2017年1月アーカイブ

☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆

2月7(火)、8(水)、9(木)

学会のため休診いたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

ご飯作りたくないなー、お母さんは女子会かー、うーん、うーん。

はっ!!!

「お兄ちゃん、ご飯食べに行こうよ〜(o^^o)」

これが正解か!

 

このお誘いをいいよと言ってくれたため仕事のあと合流し、

とっても久しぶりに2人での外食。

しかも2年ぶりに王将へ!(最後に行ったのはカウンターで1人で食べたやつ)

餃子と炒飯のセット、野菜と肉の味噌炒め、ラーメンを注文して、全部半分こしました。

当たり前のように半分こしたり、

最後の一個の餃子、もう箸で掴んでるのに「食べる?」って聞いて来たり、

わたしの真ん前にあった味噌炒めが、気がつけばカケラがちょろんと残ってるだけだったり、

・・・あれっ、なんか良くない話になってきた。

 

兄弟の不思議。

通常嫌だと思うかもしれないものを「その人の一部」と認識して、

相当イラっとしない限り怒らないこと。

これは、お互い甘えなのか?

でも家族内では甘えたいなぁ。

そうしたら、外でもシャキンとできないのかなぁ。

 

えーーーーーー。

ごろにゃん。

 

 

あずさ

前から行きたいと思っていた谷中銀座商店街へ行ってきました。

IMG_1856.JPG

思ったよりも家から遠くて、到着は14時。もちろん腹ペコ。

商店街に着いてすぐにお惣菜やさんを発見し、思わず買い込み、モリモリ食べました。

そしたらお腹が膨れてしまって・・・

途中で谷中メンチ食べたけど、それ以上は食べれず。

 

向かっている車内であれだけお店を調べたのに、なんて計画性のない行動をとってしまったんだろう。

 

☆☆☆

せっかくここまで来たんだから、巣鴨も行っちゃえ〜!!!

ということで、巣鴨に移動。

商店街入り口のお店でおしるこを食べました。

店内の床がガタガタしてた。お出かけ先でこういうの楽しい。

 

そのあとは商店街を半分ほど歩いたところにある高岩寺とげぬき地蔵尊でお参り。

でも洗い観音(自分の悪いところを洗う)は並んでいたから断念。

「全身洗って、心まで綺麗にしてもらおーっ」なんて言ってたのに、心綺麗にならず。

 

スイートポテト、お煎餅、たい焼き・・・まだまだお店はあったけど、お腹いっぱいでした。

最初におしるこ食べちゃったのがいけないんです。

IMG_1857.JPG

谷中銀座と同じことをした自分に泣けます。

 

ビミョーな気持ちでおしまい。

 

 

 

この日一番気になったのは、谷中銀座を抜けたところで見つけたハニワを作れるお店!

こんなに動いたのに、収穫コレだけ。

ちーん。

 

 

あずさ

先日食事をしている時、ルーティンについての話になりました。

そんな話をするのは久しぶりだったから、急に聞かれて焦っちゃった。

 

パッと浮かんだわたしのルーティンは、「1日の終わりにその日あった幸せを思い返す」で、

(今日も幸せな1日だったなぁ、ちゃんちゃん。)ってぐっすり寝れるから、今では無意識にやってる。

どうしてもモヤモヤしちゃって良いことが思い出せない時には、

部屋にあるたくさんの写真を見て少しハッピーになる。

それでもダメな時は、(今日はそんな日)と諦める。

1日くらい寝れなくっても、モーマンタイ。

 

・・・そんな話をしていたら「それすっごくイイネ」と言われました。

習慣にしてることをイイネって言われるの、嬉しい。

 

あともう1つ、出来るだけ(でも週4は絶対)だけど、

ボディクリームを塗りながらマッサージをすること。

もし帰ってきたのが遅い時間でも、一日頑張った体にお疲れさま〜って手の温もりで包むと、

疲れをリセット出来る。ストレッチもできた日は最高ね。

 

気持ちが乗ったらベットの中で単語帳を開いてみるけど、

寝るモードの体に勉強する気があるはずもなく、すぐおしまい。

 

 

 

気持ちよく寝たい、美容も健康も気を使いたい、遊びたい、勉強頑張りたい、

IMG_1855.JPG

綺麗な家でいたい。

限られた1日の中で、どこまで達成できるかは自分次第ね。

嫌にならない程度に、やり過ぎず・・・ってムズカシイ!

