院長ブログ 2011年7月

憂鬱でなければ仕事、じゃあない

 いきなり何のこと??ッテ思っただろうけど、

この「憂鬱でなければ仕事じゃあない」は昨日読んだ本の題名なんだ。出版界のアウトロー幻冬舎の社長「見城徹」と、アメブロなどを手がけるインターネット会社社長の「藤田晋」の共著。

image-8.jpegのサムネール画像藤田さんの方は何冊か著書も読んで、その哲学的なものもなんとなく掴んでいたんだけど見城(けんじょう)さんは初めてなんで、刺激的だったよ! とても共感することも多かったので、今回この、一冊を紹介しちゃうよ
 
『僕は、朝起きると、必ず手帳を開く。自分が今、抱えている仕事を確認するためだ。そして、憂鬱なことが3つ以上ないと、かえって不安になる。ふつう人は,憂鬱なこと、つまり辛いことや苦しいことは避ける。だからこそ、あえてそちらに向かえば結果はついてくるのだ。楽な仕事など、たいして成果は得られない。憂鬱こそが、黄金を生む。』(見城徹)
P1040819.JPGimage-3.jpegのサムネール画像
  
image-2.jpegのサムネール画像のサムネール画像
見城さんは、学生時代、試験問題を一番難しい問題から解いていったとのこと。過半数以上の人が出来る点取り問題を解くのが嫌だったんだってさ。
当然、難しい問題にばかり時間を費やし、簡単な問題は手つかずで,時間切れになることだってあるわけだよね。でも、表面的な点数は、見城さんにとって、どうでもいいことで、人が出来ないことをすることに価値を見出していたんだ。
ガーンときたね!このこと。
M101h.jpg
 学校の先生は、「出来る問題から解く、ラストにあるような難しい問題は、みんな出来ないのだから差はつかない。最初から捨ててかかっても良い。」と教える。実際オイラもその通りにしてきたよ。でも、確かに最初の因数分解や英語の発音記号の問題は手つかずでも、ラストの数学の証明問題や、長文英作文と格闘した形跡を残した学生の方が、断然魅力的だし、付き合いたい人物だよ。そもそも、かなり勇気がいるよ。 すごいな・・ホントなんだか悔しいくらいいいな・・
 
見城1.JPGのサムネール画像
見城さんにとっての人生の最重要キーワードは『極端』であることだと言う。
 「極端」であれば、振り切れている。突き抜けたオリジナリティを獲得している。だからこそ、明快で新しいんだ。「極端」なものは
既成概念から自由で,インパクトがあり、人を惹き付ける。
  じゃあ、どうすれば「極端」なものを生み出せるんだろうか?
 この問いに対してッ見城さんは、「中間を憎み、極北を目指して圧倒的努力をするしかない。」と言いきっている。
            それでは,圧倒的な努力って??
  
image-5.jpeg
見城氏が言うところの、圧倒的努力とは、・・・
「圧倒的努力とは、とても単純である。人が寝ている時に寝ないってこと。人が休んでいるときに休まないってこと。そしてどこから手を付けていいか、わからない膨大なものに、あえて手を付け、最後までやり通すことだ」(見城徹)
  
image-1.jpeg
かなり、とんがった人だよね・・腹決めてるんだ・・って伝わってくるよ。
 ちなみに見城さんは,恋愛も苦しく極端なものを、好む。すぐにうまくいく恋愛なんてモチベーションがあがらないんだって!
 気の抜けたサイダーのような恋なんてしたくないってさ! なんか・・らしいな・・(^^)/
 
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

追悼 小松左京

 image-4.jpeg小松左京さんが80歳で永眠した。

『日本沈没』は小学生のオイラに衝撃的な影響を与えた小説だったよ・・小説だけでは、よく理解できなくて、ラジオで聞いてた記憶があるよ。
自分で作ったプラモデルのラジオだったから印象深いんだ。 
あのときからSFというか、宇宙に興味を持つようになったんだ。
当時、SF御三家と呼ばれる人たちが居て、小松左京、筒井康隆、星新一がその3人。3人とも天才的なアイデアを、破裂させんばかりに持っていて、ホント面白いんだよ。 
 推理小説が一番だったオイラも、この3人の小説には脱帽したもの・・
3人の中では筒井康隆がお茶目で、オイラの好みだったけど、本格派と言ったら、
やっぱり小松左京しか居ないよ。 
 「ペンは剣より強し」ということを思い知らされた作家だった。
 
