院長ブログ 2008年10月

リスボンー2 水平線

P1010015.JPG

こ れ なんだかわかる? これはヨーロッパ最西端 ロカ岬から見た水平線なんだ・・  この先にアメリカ大陸があって コロンブスが 辿り着いたんだね。   DR.Maloのところに居る間 一日だけ ポルトガル探索に出れたので 行ってみたんだ。  いやー 雄大だよね。  自分が如何にチッポケな存在あるか・って 思い知らされるし 「くだらない事で ナヤンデンナよ!」って 海が 笑ってる気がしちゃってさ・

オイラは つい 自分で自分の頭をコツンと叩いちゃったよ^^。   P1010009.JPG因 みに これがそこの記念碑でさ、 ここに到達したって言う ポルトガル政府発効の証明書まで もらっちゃたよ。  DR.Maloの影響を強く受けていた のもあって 「ここまで来ておいて ただのデンティストで終わったら 神様に申し訳ない。オマケの人生 加速するぞー!」って 水平線に 誓ったさ。

  異国に居るとさらに テンションが上がるのは 毎度の事なんだけど、今回はほんと格別だ。

  ほんと着てよかった。  ヘレン・ケラーが 『 人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶしかない。』って 言っている。   コロ ンブスが 旅立ったのと、同じ地に足を運んで なんだか その言葉が ずっしり来たよ。   人生は一度きりだもんね。    それに 以前から感じてる いるんだけど、 オイラの来世は 人間であるわけないんだよな。。 たぶん「ミミズ」ね ・・  理由は ガキの頃 すさまじい勢いで ミミズに おしっ こひっかけてたから・・あーあ なんてことしちまったんだーxxx   野球少年がイチロー選手に憧れるように オイラもすっかりDR.Maloに魅了さ れちゃったよ。  よーーし 近づくぞー !!  P1010001.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

リスボン

衝撃, まさに 衝撃が走った。   実は、オイラは海外留学には慣れっこで、今回の Dr.Malo のところに 行くのにも "ほんじゃー 行ってくるか、 ちゃんと 教えよー^^ "なんて ソフトな乗りだったんだけど、 ぶっ飛んだよ・・・ 未だかつて無い 衝撃が オイラを襲ったよ。       Dr.Maloのクリニックは "クリニカ・マロ"と言ってポルトガルはリスボンの真ん中に あって 14階建てのビルで全世界から患者さんがやって 来るんだよな。  P1000780.JPG         Dr.Maloは 現在 世界最高峰のインプラント技術である All-on-4の 発案者で 世界最大のインプラントセンターを所有しているんだ。        一ヶ月の来院患者数が 7000人とかいってたから さらにビックリしたよ。  このAll-on-4の技術は 歯科医学界では 有名なんだけど、どうい うものかというと、 "一日で 治る"というところ。  「あなたが 上も下も 総入れ歯の状態だとしても その日のうちに 綺麗な固定性の歯を手に入れ ることが出来るんだ」                Dr.Malo の 飛びぬけているところは とにかく早い・・それに どんな 患者であろうと その日のうちに治してしまうところだよ。  オイラもそうだけど 日本で もこのテクニックを使う人は それなりにいるけど、やはり 症例を選んでるものな・・  また そういうものだと思ってたよ。  まさか あらゆる症例に  適応できるとは・・  もう 唖然くらっちゃったよ。。   初診で,来て 次にオペして治っちゃうんだもの・・ 魔法みたいな 事実なんだよな。          クリニカ・マロの隣が マリオットホテルで ここに ニューヨークなど世界から来た患者さんなどが 泊まっていくらしい。  因みにオイラも ここに  泊まったよ。(Dr.Maloの紹介というと格安で泊まれるんだ)           

 受付の電話も 6カ国語対応でそれぞれ専門オペレーターが居て 全世界からアポイントを受けてたよ。 おいらは すっかり 豆鉄砲クラッタ鳩みたいな顔になっちゃたよ。 P1000807.JPG      ここが メインレセプションで 後ろの方に 各国語対応オペレーターが居るの・・わかるかな?!   とにかく 世界一といわれる ドクターに弟子入りで き事は ありがたすぎて カラダが震えるよ。  この リスボン体験は とても イッキには伝えきれないので 来週も引き続き お伝えするさ^^。                                                                                    そ れにしても Dr.Malo はまだ 48歳だって いうんだよな、 もとプロバスケットボール選手で クリスチャン・ディオールのモデルだったんだって、 神様も 不公平な事してく れるよね^^@ P1000888.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ

 

UCLA

         今日は チャンスがあって UCLA歯学部インプラント科のPeter ・K・MOY教授率いる UCLAインプラント・アソシエーションの セミナーに参加していたんだ。    インプラントの 世界勢力図は アメリカと ヨーロッパに二分されていて アメリカ内でも、また東海岸と西海岸にまた 二分されてるんだ。  東海岸のリーダーが ハーバード大で 西海岸のリーダー が UCLA大 なんだよな。     因みに オイラは先週予告しいたとおり 8日から 一週間 ポルトガルのリスボンにヨーロッパのリーダー DR.Malo に弟子入りしてくるので ブログは、お休みしマース^^!堪忍やで^   あ?あ いつまでたっても 丁稚奉公生活から抜けだせんなー^^。 終わりの無い旅だ??    さてと  ハーバード大がわりと保守的伝統的なメソッドを、好むのに対して UCLAの方は 結構 戦略的に攻める治療を行っている。  最近は インプラント治療 においても、正確さと安全性以外にも 治療期間のスピーディさ無痛さや、美容的状態をも、要求される為UCLAのやり方にアンテナを、張っていたのでとっ ても、今日はとっても幸運ね、 相変わらず オイラは ツイテルねと、自画自賛・・ 自分で自分の頭を撫でちゃったよ・・・ いまどき 他に誰も 撫でて くれる人も居ねーしなm(^^)m ・・・ トホホ びゅーと隙間風吹くぜ??              
   セミナーで指導して貰ったのがUCLAアソシエーションの日本のトップ菅井敏郎先生だ。この人がまた凄いんだよな。  何質問しても瞬時に答えてくれる し、 日々生まれる臨床上の疑問が スッキリ解決したよ。  これって結構すごいことなんだ。日本の大学教授に質問しても "経験無し"で 終わりだか ら・・もう 質問するのやめたよ・・         菅井先生も日本はいいとこ  10年遅れ・・とかいってたけど もっと遅い気がするよな。  菅井 先生はUCLAでインプラント治療を叩き込んで インプラントにそれこそ 生命をかけているので オイラも一つ一つを 魂の言葉として 心に刻んできた。  やはり リスペクトする人の声が一番だ。    明日からさらに 引き締まって オペに望めるそうだ。     今"奇跡のリンゴ"って本を読んでいる んだよね。R. 
 一生を『絶対不可能と言われた美味過ぎるリンゴ創り』に賭けた    リンゴ農家の木村秋則さんの ドキュメントなんだけど  そういう人こそ オイラは大好きなんだ。     その木村さんの笑顔と 菅井先生の笑顔が また、そっくりなんだ。ビックリしちゃうよ。        実は  オイラも そんな笑顔を発信する人間になりてーんだ!!ほんじゃあ また 2週間後にあいませう^^・・ 05154053.JPG

藤沢市 インプラント 湘南藤沢のインプラントセンター

ページのトップへ