 

(画像は、得意のけん玉を披露するみんちゃん)

 

 

あずさ

去年の2月19日、わたしは泣いてました。

今年は昨日の1月26日。また同じように・・・。

 

ミカさん、タマさんと健康診断に行ってきました。

IMG_1853.JPG

の前に、高島屋で昨日から開催しているバレンタインイベントへ〜☆

限定品や人気のもの、可愛いチョコ。みてるだけでも楽しいけど、やっぱり食べたい。

試食もいっぱいあって、歩くたび「どうぞ〜♪」って言ってくれるのに

健康診断前で食べれない。なんという拷問!!

 

味見できないままチョコレートを購入し、ちょこちょこ寄り道しながらクリニックへ。

受付札をまずはタマさんが取り、次はミカさん・・・のはずが、2番目を譲ろうとしてくれます。

譲り合いをしていたら、「あずこさん、真ん中の方がいいでしょ」って、ミカさん。

ミカさん・・・全て分かってくださる。(;_;)

IMG_1852.JPG

ちゃっかり甘えて、2人の間に挟まれ少し安心したのに

身体測定後すぐに採血に連行されました。

あ、もう腕の力が抜けてきたので書くのをやめます。

初っぱなそんなことされて、悲しい気持ちをひきずったまま検診は終了。

 

検診後、抜かれた血を取り戻すために焼肉を食べに行きました。

やっと少し元気になってきたころ。・・・腕、痛いな。

 

ミカさんとタマさんが一緒に行ってくれなかったら

わたしは健康診断に行っていないから、本当に感謝です。

そして、ゴムを巻く前から騒いだ恥ずかしいわたしに、

優しい言葉をたくさんかけてくれた看護師さんにもとっても感謝。

 

 

 

 

あずさ

少し前に、ワカメちゃんことミカさんがペヤングの「ワカメMAX」を買ってきました。

出来上がった容器の中は、ワカメいっぱいで緑色。

IMG_1850.PNG

お・・・おいしそう・・・ではない。

 

少し頂いたのですが、汁なし醤油ワカメらーめんと表現すればいいのか、

なんと言うか・・・そのまんまの感想。

マズいってほどじゃないけど、うーん、ね!!

ミカさんはというと、口に近づけるたび磯の匂いが鼻をつくらしく、なかなか箸が進まない。

しかし、「ワカメMAX」しか持ってきていなかったミカさんは食べ進めるしかない。

なんとも辛い光景でした。

 

 

☆☆☆

そして先日、今度は「チョコレートやきそば」を発見し、試食会をしました。

IMG_1846.JPG

(ミカさんの失敗を見習って、ちゃんと別でお弁当を持っていきましたヨ。)

見た目は普通のヤキソバ(クルトンと乾燥いちご入ってるけど)、味は・・・チョコレートと、麺。

みなさん「パンケーキっぽい」って言っていたけど、うーん!!

わかるような、わからないような。

・・・チョコレートが固まるの早くて、麺がすぐにくっついてしまった。

結局こちらも、言うほどマズくはないけど反応しきれない微妙な味。

 

でもいいんだ、食べてみたかったんだもん。

みんな黙っちゃって変な空気だったけど、みんなで食べたかったんだもん。

 

 

 

あずさ

 

「年1しか集まらないなんて、仲良くないんだからね」

IMG_1845.JPGと言われて集まったゼミのメンバー。この時点で、なんか怖い。

会う前に心の準備が必要で、先日の集まりには「またすっぴんなの!?」

って言われないようにしっかり化粧して行ったのに「え?すっぴん?」って言われた。

始まりました。コレです。

 

強烈な個性から吐かれる強烈な言葉に心が折れないように、強くならないといけません。

だって、それぞれのあだ名は、リトルマーメイドのフランダー(人間じゃない)、ツルベ(わたし)とかで、

ツルベの理由は笑った顔が鶴瓶に似てるからなんだって。

ペラペラ出てくる強烈な言葉の中には、ちょっと本気の、他の人に言われないような言葉も潜んでいる。

些細なことを注意してくれる人って、とっても貴重。

言われて言って、泥団子投げ合ってるみたいにお互いダメージを受ける。そんなのも楽しい。

 

「年1しか集まらないなんて、仲良くないんだからね」って言うけど、

そんな冗談言えるほどのゆるーい関係がいいんですよ。

・・・でしょ?

 

 

あずさ

友だちが「自分も周りもいいことない」と言うので、江ノ島神社へ参拝に行きました。

前日に塩を撒いてきたという彼女は、しっかり身を清めて、鳥居を潜る前に一礼して、いざ、神様!!

そして、力強く鈴をガランガラン!!!

(わたしはここよ!!)