SFって言うと、作者が勝手に想像して宇宙人でも登場させている小説だと思っている人が多いんだけど、甘いんだな・・ ある意味、未来予想であり、人類に対する警鐘でもあるんだよね・・小松左京氏の場合は特に、そういったメッセージ性が強かった。
 
image-7.jpeg
今回の大震災→福島原発→放射能汚染など、小松左京氏には,わかりきったことだった気がするよ。 自然を、なめていると、必ずしっぺ返しが来るって、いつも、言ってた!!!
2006年にリメイクされた映画「日本沈没」も、観たよ。 記憶に残っている場面があるんだ。 それは、日本沈没が確実になって、政府が、友好国中心に、日本人を出来るだけ多く受け入れてくれるよう、東奔西走している時のこと。
「どこの国に行きたいか、どうしたいか?」という、アンケートを日本人の有識者中心に行った結果、ある意見が圧倒的だったんだ。 
これには、オイラも、なる程って思ったし、オイラも、その意見を支持したよ。 
  
image-6.jpeg
それは『何もしないと言うこと』
 単一民族の、日本人がバラバラになっても,幸せにはなれない・・家族が、友人がバラバラになっても幸せでは、ない。
あわてても仕方がない、日本列島が沈むなら、我々も船の船長として一緒に沈もう・・・と言うもの。
 このある種、武士道にも通じる精神が、とても心に刺さった。この精神があるから、
 今回の大震災からも復興できるとわれわれはみんな信じることが,出来るんだと思う。
 筒井康隆は「日本沈没」をパロッて、「日本以外全部沈没」って言う短編をだしているんだ。 メチャクチャ面白かったョ! 『創造力』こそ人間の証明だね(*^_^*)
 おいらね、小松左京さんが、『京都大学時代ほとんど、授業には出ないで、
中庭で、寝っ転がって、小説ばっかり読んでいた』って,
             エピソードが、とても好きなんだ・・・(^_-)
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

お気に入りの場所

 P1040721.JPG以前、オイラブログで紹介した、ほうとうやさんの、

「へっころ谷」は、ちょくちょく、愛車トロール号で、
シゲミツせんせーと作戦会議と称して、飲みに行ってるよ(^^;)v。
P1040786.JPG
 
 やはりチームワークは、話をよく聞くことからだもんね!(なーんて単に、飲みに行く理由づけかな・・^^) おかげで、すっかり、常連になっちゃってるんだ! 
写真は、一緒に仕事をしているS歯科技工所のNさんを含めてのデンタルミーティングのときのものね!なんせ有機野菜や、自然食・自然酒しか置いてないから、Nさん、大丈夫かな〜って思ったんだけど、「うまいっす!」って、喜んでいたよ。
今、なでしこの佐々木監督がよくTVに出て、そのリーダーシップを絶賛されているけれど、
オイラもホント凄いな〜ッテ思うョ。
P1040723.JPG
P1040772.JPG
歯科クリニックも基本的に女子の職場だから、佐々木監督の偉大さが、オイラもよくわかるよ。
女子と男子は全く違うもの。 
幸いオイラは、
小学校の時の恩師・青木恵美子先生の方針で、6年2組のクラススローガンを「男女仲良く」と掲げて、
よく女子とも遊んでいたんだ。一緒に缶蹴りとか、ドロジュンとかよくやってたよ。
そのおかげで、中学・高校・大学も、女子力には、いつも
P1040779.JPG
感謝することが出来てきた。ひと言で言うと男子の方が単純で楽だよ!これは間違いない。でも女子力の潜在能力はグレイトなんだよな。
オイラの今の仕事だって、女子力が全体の90%を占めていると言っていいもの・・
 佐々木監督は、男子は「上から目線」でもいいが、女子は「横から目線」でないとダメだ。っていってるけど、そのことを、キャスト達に話したら、「せんせーは下から目線ね・」って言われたよ・・まあ、そんなモンだよな〜(T_T)
P1040781.JPG
  
P1040813.JPG
さてと、お気に入りの場所だったね、さっきシゲミツせんせーと、「ごんぱち」に行って来たよ。ここは、「へっころ谷」の店主のケンちゃんの、おとうちゃんとおかあちゃんが、やっているんだ。
古民家を改造した店で、実にへんぴな所にあるんだよな・・慶應大学の湘南キャンパスのずっと奥の方の山の中にあるんだ。
P1040788.JPGP1040793.JPG
 
