メガネなんか買ってmita-

メガネなんか買ってmita-

IMG_5286.jpg眼のオペをしてから、左目の視力に変化が生じているんだ。  
普段の生活や、診療では問題が無いんだけれど、
本を読むときに異常に疲れるのね。 

まあ昨夜の火星は良く見えたんだけれど、
を読むのに万華鏡状態じゃあねー

 「3ヶ月から6ヶ月までは落ち着かIMG_5285.jpgないのが普通」なんて品川近視クリニックの先生からは、言われているんだけれどさぁ、

そんな長い間、
不便なのは困っちゃうので、 
とりあえIMG_5291.jpgず、お安く ZOFFで2本ほど作ってもらったよ。   

丸メガネ、グリーンのカマキリみたいなやつが気に入っちゃったんだ。 

  メIMG_5264.jpgガネ屋さんに行く途中で、夏休み子供企画なのか、
「子供のフリーマーケット」なるものがやっていたよ。 

まあ、可愛らしいよね。 自分たちで作ったと思わIMG_5265.jpgれるハンカチを50円とかで売ってた。  

 さすがに、入って行ける雰囲気ではなく寄らなかったけれど、
こういうのって、オイラ好きだなー。   

レモネード屋さんIMG_5267.jpgを思いだすもん。
 
でも、あんまり売れてなかったみたい。 ドンマイドンマイだよ。
 
挑戦に対して無関心でいることは擁護し難いもの。IMG_5276.jpg
生きている間に実現するかどうかなんて、
高潔な目標のためなら関係ないからね。
 IMG_5292.jpg
だからこそ、オイラたちが、
すべきことは、
努力と忍耐、そして決して諦めないこと・・・
  
勇気とは、窮したときの品格・・・・
 IMG_5303.jpg
人は、過去への
回顧ではなく、
未来への責任で懸命になれるんだ。
  
キッズ達を見ていると、いろいろな思いがよぎるよ。  
子供たちは未来だからさぁ・・・

IMG_5280.jpgただ、
子供は乾く前のセメントで、
落ちたものの跡が残る。  

大人の責任がここんとこは重要でしょう!!
  なんだか、身が引き締まるぜー!
 これは、新メガネのせいじゃあないね。
  
  人は衝撃ではなく予感に恐怖する・・・
この先、オトナもコドモも、 何を予感して行くのだろう_____

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

コメント(16)

SY牧場のゆーこです。
 眼、心配です。 眼かあら来る疲れは理解できます。
  でも、オイラは眼鏡も楽しんでるように見えますよ^^@7

 人は衝撃ではなく予感に恐怖する・・・・

この言葉に衝撃を受ける、自分がいる。

中学英語教師です。
 「子供は乾く前のセメントで、落ちたものの跡が残る」
まさに、です。 的確でした。  

おやすみなさい。
 わたし、「ドンマイドンマイ」という言葉が好きです。
 なんだか、温かく包まれているようで。

火星接近遭遇、わたしも見ました。
 と言っても、オイラみたいに 天体観測スコープは持っていないので 肉眼でですが、良く見えました。
 オレンジの☆。

ミカさんの受付万華鏡 涼感 たっぷりい、
 プラバンのひとりひとりを探してみたいです。
              ヨーコ

俺には、
 
勇気とは、窮したときの品格

の文言が響くわな


 

眼に映るのは、縁日で水に浮かぶヨーヨーを眺めているようなあのワクワクの光景。

そして耳からは、擦れたプラ板の、マラカスのように軽快な音が入ってくる。

シャカシャカシャカシャカ。


こんなこと書かれたら、ぜひ体験コースに行きたい。
 もう、 いいなー。

                もんちゃん

今回は、受付ポップ
 ミカさん担当だったんですね。
 ミカさんの作品はいつも丁寧で。人柄が表れていると感じました。
 仕掛けがあって 童心に戻れます。 小川のせせらぎが聞こえてきそう。

勇気とは、窮したときの品格・・・・

キマッタ!

こどもの フリマ、 かわいい。
 子供は未来ですね。
 おやすみなさい。

ZOFFですか、 わたしもいきますが、オイラも、ZOFFとかいくんだー。

眼の状態、 万華鏡って、ミカさんの作品と掛けています?
  素敵な連携プレイです。 

ざ、ビューティー パートナーズ!

いまの大人は、まったく未来のことなんて考えてない。

人は衝撃ではなく予感に恐怖する・・・・

この先、オトナもコドモも、 何を予感して行くのだろう_____

ジンときた、   高1女子

光の下で穴を覗き込み、パイナップルをくるくる回す。

この参加型エンターテイメント、最近の城戸クリニックアートの流れ・・・
   どんどん進化している。
  ミカさんって、器用だな。
                      ヒロキ

勇気のでるところ。
「人は、過去への回顧ではなく、

未来への責任で懸命になれるんだ」

前を向けるフレーズゴールド。

コメントする

ページのトップへ