塚原 珍道中  (一)

塚原 珍道中  (一)

DSC03806.jpg おふくろの三回忌ということで、
前回同様、デイビッド&リエさま宅のある九州・大分・塚原へ向かった。

今回は、福岡からヤスタカくんとあやちゃん夫婦が、
そして神奈川からオイラと親父が参加で計6人なんだ。
 
DSC03808.jpgスーパーマイペースの親父を連れて行くのって、かなり大変なんだよねー。  
ちょっと目を離すと「立ち食いそば屋」に入っちゃうしね。  
 

DSC03904.JPGそれに何かとちょっかい出して来るんだ。
 例えば、いきなり背後からオイラのネックレスを引っ張るのさ、当然苦しいよね、
「何してるんだー!」というと、

「いやいや、男のくせに何ぶら下げているのかちお思って・・」だと・・・DSC03892.JPG  

行きのANAでは親父の体のことを考えてプレミアムシートにしたんだよ。 
そうしたらさ、
DSC03818.jpg
スリッパ・靴べら・靴磨きセットみたいなのが、サービスで配られているのね。 

 もう、親父ときたら、オイラの隣で離陸中も一生懸命DSC03906.jpgに靴を磨いていたのでした。
チーン・・・
  
大分空港につくと、程なくしてデビちゃんが、
迎えにきてくれた。  
例によってスエットね(^ ^)
 
DSC03897.JPGそのまま車で塚原のデビちゃん邸へ・・・  
 あいかわらずの空気の良さだねー。 

  デビちゃんは大学で法哲学を教えてDSC03941.JPGいるんだけれど、
どう見ても本業はの農業にしか思えないんだよな。   

絶対に趣味の範囲を20段階ほど超えているもんな。
DSC03850.JPG 
鶏も70羽以上飼っているし、
来年までに牛10頭とか言っているしなぁ。
  
畑も見せてもらって、いろいろ説明してくれるんだけれど、
DSC03845.JPGんな同じに見えてなんの葉っぱだか、全くわからずでやんしたー。
  
それにしてもここの土地に宿るエネルギーは本気で波動砲レベルだ。
生物の細胞ひとつひとつに寄り添ってくれる
。 
 DSC03822.JPG
自分というものを、ある程度しっかり持っている人でも、
自分に対して肯定的になったり否定的になったりすることって当然あるわDSC03858.JPGけよ。
 
でもこれをある角度から捉えると、そう思えるという事象に過ぎないんだ。
だから、
そのどちらにも振れることなく、その真ん中にいる感覚を持つDSC03923.JPGことが大事でしょう。
「シーソーの真ん中にたつ感覚」 
 
つまり極端に自分の感情を振ることは、
『自然』の摂理ーに反するっていうことなんだ。
 DSC03861.JPG
自然体::::
自己肯定感にせよ
自己否定感にせよ、人であれば、絶えず二つのものを抱えるのは当たり前だもの。
   
どちらにも偏らず、その二つの間の絶妙なバランスの上に居られるかどうか・・・
塚原の風はそんな感度に満ちていたんだ。

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

コメント(15)

おはようございます。 素敵な場所。ニースに負けず劣らず。

「シーソーの真ん中にたつ感覚」 
これこそわたくしが追い求めてきたものです。
 今、それに気が付いた。

去年のオイブロでツカハラの存在はしっていましたが、改めてこころを洗われました。

デイビッド&リエさまが、神々しい。
  この土地を選ぶ人は芯に凄いです。

(一)ということは、(二)(三)と続くのでしょうか? 楽しみが増えました。 こういう生活って、憧れなんです。

デイビットさんて、京都大学法科を首席で卒業した逸材ですよね。
 こういう人って、良い意味で本当に変わっている。
  りえさんもたしか文学博士だったと記憶しています。
 塚原が答えなんですね。

オイラのお父さん、めちゃくちゃおもしろい。ウケル。最高。
 この人物こそ、パワーがあるのでは。

それにしてもここの土地に宿るエネルギーは本気で波動砲レベルだ。
生物の細胞ひとつひとつに寄り添ってくれる


絶対、訪れてみたくなる、オイラの記述。

SY牧場のゆーこです。今、外です。正確には車の助手席、
得意先との打ち合わせに向かっています。
 ちょっと、気が重かったのですが、オイブロで、ちからもらいました。

こういうところは、たまに行くからよい。
とか言っていた親友が、北海道に永住。
  自分も、訪ねてみて、考えが変わった経験あり。

おはようございます。 今日も暑くて、秋だとは思えません。
 ツカハラの雰囲気、最高ですよね。 すべてを忘れさせてくれそう。

VRゾーンへ 僕も行ったことあります。 新宿、
 現実世界がわからなくなる。
  世の中ここまできたかという、思いでした。
  ガンダムが好きなのです。  哲也

あずささん、《恐竜サバイバル》VR
  これって、いちばん面白そうだけれど。
  じぶんは、《恐竜サバイバル》が最もトライしてみたい。

昼休みに入りました。オイブロチェック! 更新確認、!
  ニース日記みたいに 塚原日記も楽しみにる。!

あずささんは、VRゾーンへ、
 オイラは、ツカハラゾーンへ、ですね。

コメントする

ページのトップへ