  
P1040773.JPGP1040776.JPG
ここは「へっころ谷」以上の自然食への
コダワリをみせているんだよ。
先週、ファミリーを連れて言ったんだ。みんな大喜びをしてたよ。 今日は例によってトロール号出来たよ。いやいや、このタイヤの幅径でここまで来るのは、アップダウンも激しかったし結構たいへんだったぜー! 当然、古民家で冷房もないなー、まあ窓が開いてて良い風くるからいいけどね!  
ランチタイムに、いいミーティグが出来たよ。彼は,男子だからハチャメチャ言ってもOKね!そもそも 
P1040800.JPG
しげみつせんせーも、自然食オタクみたいなヤツ(^o^)なんだよな・・心地よい空間の中で
 修行時代に世話になった,松尾先生が,
オイラが、入局したその日に、
「城戸君、女性の目で社会を見ていくことが、大切だ」って言ってたのを、ふと思い出したよ・・

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

おかえりなさい・シャトル

20110721-00000074-jijp-000-0-view.jpg

ついに、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル・アトランティスが米東部時間21日午前5時57分(日本時間同日午後6時57分)、
米フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還したね。言ってみれば、ついさっきだよ、これで、シャ
20110721-00000070-jijp-000-0-view.jpg
トル計画は1981年の初飛行以来、30年の歴史に幕を閉じたんだ。今回の飛行は13日間・・なんだかあっという間の終幕だね・・なんだかオイラとっても淋しいな・・最終任務の今回は、国際宇宙ステーショ
20110721-00000003-natiogeop-000-0-view.jpg

ン(ISS)に機材や物質を届けることだったんだ。

 

これで宇宙ステーションも完成した。

 
スペースシャトルは、月に人類を送ったアポロ計画の後を受け、NASAが地球の周囲を回る軌道に人と貨物を同時に運べる宇宙船として開発した。画期的だったよなー!
 
20110721-00000001-maiph-000-0-view.jpg
アポロ11号なんて、実は月に行ってないなんていう有名な噂がいまでも、全米にはびこっているらしいね・・そういうことを含めて、オイラは,宇宙の話が大好きなんだ! 
ロマンがあるもの・・
              未知なるものへの壮大なロマン・・たまらないね・・現実的な
20110721-00000000-maiph-000-0-view.jpg
問題ばかり追いかけていたら、未来も希望もあったもんじゃあないよ・・・・ 打ち上げ費用が想定より何十倍も、かさんだことなどから、今回で計画に終止符!計135回の打ち上げで、日本人の宇宙飛行士7人を含む計16カ国の355人を宇宙に運んだ。言い換えれば、16ヶ国もの協力、そして日本も355分の7の参加権を得ていたッテ事なんだね。オイラは自分の子供もそうだけど、進路相談を持ちかけられると、必ず、宇宙飛行士・NASA・JAXAなど宇宙関係になってしまうんだ(^^;) 純粋で、打ち込める道って、感じがするでしょう・・宇宙に向かって、果てしなくロマンという、らせん階段が続いているようだもの。  今の、オイラ達の国、日本は、なでしこのおかげで、女子力中心に大盛り
image-6.jpeg

上がりしているよね!うん、良いことだ。でも一方、日本を牽引していくハズの、民主党と経団連が、犬猿の仲だものな・・あんな光景みせられてばかりだで、子供達が、希望を持てるわけ無いよ。

image-5.jpeg

 

それより、フロリダのケネディ宇宙センターに連れて行って、シャトル

image-3.jpeg

の帰還を迎えた方がよっぽど、地球の未来の為にもいいにきまっているんだけどな。 オイラ本気で、そう思うんだ。 種子島宇宙センターでロケット打ち上げを見上げるだけでも、抜群にイイ人生への架け橋になるはずだって思うンだ。



藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

神がかり・なでしこ

 5762692b-s.jpg日本列島、興奮と感動の渦だったね・・・まさに命の列島だった。

オイラも近年にない感動をしたよ。
今回、オイラは、クリニックのキャスト達の
「一緒に応援しましょうー!!」という提案にのっとって、
横浜の スポーツカフェにみんなで行って来たんだ。よくTVで、
みんなで,大きなスクリーンの前で「ニッポン・ニッポン!!」って言いながら一体となってやっているでしょう・・
日本がワールドカップの決勝戦を闘うチャンスは男女ともに,正直、