IMG_1844.JPG

 

全ての神様にご挨拶へ行き、岩屋の龍の前で手を叩き・・・手を・・・。

 

龍の前で、願い事を胸に2度手を叩き、龍の後ろの光が

・2回光ったら願いは叶う

・1回だと半分叶う

・光らなかったら努力次第

・何度も叩くと叶わない

という占い(?)をやったのです。

IMG_1843.JPG

 

しかし私も彼女も光らず、あとに並んでいた人は2回光りました。

そこで音の大きさポイントだと知りましたが、とってもナーバスになっている彼女は

「でも、何度も叩いたら叶わないんでしょう?」って悲しい顔。

結局叩き直したら2回光って、「龍さん、優しい。ありがと」ってちょっとだけ元気になった。

 

帰りに魔除けのためにオニキスのブレスレットを購入して帰宅。

「わたしの隣にいるから、うつっちゃうかも!」と、彼女はわたしの分も買ってくれた。

 

彼女が大丈夫か大丈夫じゃないかなんてわたしにはわからないけど、

どんな辛いことがあっても自分の足で立ち上がろうとする彼女に

わたしはいつも勇気付けられてるから、今はわたしがそばにいたい。

「大丈夫!絶対大丈夫!」のおまじない、効きますように。

 

 

 

あずさ

幼稚園の頃から背が高く、整列ではいつも一番後ろと後ろから2番目を争っていました。

足も速かった。というか、体が大きいから一歩が大きかった。

しかし中学に入ると、体格よりも能力のある人がリレーのアンカーを務めるようになり、

頻繁にタイムも計られて、このとき自分の足が特別速くないこと知りました。

 それでも「背が高い=足が速い」と思われている部分もあって、リレーがどんどん好きじゃなくなって、

最終的にはここ一番の時に転び、おしまい。

(さとみさんも身長高いけど、そんな事件なかったって言われた。ウソーッ)

 

なんで急にこんな話をしたのかって?

決められたルートを一斉に、よーいドン!

は、足が速くないからあまり好きじゃない。

でも、好きな道を好きな時間だけ、脇見もおっけー!

は、好き。

走ることが嫌いなんじゃなくて、自分の能力のなさを自覚させられるのが嫌!

って言いたかったの。

 

ということで、樹木医師も認定されたので、次は色彩とカラーコーディネーターを目指すことにしました。

自分の好きなことに囲まれると、幸せ。

好きなことができたらもっと幸せ。

さらなる幸せを求めて、今年もフラフラと〜。

 

 

あずさ

キラリン(友だちの赤ちゃん)に会ってきました。

IMG_1841.JPG

ベビーカーについているおもちゃを片手でいじっていて、まぁまぁな気分らしい。

よーし、いいお天気だし、ランチじゃ!!

 

待ち合わせは東京駅。

本当は「これを食べに行こう」と決めてそのお店にしたのに、

店に着いたら2人とも気分が変わり、違うものを注文。

でも、とっても美味しくてハッピー。

 

まだ離乳食を練習している段階のキラリンにご飯はなく、

IMG_1842.JPG

そんな彼の気持ちを下げないために私たちはご機嫌を伺い続けました。

《赤ちゃんに笑ってもらいたい心理ってなんなんだろう》と思いながらも、

やっぱり笑ってもらいたいんだよなー。

そうしたらやり過ぎちゃって、キラリン「きゃっきゃっ」ってなって、2人してギャッ!!。

「しーっ!!」て言いながら笑う私たち。

なんだかすっごく平和で幸せな気持ち。

 

まっさらで、カワイイ。

 

 

あずさ

先週、幼なじみがついに海外へ飛び立ちました。

その出発前、私とみんちゃんは彼にプレゼントを渡すことにしました。

 

プレゼントは、アルバム兼写真立てみたいなやつ。

みんちゃんが印刷してきてくれた懐かしの写真がテーブルに並び、見てみると、

どれも片手にお酒を持って大笑いしてるものばかり。

大人数の飲み会、いつものメンバー、締めのラーメン、

つながりを大切にしているのかとにかく飲みたいのか、いっつも居る。

そんな人が居なくなっちゃうなんて、代わりがいないよ(;_;)(;_;)

思い出話しをしながら、最後にメッセージを添えて準備完了!

そして彼登場。

荷造りが進んでないから1,2杯飲んだら帰るって言ってたのに、なんでカラオケまで行っていたんだろう。

 

結局遅い時間になり、みんちゃんを送りに駅まで行くと 

目を赤くしながら「やだ」と言い始めました。

「やだ、やだ、もーやだよー」って、言いながらハグ。

 

今生のこの別れ  一番の綺麗な姿 目の中に焼き付けて どうぞ忘れず    (森進一)〜♪

 

 

 

・・・ピコン!昨夜、ケータイが鳴りました。

「21日から28日まで帰るから、みんなで飲もうよ!!」ですって。

 

帰ってくるの、早ーーっ!!

