プーシキンだぜー!

プーシキンだぜー!

IMG_2480.jpg珠玉のフランス絵画コレクションで知られる
モスクワのプーシキン美術館から、
やって来た数々ね!

 有名なモネの 『草上の昼食』も良かったけれど、
モネに関しては、若干食傷気味のオイラなんで、
IMG_2435.jpgもうひとつの
目玉 ルソーの
『馬を襲うジャガー』
の方が、
グイーーんと来たよ。
 
いま、季節的にも、新緑の眩しいとき。
「 巨匠が愛したひかりと色彩が踊る美しい風景をめぐる "旅"」
IMG_2451.jpg
という、スポンサーサイドの謳いIMG_2482.jpg文句もあながち、大げさじゃあないよ。
  
アンドレ・ドランの 『港に浮かぶヨット』という作品が、南フランスの光をよく捉えていて、好きな絵にIMG_2399.jpgなったよ。
  
光と影・・影の中にはあらゆる宗教よりも多くの謎がある。

 巨匠たちにとってIMG_2394.jpg単なる古代の模倣には何の意味もないんだ。

絵画とは何を描いたかではなくて、どう描いたかが重要なんだ。

 だからセザンヌが、「リンゴでパリを驚かせて見たい」
なんて言っちゃうわけだよ。巨匠のIMG_2396.jpg言葉で、

一番らしいなーって思うのはピカソね、 
「私が女性を愛するとき、
あらゆるものが爆発する。とりわけ私の絵が」
IMG_2473.jpg    
 この流れを岡本太郎汲んでいる事は有名やね^^@
IMG_2421.jpg  
この風景画が主役になった時期に 印象派が一気に出てくるんだけれど、
「自然」の雄大さ、偉大さを人々が再認識したころでもあるんだ。

 自然というのは、嫉妬深い恋人で、彼女から離れるのは危険IMG_2415.jpg極まりない。

なぜって、次に
はもう会ってくれないんだから・・・・_
 
その一瞬の表情を画家たちは、永遠に残して来たんだ。

 どんな状況にIMG_2409.jpgあっても、巨匠たちは、墓場から蘇ったもののように、
彼らの眼は生へ向かって見開かれようとしているんだ。
  
オイラがとくに好きな画家の1人にめちゃくちゃな私生活だったけれど、魂の絵を描き続けたロートレックがいる。
  彼の
「人間は醜い。 されど人生は美しい」

という言葉が出て木霊(こだま)する・・・・

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

コメント(12)

SY牧場のゆーこです。
  さすがは 学芸員資格!
 いうことに含蓄が、ありますね^^
 おやすみなさいませ

「人間は醜い。 されど人生は美しい」
 応えます。

もうひとつの
目玉 ルソーの『馬を襲うジャガー』

アンリ・ルソー

わたしも、自然に惹かれていって、画集も3冊もってます。

自然のいだいさw

18時過ぎ、夕食に牛タン焼き定食を食べて、新幹線へ

定番ですね!               かほる

あずこっさん、
 仙台の旅 3話とも面白かったです。
旅の話は、行った気分になれていい。

おやすみなさい。巨匠のえねるぎーですね。

8種類のお風呂、入っちゃう気持ちよくわかるー。
 あったら全部行きますよね。
 

「私が女性を愛するとき、
あらゆるものが爆発する。とりわけ私の絵が」

ピカソさいこう。
 

SYのさゆりです。
おやすみなさい
わたしは、風邪をひいてしまったみたいで、ベットでダウンしてます。

「人間は醜い。 されど人生は美しい」
端的で、優れた洞察力を感じた。

おはようございます。早稲田の連絡網にアクセス願います。

コメントする

ページのトップへ