今世紀は、これを逃せば、もう来ないかもP1040735.jpg知れないって思ってさ・・それで横浜に0時半に待ち合わせして、声が枯れる程に応援して来たよ。 横浜も、真っ暗でさ、節電で、街が静まりかえって居るようだった。P1040725.JPG
 試合内容はもう、オイラが説明するまでもないんだけど、完全にアメリカペースなんだよね。 スピードもパワーも完全に向こうが上だった。今までに一度も勝った事がないって言うのも、よくわかるッテ感じだったもの。
image-2.jpeg
 
image-1.jpeg
臨場感いっぱいの会場で、とにかく凄いって思ったのは、
なでしこたちが、「絶対に気持ちを切らさなかったこと」 延長戦で、ワンバック選手に
ヘディング決められたときは、
P1040751.JPG
オイラも、一緒にいたみんなも、流石に「おわったー」って思っちゃったよ。
 あの時間帯、一点先に取った方が勝ち・・って言うのが、そのときの空気だったもの、それが、
延長後半、残り3分で、澤選手のあの独創的・な同点弾・・!! 
あんな角度からでは、どんなゴールキーパーでもとめらんねー!
さすがに見知らぬ人たちと、抱き合っちゃたあ・・
すごい熱気だった・・ 
気持ちを切らさない・・諦めない・・
P1040752.JPG
粘り強く最後まで行く。 まさに 
「諦めたらそこでゲームセット最後の最後まで、諦めない者に、
                女神は微笑む。
  それにしても、アメリカもたまったもんじゃあ無いって思うよ。少なくても2回は "これで、アメリカの優勝" って思っただろうと思うもの。 本編も延長戦も直前に同点弾を打ち込まれ、どうなっているんだ・・ッテ思ったとおもうんだ。 
 
P1040759.JPG
丁度、ボクシングで、格下だと思ってKOパンチを打ち込んでも、なんどもなんどでも立ち上がってくる「あしたのジョー」のような、
不気味さをも感じたと思うよ。 
PK戦を見ていても、神がかりだとしか思えない。 
 GKの海堀選手が、最初のPKを右足で弾いたでしょう、あれ何?
 あり得ないよな・・もう凄すぎる・・
571bc206-s.jpg
 オイラも,キャスト達も女子サッカーは
完全なにわかファンで、今まで注目したこともなかったんだけど、

澤キャプテンの、「苦しいときは私の背中をみなさい」
P1040760.JPG
と言って、佐々木監督と言う、気持ちのよくわかる,素晴らしい監督と一緒に素晴らしい
「なでしこジャパン」を築きあげた姿勢に心を深く打たれたよ。

 朝,帰るころには、すっかり,横浜の街も明るくなって居た。
P1040767.JPG
オールナイトだったけど、疲れは無いや、 素晴らしいサポーター体験さてもらったよ。  
「粘り強く,諦めず、キッチリ結果を出す」
 日本女子力・・世界最強だな・・・オイラも、爆発的な勇気をもらったよ・・
  ありがとう・・ありがとう・・なでしこジャパン
f9238e39-s.jpg
 
  
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

ダイヤモンド・ムーン

 P1040681.JPGダイヤモンド・ムーンに、久々に行って来ました−! 

「ダイヤモンド・ムーン?ッテ何?」なんて今更、言わないでよ・・・ここは聖地・・永チャンの持ちビルで、ここにレーコーディング・スタディオと永チャンの店があるんだ。 
例によって、無類の永チャン信者の、最高の同志ツカちゃんと、
訪れたんだ。 P1040683.JPG
この店は、まずファンしか入れないと思った方がいいんだ。 隠れ家のように、赤坂の住宅街の一角にある。
カナダ大使館やカンボジア大使館を目指していけP1040703.JPGば、運良く見つけることができるかも・・(^_^)v
  永チャンは、今年で62歳だ・・
尚、進化し続けている。 
何故、オイラ達が、永チャンを、こうも、慕っているかというとね・・
P1040705.JPG
 ひとつに、「絶対にあきらめない・・成功するまでやり続ける姿勢」
 ひとつに、「これで、十分とは、絶対に思わずに,挑戦し続ける姿勢」
 ひとつに、「メッセージが、ハッキリしていてシンプルで心に響くこと」
P1040707.jpg
 ひとつに、「プロフェシォナルとして徹底していること」
こんな風に挙げていくと正直、きりがないくらいなんだ。