 

 

あずさ

別にハロウィンの後遺症でも、富士急のお化け屋敷から抜け出せない訳でもないけど、

ミュージカル「フランケンシュタイン」を観てきました。

IMG_1840.JPG

フランケンシュタインのストーリー、ご存知ですか?

私、恥ずかしながら全く知らなかったんです。

オリジナルをアレンジしたミュージカル、観る前にあらすじをチェック。

 

・・・感想は、とーっても暗いお話でした。

暗い上に、怖い、救われない。

欲望を満たすために起こす身勝手な行動の愚かさを、ひたすら説かれた気分。

正義とか悪とか、自分を守るための解釈とか、なんだろう、言葉にできない!!

言葉にできないけど、オフィシャルムービーで観れる台詞

「新しい世界を創造できるならば  君の夢で生きたい」が舞台を観た後にグサッときました。

 

・・・子どもの頃「なんで生まれてきたんだろう、頼んでないのに!!」って思ったことあったかなぁ。

とっても残酷な一言なのに、ちょっと分かる気がする。

綺麗な言葉でたくさんの生まれた理由をつけることはできるけど、

本人に「頼んでないのに!!」と言われてしまうと、その通りと思ってしまう。

確かに頼まれてない。

あぁ、こんなこと言われたら悲しいな。

こんなに悲しいこと、言わせたくないな。

 

やだー、気分がどんより。

怖い夢みそう。

 

 

あずさ

朝早くに起こされて、タクシーで向かったのは空港・・・ではなく鉄道駅。

とっても広くてカフェなどもたくさんあり、まるで羽田の国際ターミナル。

 

注)ここから「まじかよポイント」がいくつかあると思いますが、わたしは至って真剣に観光してました。

 

初、中国の新幹線。

もちろん寝てたら着いたので、ほとんど景色は見ていません。

現地で父の職場の方(ヤンさん)が待っていてくださって、この日は一日車を借りての観光〜☆

世界遺産に登録されているという湖、なんちゃらという強かった人が祀られる寺院や、

石にたくさんの仏(?)が彫られている寺院、鎌倉の小町通りみたいな観光街などなど。

どこも名前覚えてないけど、とにかく混んでた。

 

この観光街で、ヤンさんにチャイナ服の値切り交渉をお願いしてみました。

しかし、安くなっても高い。

中国の物価は今日本と同じくらいで、むしろ少し高いように感じて

本場のチャイナ服ゲットならず(;_;)

 

昼食は広東両料理の予定だったのに、お店が混み過ぎてて火鍋に変更。

地方によって火鍋の味って違うんですって。

食べ方は、お肉を一皿分ザルにバッサーンして、箸でガシャガシャ混ぜて、はい完成!

すごく雑な感じだけど、みんな同時に食べれるから効率的・・・なのかな。

つけダレはピーナッツダレが王道らしい。

(ピーナッツバターみたいな感じでうーん、だった。)

 

上海まで送ってくださって観光は終了。

IMG_1839.PNG

一日中案内してくれたヤンさん、実は前日新年会で飲み過ぎたらしく

移動の車内では私たち家族と共に寝ていました。お疲れ様です。謝謝。

 

 

この数日間、色々あったなぁ。

でも、そこで1人、父はたくましく生きていた。

ベッドルームに、中国へ行くときに渡した家族写真付きバインダーを飾って。

 

 

・・・寂しくならないように、今回の写真でアルバム作ってあげよーっと。

 

 

あずさ

2日目は、歴史に触れようの日〜☆

IMG_1832.JPG

まずは孫中山故居記念館へ。日本では孫文って呼ばれている人。

ここに向かう道のりは旧フランス租界時代の建物がいっぱいあって

モダンストリート。

孫文が暮らした洋館もアール・デコ調でオシャレでした。

 

その後、路地裏の迷路(田子坊)をフラフラしてから、共同租界を眺めに外灘へ。

「ロンドンにいるみた〜い!行ったことないけど。」って思わず言っちゃう雰囲気なのに、

それを背に立つと対岸には昨日てっぺんまで見れなかったテレビ塔や栓抜きビルが立ち並んでいる。

近代と歴史を体の前後で感じて、どこでもドアごっこしてる気分。

IMG_1834.JPG

 

時間がゆったり流れて、わたしたちも・・・とはいかず、

この日は早めの夕食で北京料理!

