月の診察券入れは〈スヌーピーワンダー〉!

これら全て、捨てられるはずだったものを使って作られたんです。

薬の取り扱い説明書を丸めていくと「スヌーピー」っぽくなり、

スヌーピー、、スヌーピーとピアノ、、、

〈ワン〉入れなきゃなぁ、、、スヌーピーワンダーだ!!

と、[さすがミカさん]の閃きでテーマがついたそうな。

お家部分にはお菓子の箱をリサイクルしてるため、さりげなく文字が入ってるの。

 

D259C2D2-54E2-464C-B88C-C1343BCD9C15.jpeg鍵盤を見ずに上を向く姿はまさにスティービーワンダー。

紙の文字があるところを黒、紙の裏面を白として

同じ紙を使っているから表情に一体感がある。

張り子をイメージしたんだって。

よく見ると、体部分の白として使っているところも文字が透けていて

スタイリッシュでシンプルながら、ついまじまじ見たくなる存在感。

 

草間彌生美術館に行ったミカさんは、芸術的影響を受けたのか

わたしの個人的な意見としては、いつものテイストが違う気がする。

それでも、細かなところにこだわるのはやっぱりミカさんって感じ。

素敵です。

 

 

 

(こちらの作品の接着には、全て懐かしのフエキノリを使用)

9D950BD3-5667-4A50-AEF5-61ED1EC040C0.jpeg

 

 

 

あずさ

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。