大阪府のトップの橋下府知事が、
「トップは,孤独・・判断に迷うときは矢沢さんの、あの2冊を読み返す・・」と言っていた。
永チャン信者にとって、「あの2冊」と言えば、あの2冊さ・・(^o^)
  
P1040697.JPG
今の政府の混乱をみていると、この3つめの「メッセージが、ハッキリしていて、心に響く」というのが、いかに大切なのか身に沁みるよ。 
政府の声明を聞いていても、あやふやな、何か起こっても、自分が責任を取らなくてもいいような、言い方しかしないでしょう!
 「直ちに影響は無いとか、しかるべき時期が来たら・・とか、一定のメドだとか・・」
 もう聞き飽きたね! ドッチなのかハッキリしてよ!!!
 
P1040686.JPG
 橋下府知事は政治家としては、白黒ハッキリ言うけど、あれは、120%永チャンの影響だな・・
そういえば,ツカちゃんも、中途半端なこといやがるな〜
 間違いなく永チャンの影響だ、うん、断言できる(^^;)
  
てっぺんか,どん底か、ケリつけながら生きていくのが永チャン流だもの・・
 退路を断って突き進む。 と言っても、永チャンは何度も何度も「どん底」につきおとされてきた。 そのたびに、あるときは、ものすごく時間がかかったけど、這い上がってきた。 絶対絶命から,這い上がれた経験が、さらなるパワーになっている・・
P1040700.JPG
 この、ダイヤモンド・ムーンではそんな永チャンの歴史が、すべて詰まっている。
 常に大スクリーンに、永チャンのライブやメッセージを流しているから、おちおちトイレにも行けないよ(^_-)
 2階ににグッズショップがあって、『E・YAZAWA』のロゴ入りグッズで溢れているんだ。
 で、今回の目玉は サングラス・・15000円 
  オイラが、すぐに飛びつくと、ツカちゃんは「オレはグラサンする習慣ないからいいや・・」と見送り!
P1040711.JPG
  それでも、買ったあとも、
「こりゃーいいや、フレームにE・YAZAWAのロゴがはいっているし、内側には永チャンの誕生日 1949・9・14も刻まれている。」なんて飲みながらツカちゃんを煽ったら、3秒後にはツカちゃんも買いに言ってたよ。
 そして ツカちゃんから
「買ってよかった。少しでも、永チャンに近づきたいんだ。
  へこたれない自分になりたいんだ・・」と言うメッセージを聞いた!
 
P1040688.JPG
 闘っているヤツにしか言えない言葉だと感じた・・・
     さすがは、ツカちゃんだ、オイラも,胸が熱くなったよ・・・・
  今回の、ミーティングでも、62歳のボスが、さらなる高みを目指して、闘い苦悩しているのに、オイラ達、ぺーぺーが、これで 十分だなんて、笑い話にもなんねー
  って感じで、エネルギー全開で、ぶつけ合ったよ!
         よし、また乾杯だ!
   
  
  
  

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

いってらっしゃい シャトル

 
20110709-00000040-yom-000-4-view.jpg
日本時間9日午前0時半、スペースシャトル最終飛行の使命を帯びた「アトランティス号」がフロリダのケネディー宇宙センターから
飛び立った・・・まずは無事に打ち上げられてホッとしたよ。
 30年間で135回のフライトだって言うんだから,その偉業は言葉では言い尽くせないよ。 
カーナビやGPS、天気予報なんかも、宇宙開発事業の成果のあらわれだものね。  
オイラが思うには、ロケットと、シャトルの一番の違いは、再利用できるかどうかよりも、あのカッコヨサにあると思うよ。 
「シャトルに乗りたい・・」から始まって,宇宙飛行士を目指す子供達がどれだけにのぼるのか、想像しただけでもはかり知れないよ。
421753_t80.jpg
 
