ルーアン 1    無事帰国でーす^

ルーアン 1    無事帰国でーす^

IMG_7186.jpg本日、帰国・・今回のフランス語プチ留学はルーアン
という場所で、
パリから北に列車で1時間のところだったんだ。

  フランスで都会なのはパリ市内だけで、
日本だと山手線の中だけという感覚でいいんだ。

IMG_7184.jpg郊外はほんと静かなもんだよ。  

こんなところに
学校なんてあるんだろうか? 
生徒はオイラ以外にいるんだろうか? 


というIMG_8651.jpg心配は全くの徒労だったよ。

 そんな場所だからこそ、
先生の質や授業プログラムに執念のような情熱があってさあぁ、
スーパーIMG_8673.jpg人気校なんだってさぁ(他の生徒から聞いたよ)
 







日本からも、大学生とかここに大学の推薦IMG_6759.jpgできている人たちが多くいてね、

オイラのクラスは,5人も日本人がいたもん。

  これは初パターンね!  

 いつも日本人やアimage4.jpgジア人がいないところを好んでリクエストしていたオイラとしては、
「これはしくじったかな」って思ったけれど、
日本人同士でもフラIMG_6553.jpgンス語で話すので、かなり楽しかったっす。   


最初のツーショットが、担任のクリスティーン先生で、IMG_7115.jpg格闘技も使いこなすんだと。

そし集団のやつが、オイラのクラスのみんな。 

 クリスティーン先生が、「YUKIOは明日帰っちゃうからみんなで、IMG_6550.jpgYUKIOのカメラにハイローぜー」という呼びかけで撮られたものなんだ。 

次にツーショットで写ってるのはアムーちゃんでトルコの女の子で19才、
将来は弁護士になりたいんだと。   
IMG_8680.jpg
オイラと一緒に模擬授業してるのはスイス人のファビオやん25才、
鉄道の技術者で、やたらと、明るいんだよなぁ。 
  IMG_6676.jpg 
最終テストを受けて無事クリアできたけれど、

今回ほど、生徒間でコミュニケーションを取れたのはかIMG_6693.jpgつてないよ。 

全てクリスティーン先生のおかげで、ワークショップ中心の授業が絆を・・・・・・
  留学期間は一年の人も半年の人も一ヶ月の人も、
・・とにかIMG_7219.jpgくまちまち・・・
 
にしても、「一週間は短すぎでしょうー」とみんなから集中砲火。
  IMG_6499.jpg
当然オイラは最年長なんだけれど、
みんな普通の学生として接してくれたので、楽だったなー。
 
  IMG_7197.jpgしかし、予約していた、学生向けの宿舎に初日から入れず
野宿しそうになったり、

冷房がない部屋だったので、
冷蔵庫を開けっぱにして、
その前で寝たりと、
相変わらずの波乱からのスタートでやんした。

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

コメント(21)

おかえりなさい。 ルーアン1 を見ただけで、いかに充実していたのかわかります。  
 それにしても、ヨーロッパの美人さんにも全く物おじせず、年代も超えて、付き合える才能は天性ですよね。羨ましいです。
 

素敵な写真ばかり::^^
  これからのルーアン・フランス日記が弾けそうなくらいに楽しみになってきました。

SY牧場のゆーこです。無地で本当に何よりです。
  もう、望みはそれだけですから。
  素晴らしいクラスメートとの関係をを一週で、構築できるところがアッパレ!です。

愛読しています。特に放浪記・体験記が好きなので、今回も期待している。よろしく。

フットボールゲームが学校内に置いてあるみたいですが、
 わたしもイングランドに留学に行ったときにありました。
  TVゲームよりよっぽど白熱する。

待っていました。 10日もオイブロ お休みするなんて
反則です。

この、オイラの積極的人生
 本気で見習うことばかり。
 行動するところが、実績になっている。

ひさびさのオイブロ、パワーを感じるなー+++++++
オイブロに乾杯!

相変わらずの波乱からのスタートでやんした

といいますが、 自らその状況に身を置かないとつまらないというのが、オイラなんですよね。 知ってます。

SYのさゆりです。
無事帰国、そして 新たなる卒業証おめでとうです。
 証書があると励みになりますよね。

先生もクラスメートも若いけれど、
 エネルギー的に、オイラが一番若いと思う。
  

さすがは サッカーW杯優勝国、フットボールの標識があるんだな。  お見事 仏国n

学校内の活気が伝わってくる。

!
改めて意志力、行動力、不屈の精神に感服、 かんぱい。

これから、これから、また10部くらいのシリーズですか?
 今日のは予告編。

おかえりなさい。 
  向こうは、涼しかったのでしょうか、ヨーロッパは涼しく過ごせると聞いていますが、どうなのでしょう。

こういう学校はどういうツテから可能になりますか。

のびのびとした環境、こんなところで語学だけに集中できるのが羨ましい。1週間でも。

異国情緒120%
 いきたいです。

写真の河は、セーヌ川でしょう。
 たしか ルーアンにもいっていたはず。

おかえりなさいと、おやすみなさい。
 早く休んで十二分に疲れをとってください。

コメントする

ページのトップへ