北京ダック1匹丸ごと!角煮の壺!鶏肉の・・・って、

肉ばっかり頼んだのパピーなのに、なんで全然食べてないの。

「油っこいねん」って、私たちも同じですよ。

 

実は雑技団を見に行くための早め夕食で、

IMG_1827.JPG

感想は、息をのむ瞬間が多過ぎて疲れた、です。この言い方は失礼ね。

でも、それくらいすごいんだってばー!

あの人たちは、どうやって集中力と的確な技術を身ににつけたんだろう。

 

 

盛りだくさんの2日目、へとへと。

ガイドさん(父)はもっとへとへとみたい。

 

 

あずさ

「寿命削って頑張ってんねん」という父に会いに、家族で上海へ行ってきました。

父が空港まで迎えにきてくれて、中国初上陸!

IMG_1828.JPG

初、中国タクシー!

初、中国のコーヒー!

初、父の生活するホテル!!

海外旅行って、習慣の違いを肌で感じれるから楽しい。

いい意味でも悪い意味でも全てが衝撃的だもん。

 

初日はアジア1の高さを誇るテレビ塔へ。

あいにくの雨でで見上げてもてっぺんまで見れず、

展望台は断念してマダムタッソーに変更。

せっかくなのでアンジーと並ぶ母を撮ろうと「ハイ、 チー・・・」

・・・わたしより父が母に近寄って撮っていて、邪魔してくる。

IMG_1830.JPG

というか、近寄り過ぎてアンジー写ってない。

これねーいつもなの。

近過ぎて背景写らず、顔だけバン!! ってなってるの。

だからどれも同じような写真ばっかり。いいけど。

 

ガイド(父)がずっと建物の説明をしてくれているのを聞き流し、

夕食は上海料理のお店へ〜☆

IMG_1826.JPG

どの料理も独特な味付けで、わたしは好きだった。

帰りはとっても賑やかな南京路をお散歩しておしまい。

 

一日中雨で、この日はずっと父と相合傘でした。(出したり閉まったりするの面倒なんだもん)

専属ガイドのおかげで安心、安心。

 

中国、楽しい。

 

 

 

あずさ

年明け1,2日はもちろんセールへ繰り出し、

3日、私(かっちゃんたちと)は富士急ハイランドにいました。

空いてると思って行ったのに、FUJIYAMA動いてないしでどれも2時間以上の待ち時間。

しょうがないから1時間待ちの乗り物をちょこちょこ乗って昼食をとっていると、

「待ち時間ないから【血に飢えた病棟】行こうよ」という話しに。

文字通り、怖いやつです。しかもヘッドホンで聞くタイプのやつ。

 

本当に入らないって言ってるのに、ひとりでも楽しめるタイプだから待ってるって言ってるのに、

無理矢理押し込まれた。

一瞬は頑張ろうとしたんだけど、やっぱりダメだとスタッフを探し、一人出口へ。

こんなの、ぜーんぜん恥ずかしくないもんね!!!!

 

次は戦慄迷宮。こちらの方がまだ慣れている(階段以外で目を開けたことはない)。

今回は4人で行ったため、

空気を読んでかっちゃんの右腕にしがみついて歩くのをやめ・・・れず、結局かっちゃんの腕へ。

聞こえてくる赤ちゃんの鳴き声や謎の物音に耐えるため、

腕につかまりながら「かっちゃん」を連呼するわたし。

恥ずかしいなんて感情は、極限状態では発生しないということを学びました。

 

・・・・コレに2時間40分も並んでたら、他のアトラクションほとんど終わっていたのよ!?

プンプン!

 

IMG_1823.JPG

ほうとう食べて帰宅!!

年明け、こんなもんです。

 

 

 

あずさ

あけましておめでとうございます。

烏兎匆匆、新年ももう10日目なのね。

今年はフクロウのような視野で、イロトリドリな世界を見ていきたいです・・・

うーん!年明け早々ヘタクソ!!

 

わたしはヘタクソでーすーがー

久々に診察券入れづくりに参加したさとみさんは、満を持しての登場です〜!

どうぞ!!!

IMG_1821.JPG

酉、酉、酉、ピヨっ。

この個性あるヒヨコちゃんの門を潜って診察券を入れてくださいネ。

 

モール、毛糸を使い、ふわふわが大量発生しているところがさとみさんっぽいといいますか、

「新年、張り切りすぎんなよ!」って感じでフニャン。

 

今年はどんな年にしようかな。

幸せと体力と健康とやる気と忍耐力と・・・まとめて実りある一年希望!!

 

 

 

あずさ

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。