 あの、飛行機と宇宙船のあいのこみたいな、洗練されたフォームがなんとも言えないんだ。(^^)/ 
  今回、結局は経費がかかり過ぎるというのが,
image-3.jpeg
シャトル計画に終止符を打った一番の理由みたいだけど、宇宙開発には、この経費の問題って、必ずついて回るんだよな・・
  「宇宙開発に回す税金があるなら、社会保障費に回せ」って言うのが、毎度ながらの、キマリ文句だよ。
image.jpeg
 科学分野の研究は、いわゆるムダのように思えることが,殆どでその中から、人類史上まれにみる大発見・大発明があるんだね・・シャトルには地球人の夢がいっぱい詰まってたな〜
image-1.jpeg
  宇宙ファンタジーが嫌いな人ってイナイでしょう?  シャトルは終わるけれど、
シャトルとは形を変えたプロジェクトで今後も宇宙計画は,つづいていく・・って、NASAが声明を出しているので、ちょっと安心したよ。
 オイラなんて『宇宙』って言葉を聞くだけで、なんだかドキドキしてくるもの。
オイラがスキューバーダイビングを始めたきっかけも、魚がみたい・・っていうよりも、無重力感を体験して浮遊感覚が欲しかったためなんだ。
image-4.jpeg
  今でも,宇宙には強く惹かれるよ。
image-7.jpeg
宇宙への興味が、失せることは、ありそうにないんだ・・(^o^)

 ところで、
今日、イラストレーターのSさんから、凄くトビキリノ物をもらったんだ。
           皇太子イラストレーター賞?とかでの
                優勝作品と言う事らしいんだ。
 このちょっとフザケタ感じが、
               たまらなくいいんだよな〜
  色使いもいいな〜 やっぱりプロフェシオナルだけあって、それこそ宇宙を感じてしまうな。 
P1040742.JPG
    見ているだけでなんだか楽しくなってしまう お魚さんのイラストだね!
   凄い存在感なんだ! クリニックに掲げておくから,みんなもみて見て(^_^)v
      宇宙にはきっと、こんなトビキリノお魚さんって居るよね!!
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

俺たちの旅

 image-7.jpeg先日、オイラが見続けたTVは「刑事コロンボ」だけだと(映画なら寅さんシリーズもね)綴ったけど、もうひとつあったよ。 

中学の頃、必ず見ていた。それが中村雅俊主演の「俺たちの旅」・・image-1.jpeg

3.11の大震災以降、特に政治政局には、もう開いた口がふさがらないよ!
 結局、みんな私利私欲・権力闘争ばっかり!もう、残念を通り越して唖然だよ! 
  民主も自民も,いい加減にせーよ!! 
 オイラ、盛岡生まれだから・・特に心が痛むんだ・・
それで、オイラつくづく考えちゃったよ! 
いつからみんなこんなに計算計算で、行動するように、なっちゃたんだろうって・・むろんオイラだってそうなのかも知れない・・でも、これって、なにかが違うよね・絶対に,すっきりしない。
          子供は大人のマネをするんだ・・ なにか、忘れてるよ・・
image-4.jpeg
そんなとき不思議と「俺たちの旅」のことが思い出したんだ。
 読者の中でも知っている人も少ないだろうから、チョット紹介するとね、本当に青春のバイブルのような作品だった。

『現代社会の中で懸命に生きていく純粋な若者経ちの姿を描いた青春ドラマなんだ。舞台は東京・吉祥寺。就職を間近に控えた大学生・カースケ(中村雅俊)、親友のオメダ(田中健)、彼らの先輩っであるグズ六(秋野大作)に恋人・洋子(金沢碧)そして岡田奈々等のメンバーを交えた青春ドラマ。
image-5.jpeg
70年代当時爆発的に支持を得て、半年間の放映予定が一年間に延長され、何度も何度も再放送されたんだ。オイラが見たのも再放送だったと思うよ。
 下駄にジーンズのカースケ達の体当たりの生き方に、真剣に憧れてたよ。
  
image.jpeg
弾けもしないギターで中村雅俊の「ふれあい」を練習したりしてたもんなー(^^;)♪
 ドラマの最後に、ズッキとくるようなフレーズが白い文字で出てくるのも凄く良かったな〜・・・・
 
image-9.jpeg
ある著名な作家が、『今のTVドラマがあまりにウワベダケで、つまらなく感じてしまうのは、
70年代に「俺たちの旅」のような素晴らしい作品に首ったけになってたせいだ。』って新聞のコラムに書いていてオイラも同感だって思ったモンだよ。
  今の時代、大切にされなくなっているけど、とっても大切なものが、ここにはあるって、おもってさ、CDを取り寄せて今、聴いてているんだよ。♪♪♪
  曲を聴いているだけで,胸が締め付けられる。
20101209165410.jpg
  
「自分に正直に生きる」っていいよね・・
 ドラマの挿入歌に岡田奈々の「青春の坂道」というのがあってその一節が、すごく好きだった。
9d1eba33.JPG
  取り寄せたCDにも当たり前のように入っていてヤケにうれしいな・・・(^^)/





  「青春は長い坂 登るようです
image-2.jpeg
     誰でも息を切らしひとり立ち止まる
  そんなとき 君の手の優しさに包まれて
   気持ちよく泣けたなら幸せでしょうね♪」
   
   「青春は長い坂 登るようです
     誰にもたどりつける先はわからない
       そんなとき ほら君が・・・・♪」

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

えねるぎー

 P1040617.jpg今日は、週末は、いつも手厚く指導をしてもらっている、

K大のゼミの関係で、仲間と共に
東工大に、乗り込んで行ったよ。
P1040619.JPG
 先日の上智大での、オイラの
アイデアが、不思議?と評価され
,今度は
東工大ってわけね・・ 
またまた冷や汗ものだったよ。
  今回も次世代に繋がるエネルギーについて・・・
 日本は資源が無いために、原発へと向かったんだよね。 
その為に、大きな恩恵と、大きなリスクを同時に与えられたんだ。 産業構造から言っても、いきなり原発をゼロにすることは、現実
P1040621.JPG
的ではないし、そうすべきでは無いと思う。でもね今後、
世界が脱原発に舵をを切っていくことは間違いない。
P1040620.JPG
中長期的には、原発はフェードアウトしていくのは確実だ。 前回の上智大と、今回の東工大を尋ねて、つくづく感じたのは、ことエネルギーと言うと、「国が原発の研究者にしか研究費を出さない」ということなんだよな。
Burning_hydrate_inlay_US_Office_Naval_Research.jpg
 エネルギーの研究者にとって、原発というのは、 「超花形」であって、原発以外のエネルギーの研究者は、研究室に助成金もこないし、
学生も集まらない、目立たない地味な存在であったと言う事なんだ。 
   今回は メタンハイドレートという、えねるぎーの事を
ディベイトしたけど、研究者達も、今までかなり肩身の狭い思いをしていたという。
mh02_02s.jpgimage-1.jpeg
 今回、急に脚光を浴びることになり、協力してくれる賛同企業も出てきて、「夢のようだ」としみじみ言ってたよ。 
「そんなもの研究してどうするんだ・・」という周りの超えに惑わされず、信じて貫いてきた研究者の人たちには頭が下がるばかりだったよ。
 メタンハイドレートって言うのはね、「燃える氷」なんだよ。氷の様なメタンハイドレートに 火を近づけると燃えるんだよね。 
メタンガスが封じ込まれているから、燃えるのは当たり前と言えば当たり前なんだけど、なんと言っても環境に優しい。
 そしてなんと言っても注目すべきは、嬉しいことに、このメタンハイドレートが日本近郊の海底に驚くべき程、大量に眠っているってことなんだ。
  輸出出来るほどあるって言うんだよ。 『日本が資源大国!!!!』
こんな 夢か冗談みたいなことが、現実にある。 このメタンハイドレートの分布図を見ても、いかに日本が資源に恵まれた国であるのかわかるよね!
mh02_8833s.jpg
 
image.jpeg
 海底からこのメタンハイドレートを取り出すのが、課題らしんだけど、今までは、国家が気合いを入れて取り組んでいないから、
出来てないのであって、
「真剣にやれば、決して高くないハードルです。」って研究者の先生達の目がキラキラトキメイテイタヨ。
チームのトップは東大の先生で、MH21というチームだそうだ。
  えねるぎーに関しては、「太陽光・地熱・風力・微生物など」あらゆる方面からも、スピーディーに国家的にやっていくのだろうけど、
 
P1040625.jpg
「日本の海底資源・メタンハイドレート」は、この中でも、群を抜いて魅力的だと思う。
220px-Methane_hydrate_around_Japan_Ilands.PNG
  原発の研究者達に「メタンハイドレートは取り出すのにコストがかかりすぎる」と言う事で、敬遠されてきたけど、あの事故以来、
コストのことを言うのはナンセンスだよね。
  日本が資源国家になる可能性があるというだけで、ワクワクした気持ちになれる。
 ここは、オイラも同じ方向を向いていくよ!
                        (^^;)
  
 

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